40代~50代の中高年世代で気になってくる、更年期障害という症状。

更年期障害の症状は、頭痛にめまい、ホットフラッシュといわれる、のぼせとほてり、発汗に加え、肩こりや関節痛など、ちらほらと体調不良の状態が続きます。

そんな日々が続くと仕事や家庭、炊事に、洗濯など当たり前にこなしていたことさえも、症状がつらい日があるとストレスが溜まりやすい状態になります。

そんな毎日のつらい状態を「お酒で紛らわしちゃえ。」なんて考えるときもありますよね。

果たして、更年期障害のときにアルコールを摂取してもいいのでしょうか。更年期障害は男性も女性も中高年でホルモンバランスが崩れればどちらの人にも起こる症状です。

普段からお酒好きという人はなんとなくそこには目を伏せていたかも知れませんがこれを機会にどの程度なら飲んでもいいのか、それとも駄目なのか、しっかり知っておきましょう。

更年期障害のときにはアルコール依存症に要注意!?

笑顔でビールを飲む女性

更年期障害でアルコール依存症になるかといったらイコールではないことは確かですが、更年期障害は疲れやすく、ストレスも溜まりやすい時期となりますので油断をしていると、「まさか、私に限って」「まさか、旦那に限って」かからないだろうと思っている人ほどアルコール依存症に以降しまうケースも多いです。

お酒に強いからといってアルコール依存症にならないとは限りません。更年期障害のときにアルコール依存症にかかりやすいタイプの人とは次のような人です。

<更年期障害のときにアルコール依存症になりやすいタイプ>

□更年期障害の気分の落ち込みをお酒で緩和させる
□更年期障害の不眠解消のため寝酒に頼る
□更年期障害の関節痛をお酒で紛らわす
□蓄積したストレス、心の不安は更年期に限らずお酒で発散している
□更年期に限らず、家事が苦痛で昼からキッチンドリンカーである(※キッチンドリンカーとは料理中にお酒を飲むことを習慣としている人のこと)

このようなタイプの人は男性も女性もアルコール依存症になりやすく、更年期障害という症状がお酒好きという癖が拍車をかけて症状を悪化させ、お酒がないと緩和できないという間のループに入ってしまいます。

一度不健康になるとそこから抜け出すのはとても難しいです。こんなタイプの人はお酒に依存しないよう気をつけてください。

更年期障害のときにアルコール依存症に陥りやすい理由は男性と女性で違う

ショックをうける女性

男性と女性では体内の環境も少しずつ違うので、更年期にアルコール依存症に陥りやすい理由も少しずつ違います。

男性も更年期障害になるということが最近注目され始めていますが、男性は更年期になると男性ホルモンであるテストステロンの減少によって更年期障害が起こる人もいて、“LOH症候群”という病名があるほど注目されるようになってきました。

男性はテストロステロンが減少するとお酒が体から抜けるまでに時間がかかるようになってきます。さらにお酒を飲み続けることでテストステロンは減少し、筋力低下や、睡眠不足を招きます。

こうして更年期障害を起こしやすい状態になり、そのストレスでさらにお酒で紛らわそうとするといった悪循環が生まれます。

女性の場合も女性ホルモンであるエストロゲンの減少によってお酒が体から抜けるまでに時間がかかるようになっています。さらに男性に比べて代謝機能が低いのですが、女性の方が家など一人でいるシーンが多いので家にいて一人で飲んでしまいやすい環境にあります。さらにはキッチンドリンカーという言葉があるように普段からこっそり飲みやすい環境なのです。

そしてアルコールへの耐性が弱くなっているのにも関わらず、ストレス解消のために毎日アルコールを飲み続けてしまうとアルコール依存症となってしまうのです。

一度アルコール依存症になってしまうと専門の医療機関へ通うなど特別な処置をしない限り依存症からの脱出は難しいといえるので、更年期におけるお酒を飲む回数と量は確実に減らしていったほうが賢明といえます。

それでもアルコールは飲みたい!という人には

首を傾げる白衣女性

お酒の飲み方というのは人それぞれだと思います。「今まで習慣として飲んできて問題なかったけどどうして更年期に飲まないようにしなくちゃいけないの?」と疑問や不満に思う人も少なくないでしょう。

