「最近、異様に汗が止まらない」「夜中に目を覚ましてしまうほど後頭部がのぼせてしまうことがある」
こんな症状に悩まされていませんか?

まさか更年期なんてまだまだ先でしょ」と思っている方へ。

更年期は40歳から55歳頃の閉経を迎える期間の前後のことをいいますが、この期間には個人差があるので一概にいつのことと断言できませんがこのような症状に悩まされているとしたら体に変化が起き始めているということは確かです。

まずはその原因を知り、それから落ち着いて対策を練ることが大切です。
更年期障害かどうかなんて関係ありません。この時期は女性の体には変化が起きている時期なのでいつもと違う症状が起きることは当たり前のことなのです。

一人で悩んでいては辛いだけですから、その原因と症状にどんな対策を打てばいいのか詳しく解説していきたいと思います。女性が更年の不安な時期と立ち向かえるようこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

ホットフラッシュってどんな症状のこと?

まず40代前半から55歳までの更年と呼ばれる時期を目安に、女性はのぼせる・ほてるといった症状が起きやすくなります。これをホットフラッシュと呼びます。

ホットフラッシュは更年期障害といわれる症状のひとつなので閉経を迎える前後の期間の女性なら誰でも起こりうる症状です。

フラフラとする女性

ホットフラッシュにおける主な症状

こんな症状が急に起きて困っていませんか?
40代を過ぎてひとつでもあてはまる項目があるとすればそれはホットフラッシュの症状の可能性が高いです。

  • 激しい運動をしていないのに突然汗がでる
  • 後頭部が重く感じる
  • 頭に血が昇ったような感じで熱っぽい
  • 顔がりんごのように赤くなり紅潮する
  • 寝汗がひどく眠れない
  • 体がほてった後に冷えを感じる

このようにさまざまな形でホットフラッシュは突然発症し、場所や時間を問わず襲ってきます

急に起こる症状なので外出先で、風邪や病気でもないのに心配されたことはありませんか?

なかなかこの症状を自ら抑制することは難しいです。私の場合は外出先でクーラーの効いた室内でも汗が止まらず、ぐっしょりシャツが濡れるくらい汗が噴き出てしまい汗っかきであると思われとても恥ずかしい思いをしたことがあります。

そんなときよく気遣ってくださり勝手にクーラーを強くしていただく場合があるのですが、どちらかというと冷え性なのでそのまま強いクーラーの下にいるとそれはそれで本当に風邪をこじらしてしまい、違った意味で体調を崩します。

そんな症状を説明しようにもなんとも面倒なので説明できないことが多いです。

ホットフラッシュの起こる頻度と発症率

ホットフラッシュの起こる頻度には個人差があり、一週間に数回から一日に10回までと幅広く、一回に付き数分から30分近くまで続きます。
平均的には2分程度続くことが多いそうですが個人差が大きい症状なのでこの平均値はあまり当てにならないでしょう。

また、しばらく症状が起きなくても2〜3ヶ月後にまた起きたりするのでいつまた起きるかわからない症状です。
発作の期間は閉経の約2年前から症状が現れ、1〜5年続く人もいれば10年以上続く人など長年悩まされる方も多いです。

ホットフラッシュを発症する人の確率は更年期障害の女性のおよそ40〜80%ほどであるといわれています。これはホットフラッシュに限った数値になるので更年期障害という症状というくくりに広げるとほとんどの人に起こりうるといえます。

日常生活支障がなければ良いのですがなかなかそう簡単に乗り越えられる人は少ないです。何度もいいますがホットフラッシュは更年期障害のひとつです。

ますは基本的な部分から理解し体を大切にしていきましょう。

更年期障害といわれる症状とは

更年期障害といわれる症状はホットフラッシュのほかにもさまざまな種類があります。

医師

  • 肩こり、頭痛、めまい

・・・・更年期になると急に肩こりや首のこりがひどくなったり、頭が重く一部に痛みを感じたり、めまいが止まらず血の気が引くなどといった症状。

  • うつ状態、不安感、不眠

・・・・なかなか人に相談できない、うつ状態や不安感、イライラまたはやる気が起きないなどといった症状。

  • 動悸、息切れ

・・・・激しい運動をしていないのに胸がドキドキする、息が苦しくなるといった症状。

細かくいうともっと様々な症状があるのですが、これらすべてがエストロゲンの減少でホルモンバランスが崩れたり自律神経が乱れたりすることに大きく関係しています。

ホットフラッシュ・更年期障害の起こる原因とは

女性が更年期になると卵巣の機能が低下していきます。
卵巣から分泌されていた女性ホルモン(エストロゲン)も減少し、脳内ではエストロゲンを増やそうと卵巣刺激ホルモンを増やすのです。

