40代になって、それまで比較的順調だった生理の周期が微妙に狂ってきた。寒くないのに手足の冷えがひどくなった。急に火照って、たくさん汗をかいたなどの症状に悩まされていませんか?
あなたのその不快な症状、更年期障害かもしれません。
一般に40~50代の約10年を更年期と呼びます。この時期、男女を問わず、体に様々な変化が訪れます。
特に女性は、女性ホルモンの分泌が減少する影響で男性よりも体の変化が大きく、一部は不快な症状となって現れます。この不快な症状を総称して更年期障害と呼びます。その症状には個人差があって、まったく症状を感じない人もいれば、寝込んでしまうほど症状が重くて、日常生活に支障をきたすこともあります。
ここでは、そんな更年期障害の治療について多角的に考えていきたいと思います。

更年期の不快な症状、そのままにしておくの?それともなんとかする?

青ざめている白熊

最初にも述べましたが、40~50代のおよそ10年を更年期と呼びますが、この期間は体が劇的に変化します。特に女性は、変化が不快な症状を伴って現れることがあります。その感じ方は千差万別、軽い人もいれば、生活に支障をきたすほど重い人もいます。
更年期障害の一般的な症状には次のようなものがあります。
◎更年期障害の症状

・生理不順 ・不眠 ・のぼせ、火照り ・発汗 ・頭痛 ・めまい ・関節痛
・手足の冷え ・動悸 ・息切れ ・イライラ ・不安 ・鬱 ・意欲低下

更年期障害は加齢に伴う卵巣の機能低下により女性ホルモンの分泌が減少することが原因で、自律神経のバランスが崩れることで起こる症状が多いので、症状を緩和するためには、この乱れた自律神経のバランスを整えてやることが必要になります。
しかし、更年期障害の症状は一生続くものではなく、更年期を過ぎてしまうと自然に緩和されるものです。ですから、症状を緩和するための治療を受けることを迷われる人が多いのが現状です。
特に症状が軽ければなおさら治療せずに終わりたいと思うのは当然ですね。
また、どうしても治療というと専門の医療機関を受診しなければならないというイメージがありますから、余計に迷われる人が多いのかもしれません。

更年期障害の治療は病院でするのが良いの?

疑問を感じるウサギ

さて、色々悩まれた結果、やっぱり症状を緩和したいから更年期障害の治療をすると決めたら、次はどこで治療を受けるから決めなければなりません。
女性特有の症状の緩和なので、婦人科に真っ先にいくべきだと誰もが思われますよね。
でも、果たして選択肢はそれだけなのでしょうか?他にも選択肢はないのかって思いませんか?
特に、さほど症状が重くないし、そもそも普段忙しくて、病院に定期的に通う時間がないという人もいらっしゃると思います。
また、症状が重いので病院で治療を受けるべきだけど、処方される薬の副作用が心配だし、費用の面も気になるという人もいらっしゃるはず。
できれば、自宅でセルフケアをしながら、様子をみて、医療機関を受診したいと思われている人が一番多いかもしれません。

更年期障害の治療 – 何科を受診すればいいの?

ネコのお医者さん

更年期障害の治療をするために医療機関を受診しようと決めたら、まずどの科を受診すればいいのでしょうか?
女性の疾患だったら産婦人科か婦人科がまず、最初に思い浮かびますよね。
でも、別に子供を産む訳ではないから、産婦人科にいくのはちょっと抵抗がありますよね。
そうなると前述した更年期障害による症状の内容から内科を受診すべきなのかなと思われがちですが、やはり、女性特有の症状ですし、専門知識を持った人に対応してもらう方がスムーズに進むので、おすすめなのは、婦人科か更年期専門外来です。
近年、更年期専門外来は増えてきていますので、ご自分の通いやすい場所に更年期専門外来がないか調べてみて下さい。

更年期障害の治療方法ってどんなものがあるのか調べてみる

ウサギの看護師

最初にも述べましたが、更年期障害の感じ方は人それぞれ千差万別です。軽い人もいれば、寝込んでしまうほど重い人もいます。
日常生活に全く支障がなく、治療割ける時間もないという方であれば、もちろんセルフケアで様子をみるという選択肢もあります。セルフケアにも色々な方法がありますから、ご自分にあったものを取り入れてみることをおすすめします。
しかし、日常生活に著しく支障をきたしてしまうならば、セルフケアでの改善が難しい場合もありますから、そのような場合は専門の医療機関を受診することをおすすめします。
軽度の方のためのセルフケアから病院で受けられる治療まで、更年期障害の治療方法には以下のようなものがあります。
  • 医療用の医薬品を用いる
  • ホルモン注射
  • 低用量ピル
  • プラセンタ
  • 漢方の高麗人参を用いる
  • 食事

あなたにあった治療方法は何か費用、期間、副作用などを徹底比較

前述のとおり、色々な治療方法がありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
ここでは治療方法について多角的に比較してみましょう。

