更年期になると昔から便秘がちという人も、便秘とは疎遠だったという人も更年期になって便秘がひどくなり、さらに便質がコロコロとしたものに変わり、スッキリとしない便や逆に下痢が続いたりすることがあります。

便秘が続くと腸の中に老廃物が溜まりそれが腐敗していく一方なので腸内環境は悪くなり、有毒ガスが発生し、腸の壁をつたって血管から全身へ送られ、腸の血行を悪くし、冷え性や肌荒れ、肩こり、頭痛など、便秘が慢性化するということだけで体内では見えないところで徐々に悲鳴が上がり始めます。

更年期障害を引き起こすといわれる50代前後の時期はその更年期による体内変化の影響から便秘以外の症状も併発するため、便秘だけに注意が行かず気づかぬうちに放っておいてしまう人も多いのですがそれが病気の元凶となる場合があります。

あなたの便通は問題ないでしょうか。この記事では更年期に便秘が悪化する原因とその対策を紹介します。

更年期障害で起こる便秘と下痢

お腹をさする女性

まずなぜ更年期になると便秘が悪化するのかについて説明します。更年期障害の症状といえば頭痛、めまい、ホットフラッシュなどがよく聞く症状ですよね。

これらは女性の加齢と共に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少することで体内では自律神経が乱れることで起きるといわれています。

実はこの自律神経と便秘と下痢には関わりがあり、もともと自律神経のひとつである副交感神経は消化器系のコントロールをする役割を担っているので、自律神経が乱れることで胃腸の不調が現れやすくなり、便秘や下痢を発症します。

自律神経はホルモンバランスだけでなく、ストレスによっても大きく乱れる場合があります。

特に更年期という時期はストレスを感じやすくなっているため、それを溜め込み、継続したストレスを感じ続けてしまうと自律神経を乱す原因を作り悪循環が起こりやすくなっているのです。

それではそんな更年期の便秘はどうしたら解消できるのか確認していきましょう。

更年期障害における便秘解消法と便秘対策

白衣のくま

1 食事の内容を改善する

更年期障害における便秘で必要な食べ物は普通の便秘で必要な食物繊維だけではありません。

更年期障害で便秘になる大本の原因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって自律神経が乱れることです。

エストロゲンが体内で分泌できないのであればエストロゲンに似た作用を持つといわれる大豆製品を積極的に摂取するように心掛けましょう。

もちろん、食物繊維を多く含む野菜や海藻、そして腸の善玉菌を活発にするヨーグルトなどの発酵食品も重要です。これらの栄養素を意識して食生活を改善させていきましょう。

2 お腹を絶対に冷やさないこと

更年期障害では自律神経のバランスが崩れることで消化器系の不調だけでなく、血管の収縮機能にも影響がでます。血管がうまく収縮できないと血流が悪化し、内臓の体温も低下しやすくなります。

更年期障害で冷えやすくなる人は血流が悪くなっているので腸も冷えることが活動の妨げになっている場合があります。

お腹は絶対に冷やさないように腹巻やホットパンツを履くようにするなど工夫をして腸が活発に動ける環境を整えましょう。

3 運動不足を解消すること

運動不足とは便秘を悪化させる大きな要因のひとつです。

運動不足になると全身の血行不良は悪化し、自律神経のバランスも崩れにくい状態が続きます。適度な運動を毎日行うと全身に血液を送り出す習慣が生まれ、内蔵の毛細血管まで血液が送られやすくなります。

また、運動によって腸も刺激され動き出しやすい環境が生まれます。朝ウォーキングをしたり、腰をぐるぐる回したりするような運動を行うだけで簡単に腸へ刺激を送ることができるので血液の循環と、自律神経のバランスを取り戻すためにも気軽な運動を始めましょう。

4 水分を適度に摂ること

朝起きたてにコップ一杯の水を飲むと腸へ水分が送り込まれ動きやすくなります。

水分を摂ると浮腫むということで水分をあまり摂取しないようにする人もいますが、実際は水分と塩分を同時に過剰摂取しなければ浮腫むような心配はありません

水分は体の循環を助けてくれるので、水分は積極に取りトイレは我慢しないようにしてください。特に朝起きたての水は便秘の解消に有効的なので朝にコップ一杯飲んで腸の活性化を目指しましょう。

更年期における便秘解消対策まとめ

更年期障害が起きるといわれる時期は女性ホルモンの低下とともに自律神経のバランスも乱れやすくなっています。

自律神経のバランスが乱れると、同時に自律神経によってコントロールされていた消化器系へも影響が起きることで便秘や下痢を起こしやすくなるのです。

更年期には特に便秘や下痢を起こしやすい体内環境になっているということになりますので、この時期には便秘の解消法を積極的に取り入れることが重要です。

女性ホルモンのサポートに大豆製品を多く摂ることを心掛け、プラスで食物繊維や発酵食品を追加していきましょう。そして栄養バランスの摂れた食事は更年期障害の症状を緩和することにもつながります。

また、適度な運動は便秘解消における大きな解決策となりますので習慣化できる便秘解消体操または運動を始めてみましょう。そして朝起きてコップ一杯の水を飲むようにしてみてください。

これらの対策が習慣化されれば便秘解消に加えてその他の更年期障害の改善にも期待ができますので、毎日の生活習慣から健康的な毎日を取り戻して行きましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参