そんな人へ、更年期の正しいアルコールとの付き合い方をお伝えします。この項目を守ってアルコールとうまく付き合ってみてください。

空腹のままの飲酒はさける

空きっ腹にお酒はよくないと昔からいわれていることはとても当たっています。

空腹のときにアルコールを摂取すると体にいいことは何もありません。血中アルコール濃度が急激に上がりやすくなり、胃に負担をかけ胃痛が生じたり、酔いやすくなったりします

飲酒の前にはなにか軽く食べておくか、食前酒などのアルコール度数の低いものから摂取するなどの工夫をしていきましょう。

補足ですが、アルコールを飲む前に牛乳を飲むと「胃に膜が張り、アルコールや脂肪が吸収しにくくなる」といった説ありますが、これはアルコールに限っては迷信です。

そもそもその牛乳の膜はアルコールに限っては胃との隙間を通り抜けてしまうからです。なんとなく行っていた回避策も迷信かもしれないと思ったら本当かどうかネットなどで確かめてみてもいいかもしれません。

休肝日を設けること

休肝日のイラスト

更年期には今までは女性ホルモンであるエストロゲンや男性ホルモンであるテストロステロンがコントロールしていた血液中のコレステロールは、それらの機能低下により上昇しやすくなっています。

コレステロールが上昇するだけで、肥満になったり、糖尿病や動脈硬化といった病気を引き起こす可能性は高まっています。

今までのペースで飲み続けてしまうと、自分では平気だと思っていても更年期は体も少し弱り気味なので健康を損ねてしまうこともあるのです。

エストロゲンとテストロステロンから受けていた健康の恩恵は薄まり、身を守ってくれていたホルモンたちは減少してきているので今までのようには行かなくなってきているのです。

ですので、休肝日は1週間のうちの2〜3日は必ず休肝日として体と胃や臓器を休めてあげましょう。

肥満に注意すること

中高年になって太りやすくなるのには理由があります。

それはどんなひとでも共通して更年期になるとホルモンの減少により血中コレステロールのコントロール機能が低下し、肥満を皮切りに糖尿病や動脈硬化といった病気にかかってしまうリスクが高くなっている状態なのです。

もし、急に肥満になってきているとしたら飲酒はなるべく控えるようにしてください。

アルコールを摂取すると更年期に限らずコレステロールのコントロール機能の低下と中性脂肪の合成を促進するダブルの要因で肥満になりやすい状況を自ら促進させていたのです。

また、更年期障害が起きる時期を通り過ぎていたとしてもこうした病気になるリスクは依然として高い状態が続きます。肥満にはより一層の注意が必要であるということがいえます。

日常にサプリメントを利用してみる

つらい更年期障害の症状はアルコールで紛らわしてはいけません。

それよりもきちんと向き合って食生活の改善と定期的な運動、生活リズムの改善に取り組む方が更年期障害の症状を緩和させるには効果的であるとはっきり断言できるでしょう。

そのために更年期障害の症状をサポートしてくれるサプリメントを日常に取り入れてみるのもひとつの賢明な手段といえますので更年期障害に有効とされる成分としては、大豆イソフラボン、亜鉛、マカ、ローヤルゼリー、高麗人参といったサプリメントがホルモンバランスと自律神経のバランスのサポートにいいとされていますのでいくつか自分に合いそうなサプリメントを探してみましょう。

食生活の改善のサポート役として効果を発揮してくれることでしょう。

更年期におけるアルコールとの付き合い方まとめ

更年期障害の症状が起こり始めたな」なんて時期に見直しおきたいアルコールとの本当の付き合い方とは、やはりこの時期にはアルコールで紛らわしたいほどイヤな体調不良が体を襲ってきます。でもそれに負けてはいけないのです。

更年期障害が起きる時期には、同時に血中コレステロールの調整や肥満に対する抵抗力が衰えてきています。それをなんとなく感じつつも、今までのストレスをアルコールで発散させたり、紛らわせたりとしてきてしまった人は今まではよくても同じやり方で日常の過ごしてしまうとさらさらなる病気を引き起こし兼ねません。

これを機に、生活習慣の見直しと飲酒法を少しだけ工夫していきましょう。空きっ腹に注意して、休肝日の設定やサプリメントの服用など簡単なことからでいいので更年期におけるセルフケアをスタートさせましょう。アルコールを止める必要がでるまえに、ほどほどの賢い飲み方を自分で作り、生活習慣を改善させていきましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。