50歳前後でやってくる妻・母親の更年期障害で大切なパートナーや家族と別居するという手段を考えたことはありますか?

更年期になると今まで当然のことのようにできていた炊事、掃除、洗濯といった家事から仕事まで体調不良でなかなか手につかなくなり、それに加えてパートナーである夫や家族に無性にイライラしてしまい、気づかぬうちに口調が悪くなったり、八つ当たりしてしまうことが増えたりします。逆に過剰な精神不安状態になってしまうという人もいるでしょう。

そんなことが続き、ついには夫から別居や離婚を切り出され、更年期障害によって家庭崩壊に陥ってしまったという人は案外少なくありません。

その変化は自分では気づきにくいかも知れませんが、その影響を大きく受けてしまうのはその人の一番身近な家族なのです。

こんなときはどうすればよいのでしょうか?更年期障害で別居に陥ってしまうさまざまなケースとそんな状態の解決策を紹介します。

更年期障害で別居に陥ってしまうケース

不仲な夫婦

更年期障害で別居を考えるのは夫だけでなく、妻側である場合や家族である場合などさまざまです。
それぞれのケースをみていきましょう。

○ケース① 「夫から別居を切り出される」

更年期障害は人によって発症する期間が異なり、2~3年で終わる人もいれば5年、10年という長い月日が必要な人などさまざまです。

この長い期間に妻の性格が更年期障害によって豹変してしまったことに耐えられなくなり、別居を切り出されるというケースです。

黙っていた夫がだんだん距離を置くようになり急に別居を切り出してくるのです。身内だからといってあまりに相手に当たり過ぎると、さすがの夫とはいえ我慢に限界がきてしまうこともあるので、別居や離婚をしたくないという妻は注意しましょう。

○ケース② 「妻から別居を切り出される」

更年期障害になってから無性に夫の行動や一緒にいること全てがイライラに変わってしまうというケースもあります。これは「夫源病」と呼ばれますが、その日常的はストレスが更年期障害に加わることによってさらに体調不良が悪化してしまうことがあるのです。

ストレスは神経を緊張させますが更年期障害の時期はそもそも自律神経が乱れがちです。この自律神経の乱れによって胃腸の不調や、頭痛が起きるので夫がいることで更年期障害が悪化する場合には妻から別居を切り出さず負えなくなるのです。

これは定年退職などによって急に夫の在宅時間が長くなることで妻の生活スタイルが崩れることで「夫源病」を発症するケースをよく聞きます。妻と別居をしたくない夫はあえてひとりで外出する機会をつくり距離を置いてあげることも必要なのです。

○ケース③ 「同居中の母親と別居したい」

子ども側が更年期障害の親を抱えるも母親とケンカをすることが増え、付き合い方に悩むケースがあります。

母親が50代で子どもが20代ぐらいに差し掛かると、子どもは親離れをしたい年頃になり、逆に親は子離れできず心配する気持ちがお節介となり、さらに更年期障害の症状が助長し、怒りやすくなったり不安が強まったりします。

子ども側からすればそんな八つ当たりやお節介はうっとうしく、当然家にいるのも嫌になってしまい、子離れできない親をとしか見れず別居したいと考えるようになるのです。

このころの子どもの巣立ちはとても寂しく虚しさを感じることもあるかも知れません。しかし子どもとしては親と不仲になる前にこれを機に独立をし、距離がありながらも母親を支えてあげることが賢明といえるでしょう。

更年期にあえて別居を選択してみるということ

指差すうさぎ

ここまで更年期に大切なパートナーと家族と別居に陥ってしまうケースを挙げてきましたが、家族が不仲にならないためには、お互いの健康面と環境を理解し合うことが必要です。

しかし、どうしても夫を受け入れられなくなり、イライラがどうしても止まらないという人もいると思います。そんなとにはあえて別居という手段を選び、期間を決めてトライしてみるということもいいのではないでしょうか。

更年期障害は必ずいつかは終わりが来ます
人間だれでもカッとなってしまうこともありますがもしも離婚や家族との訣別という決断をこの時期にしてしまったら後で後悔することになるでしょう。

家族というつながりは切っても切れないものがありますから、あえて別居という選択肢をお互いのために良いケースもあるのです。

別居では行き過ぎと思われる場合には、小旅行や数日間だけ友人宅へ出向き距離を大切にするのも賢い手段です。母親と別居したい子どもの場合はこれを機に親からの独立をしてみると親の有難みが痛感できることでしょう。

更年期障害の時期に考える別居という選択肢についてまとめ

更年期障害とは他人事ではなく女性であれば誰しもが通らなくてはならない、人生のひとつの節目という試練かもしれません。

更年期障害で妻や母親の性格が変わってしまっても、つらいときに最後に頼れるのは家族しかいないのです。母親・妻の行動を変えるには自分が更年期障害であるということを自覚することで症状を改善させることにつながります。夫と別居したくない妻は更年期障害の症状と向き合うことに徹してみましょう。

妻から別居したいといわれるのではないかと心配する夫の場合は妻にあえて一人にする時間を作ってあげてみてください。

また、母親と別居したい子どもの場合は、親をうっとうしいと思うのではなくこれまでの感謝の気持ちを伝え独立したいということを本音で相談しましょう。人はすれ違いが生じそれが重なると家族でも絆が壊れてしまうこともあります。

そうならないためにもあえて距離を置いてみるなどの工夫をし。家族への思いやりの心を忘れないようにしてください。そうそればきっと家族の絆は再び深まる日がきっと来ることでしょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。