もしかしてこれって更年期障害?」となんとなく感じていても、なかなか病院へ行くには早い気もするし、億劫だと感じている人へ。

女性の更年期とはその時期は人によって時期が違います。女性は平均50歳前後に閉経を迎えますが、更年期障害はその前後の期間で体内環境が変化することによって起きる症状です。

症状としては頭痛やめまいが頻繁に起きたり、ほてりやのぼせたりする体調不良の他にもうつやイライラなどのストレスを感じやすくなったりと、感情面のコントロールにも支障が起き始めます。

それらの症状は40歳前半なのに早期に始まる人もいれば50歳になってもまだ何も感じる異変はない人もいたりして個人差があります。

ただし、更年期障害の症状は放って置くと日常生活にまで支障が出てしまうほど重い症状へと発展してしまう可能性があるので、これから紹介するチェックシートを使って更年期障害かどうか確認し、早期対策を行っていきましょう。

更年期障害の診断チェックシート(女性版)

ベテランの看護師

更年期障害は日常の些細な症状からその重さを診断することもできます。女性は生理との付き合いがあることから日々の体調不良をがまんしがちです。

しかし更年期障害はそのような体調不良とは根本の原因が異なります。

更年期障害は加齢による卵巣機能の低下に伴って、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することでホルモンバランスが乱れると同時に今までホルモンバランスをコントロールしていた脳の視宋下部がどんなに指令を出してもエストロゲンが分泌されないということで混乱をし始めます。

すると、視宋下部が同じ管轄でコントロールしていた自律神経までもバランスが崩れ更年期障害のさまざまな体調不良を発症させるのです。

更年期障害はこのようなメカニズムで起こるので女性の体内では気づかぬうちに閉経の準備が始まり、いつもの体調不良が実は更年期障害であったということもあるということです。

更年期障害の症状は早期対策を行うか行わないかでその後の症状の重さにも関係してきますので次のチェックシートであなたの更年期障害の度合いを確認し、事前にできる対策を打ってきましょう。

●更年期障害チェックシート(女性版)

  症状 常にある よくある たまにある ほとんどない
  3点 2点 1点 0点
1 頭痛、めまい、吐き気がする        
2 顔がほてったり、のぼせたりする        
3 汗が急に止まらなくなる        
4 息切れ動悸がする        
5 手足の末端や腰などの下半身が冷える        
6 不眠で寝つきが悪い、眠りも浅い        
7 手首、足首、ひざ等の関節痛に悩んでいる        
8 疲れやすく、疲れが取れにくい        
9 肩こり、腰痛に悩んでいる        
10 くよくよしたり、うつになる        
11 イライラし怒りやすい        

●診断結果

0点~7点・・・軽度の更年期障害か通常の体調不良か見分けがつかない段階です。まずは生活習慣を整えましょう。
8点~15点・・・軽度の更年期障害が始まっています。放っておくと症状は悪化してしまう場合もあるので早期の更年期障害対策を始めましょう。
16点~24点・・・中度の更年期障害が始まっています。早急に更年期対策を始め、症状が思い場合には病院の受診も視野に入れましょう。
25点~33点・・・重度の更年期障害です。まずは病院を受診する必要があるでしょう。

更年期障害かどうかチェックが終わったらしてほしいこと

こちらを見ている看護師女性

あなたの更年期障害度合いはどうでしたか?

こうしてチェックしてみると、毎日体調不良をがまんしていたなと感じる人も多いかもしれません。しかし、毎日の頭痛やめまい、肩こり、のぼせほてりなど、何かの体調不良が起きていたとしたらそれは何かの体のサインです。何らかの原因によって負担がかかり、体調不良の症状が起きています。

それが更年期障害であれば更年期障害に併せた対処をしなければなりませんし、もし、更年期障害ではなく風邪などの症状であればそれに応じた対処法をすべきなのではないでしょうか。更年期障害の頭痛は頭痛薬では治らないということと同じです。

このチェックシートの結果で重度の症状が出てしまっていた人は、婦人科か更年期外来を受診してください。逆に、まだ病院へ行くほどでもないという人は自宅でできるセルフケア法もあります。

まずは生活習慣見直して規則正しい生活を心がけましょう。食生活の改善や運動を日常に取り入れてください。そしてサプリメントなどで栄養のサポートをすることも重要です。

更年期には女性ホルモンが急激に低下していることで、体に必要とされる栄養は不足しています。

更年期にはイソフラボンや亜鉛、高麗人参などがいいとされますがご自身にあうサプリを選んでみましょう。

漢方薬まで行ってしまうと副作用のリスクが発生してくるのでサプリメントなどで日常から少しずつ改善するほうが体にとっては優しく改善でき、免疫もつくでしょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。