更年期におけるコーヒーの摂取は体に良いのか、悪いのか」実は議論には2つの説が存在し、コーヒーを摂取して更年期障害の症状に改善効果があった人もいれば、コーヒーを止めたことで症状が改善された人もいるのです。
コーヒーは胃に負担があるイメージが強い人もいるかもしれませんが、コーヒーはダイエットに良いという話もありますよね。
更年期になると女性ホルモンの減少と共にホルモンバランスが崩れることでコレステロールが高くなってしまう傾向にあります。そんなときにはコーヒーはいい作用をもたらしてくれるといえるでしょう。
反対に、更年期障害にコーヒーの摂取を控えたら症状が改善されたという人もいます。コーヒーを飲むことでうつや不安、ストレスが緩和され気持ちの浮き沈みが安定したという人もいるのです。
この記事では更年期障害に悩んでいるとき。コーヒーの摂取はした方がよいのかそうでないのか詳しく確認していきましょう。

更年期障害とコーヒーの愛称について

コーヒー

コーヒーはエストロゲンが上昇する!?

コーヒーが女性にもたらしてくれる効果について、ストレス解消や精神安定に効果があったという人の例を紹介しましたが、他にも女性ホルモンのエストロゲンを増加させる作用があることも判明しています。
ただし、これらは一見いい影響に思えますが、実はその効果は正反対であまりいい効果が発揮できているとはいえません
まず、更年期障害は女性ホルモンが減少することで起きるのですが、女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が存在します。エストロゲンは卵胞期と呼ばれる卵胞の成長を促すための生理開始後約14日間に分泌され、排卵が起こるとプロゲステロンという黄体期に分泌されるホルモンが約14日間分泌されることで生理周期や体のさまざまなバランスを取っています。
この2つのホルモンはどちらかが多すぎたり、少なすぎたりするとバランスを崩してしまうので意味がなくなってしまうのです。このことから結果としては、コーヒーの持つエストロゲンを増加させる効果は更年期障害に効果があるとはいえないのです。

コーヒーはストレス解消や精神安定になるって本当?

顎に手を当てるフクロウ

コーヒーに含まれるカフェインは一時的にストレス解消や精神を安定させる作用があることは確かです。
ただし、それは一時的な症状でカフェイン自体には興奮作用と覚醒作用があることから、交感神経が刺激され、自律神経のバランスが崩れることで、疲れやすくなったり、血行不良や不眠、ホットフラッシュになったりといった更年期障害の症状が悪化してしまう可能性があるのです。
さらにはこのような不眠や、体への負担が継続してしまうとホルモンのバランスはさらに悪化し悪循環に陥る可能性も大いにあり得ます。
もし、ストレス解消や精神安定など自律神経のバランスを整えることで更年期障害を改善させていきたいとすれば、コーヒーでなくてももっとリラックスできるノンカフェインの飲み物を選ぶ方がいいということです。

まとめ

日頃からコーヒーを愛飲している人にとっては、なかなか受け入れにくい問題かもしれませんがコーヒーを長年にわたり飲み続けていて、あるときふと止めた途端、体調がよくなったという人は多いです。
眠気覚ましに飲んでいるコーヒーが実は疲れを溜めていて眠気を引き起こしているなんて考えてもみないですよね。もちろん、コーヒーを飲むことでダイエット効果などいい面もあるかもしれません。
ただし、更年期障害の時期に限っては、それはコーヒーに頼らなくても違う飲み物や対処法でカバーできるものだと思いませんか?
更年期のホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れやすい時期はなるべくコーヒーは控えて体を神経から休ませてあげてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参