更年期障害の母親・妻がだんだんと攻撃的になり、イライラによる八つ当たりから始まり、しまいには家族である夫や子どもにまで暴力を奮うようになると、たとえ家族でもその行動に理解できずとても困りますよね。

あなたの母親または妻の症状は大丈夫ですか?

更年期と呼ばれる時期は人によって異なりますが、日本女性では平均50歳前後の時期に閉経を迎えるといわれているので40代後半ごろから50代前後の時期を指します。

更年期に発症する症状は個人差が大きく、体調が特に悪くなる人もいればイライラがひどいと暴力に変わってしまう人もいます。

体調が悪い場合はサポートしてあげることができますが、家族に暴力を奮ってしまったり、ご近所にもあからさまにイライラをぶつけてしまったりする場合、私たち家族はどう対応すればよいのでしょうか。

この記事では更年期障害で母親・妻が暴力を奮うようになってしまった場合の考え方と対処法について解説したいと思います。

更年期障害における暴力の対処法とは

ビンタする猫

更年期障害によって母親・妻が、人が変わったように暴力的になってしまった、または怒りっぽくなってしまった場合、私たち家族はどうすればいいのかについて、起こりうるいくつかのケースとそれぞれの対応策をまとめてみていきましょう。

ケース①「自覚症状があり、暴力振るったまたは八つ当たりについて反省している場合」

更年期障害によってカッとなり、つい家族へ暴力を振るってしまったことを反省しているまたは、イライラによる八つ当たりをしてしまっている自分を自覚している場合、まだあなたの母親・妻は更年期障害の症状を緩和、改善できる余地が大いにあります

生活の中で少しでもイライラを感じたり、怒りが沸いてきたりしたときには次のようなセルフケア対策を行うようにしてもらうか病院で治療をうけるようにしましょう。

<怒りを抑えるセルフケア対策>

  • 目をつむり深呼吸し、自分は冷静であると言い聞かせる
  • イライラを我慢できた自分を褒める
  • 怒りを鎮めるツボ“神門”を押す(小指から垂直に下がり手首の小じわがある部分)
  • 怒りを爆発させる前にまず、鏡の自分に「つまらないことよ」と問いかける
  • ストレス発散セラピーを行う(ゴルフや野球の打ちっぱなし等)

ケース②「暴力や八つ当たりなどを起こしたことを反省、または自覚していない場合」

更年期障害の症状で引き起こした暴力や八つ当たりを自覚していない人は「自分は間違ったことをしていない」、「相手がすべて悪い」と思っている傾向にあります。

自分の誤りに気付かず暴力を起こしたことに反省できない場合、最終的にはやむをえず法的手段も辞さない可能性があることも伝える必要があります。家族とはいえ、暴力を我慢してしまってはいけません。我慢にはいつの日か限界がきますから黙っていても解決しません。

もちろん更年期障害にもいつかは終わりがくるので暴力が治まる可能性もありますが、本人のためにも限度の度合いを伝えましょう。

これらの他にもさまざまなケースが考えられますが共通して行ってほしい対策としては「約束をする」「約束を守らせる」ことです。

もしもまた次に暴力を振るったら、病院へ一緒に行く、または然るべき機関に相談・通報するということを約束し、暴力に歯止めを利かせるということが重要なのです。

更年期障害の時期は人格が変わってしまったように感じる場合も多いかもしれませんが、相手は家族であり人間なのです。

誰でも過ちや誤りは起こしてしまうものなのでしっかり話し合い暴力や八つ当たりがなぜいけないのか、それを行ってしまったらどうなるのかを伝えましょう。

更年期障害で母親・妻の暴力に悩んだときの対処法まとめ

更年期障害は女性であればある一定の時期に誰にでも起こりうる症状なのであなたの母親・妻に限ったことではありません。

ただし、その人の本来の性格や環境によっては過剰なヒステリックやイライラが暴力や八つ当たりとなって爆発してしまうケースもあります。家族によって状況やシュチエ―ションはそれぞれ異なると思いますが、それを助けてあげられるのは一番身近な家族しかいないのです。

もし母親・妻にその自覚症状があるのだとすれば、その爆発を抑える術をいくつか教え実践させてみてください。それがうまくいかない場合にはいうことを聞いてくれるうちに病院での治療を受けましょう。

それどころではないくらい症状が悪化し、本人に自覚症状がないという場合にはこのままでは法的手段を取らざる負えないことを伝えましょう。

そして次回同じような暴力や八つ当たりなどの乱暴な行為をしたら病院へ行くまたは通報することになるということ伝え、同じことを繰り返さないと約束をしてください。約束が守られなかった場合には然るべき手段をとらなければいけません。

そして本人が反省をし、ことが過ぎたら温かく支えてあげてください。これが家族である母親・妻への最大のサポートといえるでしょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。