しかし、いつまでたっても卵巣からエストロゲンを増やすことができないので、卵巣刺激ホルモンだけが出続けることで脳内では混乱をきたし、つられて自律神経にも支障が起きます。
この自律神経が乱れることで体にはさまざまな形で体調不良が起きるのです。

そのひとつがホットフラッシュです。自律神経が乱れると血管の収縮や拡張などのコントロールができなくなり、血行不良で体が冷え、その冷えを改善させとようと体は無理に血管を拡張させ体が熱を発するのです。

エストロゲンの減少→卵巣刺激ホルモンの過剰分泌→自律神経の乱れ→体調不良(ホットフラッシュなど)

こういったメカニズムでホットフラッシュ・更年期障害は起きるので根本の原因である女性ホルモンのサポートが重要になってきます。

ホットフラシュが起きた時のための対処法

白衣を着た女性

いざという時にハンカチなどの準備していなかったり、大事な時に限ってホットフラッシュが起きたりして困ったことはありませんか?

いつでもホットフラッシュが起きても大丈夫な様に準備をしておくことは心身ともに安心して健康な状態でいられます。

ホットフラッシュが起きた時のための準備とその対処法について私が実際にやってみて役立ったおすすめの方法をご紹介します。

ほてりを感じ始めたら

ほてりを緩和するには冷たい水を飲む、扇風機やクーラーなど冷風があたる場所に移動する、これを行うだけで急激なホットフラッシュの症状になるまえに症状を緩和させることができる場合があります。

ほてりを感じたら我慢などをせずに涼しくてリラックスできる環境で体を休めましょう。

衣類の工夫

ホットフラッシュはいつどこで発症するかわかりません。

まず、事前の対策としておすすめしたいのが速乾性のある肌着を選ぶことです。今やユニクロやイオンなどで手軽に手に入ります。

どっと出る汗を素早く乾かしてくれると、ホットフラッシュ後の寒気もうまく調節できます。そしてできればカーディガンハンカチを一枚ずつ持ち合わせて体温調整をこまめすることをおすすめします。汗はすぐにふきとり、その後体を冷やさないようにしましょう。

首の後ろを冷やす

急にのぼせた時には血管がたくさん重なり合っている首の後を冷やすことが効果的です。

タオル保冷剤冷えピタシートなど持ち歩けるもので結構ですので準備をしておくと安心です。しかし、ここで首の後の冷やし過ぎは逆効果になりますので適度な対処が重要です。

ホットフラッシュの予防策と漢方の効果はいかに

ホットフラッシュの症状も予防できる方法はいくつかあります。
あなたに合った方法を探してみてください。

医師

カフェイン入りの飲料を控える

カフェインを含む飲料やアルコールといった飲み物はホットフラッシュの症状に悩んでいる人には控えていただきたい飲み物です。

カフェインやアルコールは刺激物ですので、更年期のデリケートな時期には症状を悪化させる恐れがあります。お番茶やノンカフェインのコーヒーにするなど体に優しい飲み物を選びましょう。

毎日適度な運動を始めてみる

今まであまり運動をしてこなかった方は血液の流れが更年期と共にさらに悪化していきます。

激しい運動ではなく少しの運動を毎日続けるだけで違うので、ウオーキング軽いランニングお家でできる筋トレなど続けられる運動を始めましょう。即効性はないかも知れませんが病気の予防や代謝の向上にもなるのでおすすめです。