医療用の医薬品を用いる

薬

更年期障害の症状に合わせて様々な医薬品を用います。頭痛であれば、痛み止め、眠れないのであれば、睡眠導入剤といった、あくまでも症状を緩和するために医薬品を投与するという対処療法ですから、根本的な治療ではありませんから、症状は再発します。
また、医療用の医薬品ですので医療機関に通院して処方箋を出してもらわなければなりません。また、症状が続く限り投薬が必要になりますので費用もそれなりにかかります

ホルモン注射

注射器を持つパンダ

更年期障害は女性ホルモンの分泌が減少することにより発症しますので、その女性ホルモンを注射により体内に補充することで症状の緩和を目指す治療方法です。
医薬品を服用するよりは根本治療に近いですが、こちらも医療機関を受診しないとなりませんし、費用もかかります。
また、乳がんの罹患率が高まるなどのリスクがあります。

プラセンタ補充

注射器

胎盤にふくまれる成分であるプラセンタを直接体内に取り込むことで症状の緩和を目指します。注射の場合はヒトプラセンタ、サプリメントの場合は馬などの胎盤が利用されます。
ただし、プラセンタを補充した人はそれ以降、感染症防止のために献血は行えません

低容量ピル

錠剤

ピルとは避妊薬のことですが、更年期障害やそれ以外の月経症候群など女性特有の疾患に効果があるとされています。
服用するためには専門の医療機関を受診し処方箋を書いてもらう必要がありますし、保険の適用外になってしまいますので、他の治療法と比べてもコストがかかります。また、決められた期間服用しなければならないという時間的拘束もありますので、生活時間が不規則な方などには負担になることがあります。

高麗人参

高麗人参

漢方薬として広く知られている高麗人参は女性ホルモンのバランスが乱れることによって起こる様々な症状を緩和する助けになることが様々な研究により解っています。
でもめぐり改善へのサポート力は最も知られているところです。めぐりを改善することが体質を改善する助けにもなり、更年期以降の健康的な生活を助けることにもつながります。

食事療法

ニンジンを食べているウサギ

他の方法に比べて、即効性の点では劣りますが、健康的な食生活は更年期以降の生活を改善していく上では非常に重要です。他の治療法と併せて取り入れていくことで効果を発揮することができます。

あなたにあった治療方法は何?

色々な治療法をご紹介しましたが、それぞれ一長一短があって、どれを選べばよいか却って悩みを深くされてしまった方もいるかもしれませんね。
どのような治療方法を選べばいいか選び方について少しだけアドバイスをします。
黒板を指さすネコ
一番は、今のあなたの症状にあった治療法を選ぶことですが、今、辛い症状を緩和するだけで良いのであれば、対処療法を目的としたものを選べば良いでしょう。
いや、根本的に体質から改善して症状を緩和したいというのであれば、食事療法や高麗人参などの長い目で体質改善を促すものを取り入れていくことです。
治療が長くなってくるとコストも気になるところです。
即効性が高いものは、概してコストも割高になることが多いものです。ただし、コストが高かったとしても、その効果が持続するものであれば、長い目で見た場合にコストパフォーマンスに優れているということもできます。
コストと同様に気になるのが治療期間ですが、対処療法的な治療方法の場合、即効性があって症状がすぐ改善するものが多いのですが、その効果が続かず、再発して再び治療を受けることが多くなりがちです。そのような場合、その場での治療時間は短くても、全体では相当な時間を割かなければならないこともあります。
そして、一番気になるは治療による副作用の有無ですよね。
効果が高いものには、様々な副作用がある場合があります。例えば、ホルモン注射の場合は、乳がん罹患する確率が高まります。また、医薬品は、様々な不調が現れることもあります。
自分の体の状態にも合っていて、コストパフォーマンスにも優れていて、副作用も少ない。
そんなものの中に高麗人参もあります。
もともと自然由来の植物ある高麗人参は体への負担が少ないと言われています。また、ドラックストアなど処方箋がなくても購入することができるものも多数存在しています。体質改善をすることで更年期障害が現れにくい体を手に入れるためにも高麗人参はおすすめです。

まとめ

更年期障害は人によって感じ方も症状の現れ方も様々ですから、一概に医療機関を受診すればいいとは言い切れません。
専門の医療機関を受診しなくてもセルフケアで改善することもあるからです。
その治療法もたくさんあり、それらには、副作用や時間や費用などでメリット、デメリットもあります。
自分にあった治療法をしっかり選ぶことが大切ですが、日常生活が忙しくて中々ケアに割ける時間もないし、副作用も怖い。
そんな方には、体質改善をすることで症状の緩和を目指す、副作用の少ない高麗人参を取り入れてみるは如何でしょうか?
ネット通販やドラックストアなどで気軽に手に入れることもできますし、服用に時間もかかりません。
健康的な体を手に入れて更年期を有意義に過ごしましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参