40代後半に突入し、更年期の年代に入ると急に今までになかった体調不良や、活力の低下、眠気、頭がぼーっとするといった症状が頻繁に起きて困っていませんか?
頭がぼーっとし過ぎると、物忘れが多くなってきたり、仕事で些細な失敗をしてしまったり、自分自身が信じられなくなって緊張感が取れず疲れやすくなったりします。
この更年期によるぼーっとするという症状は一体何科で見てもらうことが適切なのでしょうか。内科それとも婦人科?更年期外来?どこに行っても根本的な原因不明でたらい回しにされることも多いようです。
更年期障害の症状は人によって症状の種類やその重さが異なりその個人差は大きいことから、ぼーっとしてしまう原因もいくつか考えられるのです。
この記事では更年期のぼーっとするという症状が起きるときの体のメカニズムと、その予防策・対策について解説していきたいと思います。

更年期障害で「ぼーっとする」症状の原因とその対策

ぼーっとする猫

更年期障害でぼーっとする原因

更年期といわれる40代後半から50代頃にぼーっとしてしまうのには原因がありました。
まず更年期になると女性は閉経を迎える準備に伴って女性ホルモンの分泌量が著しく低下していきます。
もちろん、この女性ホルモンの低下が緩やかな人もいますが、多くの女性は急激な女性ホルモンの減少によってさまざまな更年期障害の症状が起こりやすくなっています。
女性ホルモンは脳内の神経伝達物質のサポートを行っています。神経系へ指示を出し、体の持っている機能をコントロールし、生命を保っているのです。
もしも、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、自律神経にまで影響が及び、自律神経が管轄している器官に異常が起き始めます。「ぼーっとする」という症状は自律神経の乱れによって血管が委縮・硬直し、脳内に十分な酸素や栄養が行き届かなくなってしまうのです。これがぼーっとする症状が起きる原因なのです。
更年期には、今まで私たち女性の健康をサポートしてくれた女性ホルモンの恩恵を受けられなくなるわけですから、始めはいくつか体の機能に支障が出てしまってもおかしくないですよね。
このようにしてあらゆる機能に支障が起きると、仕事や家事など日常生活にも問題が発生することがあるのです。うっかり約束した日程を忘れてしまったり、簡単な作業がいつものスピードでは捗らなかったり、どうも活力が沸いてこなかったり、頭の回転のスピードに不安を感じたりとひやひやするような日々がストレスとなって蓄積してしまうのです。
それではこんな症状にはどんな改善策が必要なのでしょうか。

更年期障害で「ぼーっとする」症状の改善策

ひらめくうさぎ

更年期障害でぼーっとしてしまう、やる気が起きない、眠気がするといった症状は女性ホルモンと自律神経のバランスが乱れていることによって起きているのでそれを調整する必要があります。
その対策として次のことを試してみましょう。
1 朝起きて熱めのシャワーを浴び自律神経を目覚めさせる。
2 質の良い睡眠を取り神経が休まるようにする
3 食生活を見直し体内環境を良くする
4 女性ホルモンの分泌をサポートする食材、サプリメントを摂り入れる
5 絶対体を冷やさない
以上です。
まずは基本的なこのようなことからトライし、ぼーっとする症状を改善させるよう取り組んでみてください。これらの方法は更年期障害の他の症状改善にも役立つはずなのでこれをきっかけに生活習慣を改善させていきましょう。
ただし、物忘れでなく認知症の初期症状の恐れがある場合は、早期のうちに病院を受診することをおすすめします。どんな病も先手必勝ですから。

まとめ

更年期障害で頭がぼーっとしてしまうのは体のメカニズム上仕方がないことですが、悩ましいのは職場の同僚や家族など周囲からすると普段ちゃんとしている人でも急に怠けているように見えてしまうことです。
ぼーっとしてしまい、物忘れや失敗が増えてきてしまっていたら女性ホルモンと自律神経のバランスを整えることに意識を高めましょう。実はこの2つはどちらもストレスに弱く、更年期でなくても些細なことで乱れることがあります。
生理などの周期的なおものであれば仕方がありませんが、なるべく女性ホルモンと自律神経のバランスが調和できている方が活力以外にも、新陳代謝や美肌力、免疫力を高く保つことができるでしょう。
朝の熱めのシャワーや質の良い睡眠、バランスの摂れた食生活、サプリメントによる補助、冷え対策、まずはこれだけでもできることから始めてください。無理は禁物ですが、ぼーっとする症状を放って置くだけでは症状は改善できません。体を大切にし。健やかで元気な日常を取り戻しましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。