更年期に適した食事に気をつける

これも即効性はないのですが特に更年期に良いとされている食べ物はこちらです。

大豆イソフラボンの入った豆腐や納豆、豆乳。
これは女性ホルモンの役割をサポートしてくれることで有名です。

さらに貧血になりやすい女性に欠かせないのが鉄分の多い、ほうれん草やひじき、赤身の肉などもおすすめです。
鉄分の吸収率アップにはビタミンCやタンパク質を一緒に食べると良いといわれているので、栄養の偏った食事よりも食べ合わせを楽しみましょう。

納豆

ドラッグストアの市販薬について

更年期障害の症状へドラッグストアやCMでよく見かけるのは「命の母」でしょうか。いくつかの生薬が配合されていて認知度が高いです。

小林製薬なら間違いないであろうと思いきや、市販で販売できる医薬品の有効成分の配合量は病院で処方される量より全く少ないのに高額です。

これはCM料が加算されていると思うと個人的にはなんとなく手を出せないでいます。効果は個人差があるそうです。

漢方薬について

更年期の症状に効くといわれている漢方薬はたくさんの種類があります。

・当帰芍薬散料(トウシャクヤクサン)・・・冷え性や貧血も方へ。疲れやすく、肩こりめまいなどの症状に。

・加味逍遙散(カミショウヨウサン)・・・イライラや気分の浮き沈みを感じる方へ。のぼせやほてり、不眠や怒りっぽい症状に。

・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)・・・便秘や腰痛、頭痛に悩まされている方へ。頭だけのぼせて足が冷たいなどの症状にも。

など、こちらは一例ですが調べれば調べるほど漢方には種類があり自分で選ぶのは困難を極めます

いくつかの生薬を配合し効能が認められたものが漢方といわれますが、ひとつの生薬がひとつの症状に効くというイメージなので更年期障害やホットフラッシュの症状全体へ効く漢方を選ぶのも難しいのです。

また、根本の原因であるホルモンの分泌低下という症状への対処にはならないので表面の症状緩和にはいいかもしれませんが更年期障害そのものの改善にはならないでしょう。

ホットフラッシュの症状に効くサプリ

サプリメント

更年期障害の症状緩和には根本の原因から対処しなければ意味が無いといいましたが、ホルモンの分泌が減っても、女性ホルモンの働きをサポートできるものを摂取することが大切です。

食事療法もひとつの手ですが、サプリメントで効率よく体に必要な成分を摂取することも必要な年代でしょう。

ホットフラッシュという症状緩和だけでなく更年期障害のさまざまな症状に効く食べ物が高麗人参です。

「え?高麗人参って売っているの?」と思った方も多いかと思いますが高麗人参は育つのに4年から6年もかかるなんて知っていましたか?
そりゃあスーパーで販売できるようなシロモノではないのです。

高麗人参の主な成分はサポニンと呼ばれる成分の中でも特にジンセノイドという多くの効能を持った成分が多く含まれているのですが、これが活性酸素を制御したり、細胞の再生を促したり、さらには女性ホルモン様作用があるといわれています。

なかなかすべての症状をサポートしてくれる食品や薬はありません。何千年も万能薬として使われてきた理由には納得できます。

ただし、先ほどお伝えしたように簡単に手に入る物ではない上に、インターネットオークションなどでの購入は安全面からしておすすめできないのでこれはサプリメントに頼りましょう。

ここのサプリであれば安全性が高いのでおすすめですよ☆
金氏高麗人参:http://www.kouraininjin.com

効果的なホットフラッシュ対策まとめ

ホットフラッシュの症状は更年期障害におけるひとつの症状であるということがお分かりいただけたでしょうか。
ですので、ホットフラッシュの予防は必要ですが、改善策としては根本の原因からやっつけることを重要視しなければならないのです。

しかし、卵巣の機能低下は避けられません。より健康的にその症状への対策をしていきましょう。ホルモン注射などで外部からホルモンを注入するなんてもってのほかです。それは中国の方が欠陥住宅に上から塗装をしてごまかすようなものに近いです。

高麗人参など天然のものを選び、健康的に更年期障害の症状と向き合いましょう。一人で悩まずに、運動やサプリなど継続できることからいくつか始めてみてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参