50代で閉経を迎えると女性はやっと更年期の後半に差し掛かります。更年期に起る更年期障害は個人差がありますが一般的には閉経後も続き、あるいは閉経後からその症状の重さに悩まされる人もいます。

特に50代に起る更年期障害の特徴としてはホットフラッシュ、不眠、イライラ、生理不順(閉経前の場合)が挙げられます。

また、女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると太りやすくなったり、その他の病気が起きたりしやすい状況になるのでそれらを防ぐ必要もでてきます。

この記事では50代特有の更年期障害の症状について気をつけておきたいポイントをおさえて、50代になっても更年期障害に負けず、明るく健やかな更年を過ごせるよう、50代女性の体内ではどんな変化が起きているのかを踏まえその対策について詳しく解説していきたいと思います。

少しでも体調不良に悩んでいるとしたらその原因を知ることで賢く解決していきましょう。

50代で起こりやすい更年期障害の「イライラ」という症状

イライラする中年女性

50代という年代はこれまでがんばってきた人生の到達点ともいえる時期ですが、親の介護、子供の進学、夫の利殖など環境の変化による悩みを抱えやすい状況下にある人が多いです。

また、そのような変化はホルモンバランスの乱れる時期には心の負担となりストレスになりがちです。

そんなライフイベントにおいて、自分の思ったように事が進まないことが重なるとヒステリックになってしまったりイライラしたりしてしまうということも起こりやすいのです。

さらに、ヒステックやイライラといった症状で感情が表面に現れない体質の人は自分の中で負担を抱え、自分自身を責めたりしてうつという症状になってしまう場合もあります。

更年期障害が起こりやすいこの時期にはこのような背景と外的要因が助長してしまい、ストレスに加えて自身の性格・気質などがヒステリックやイライラやうつとして表れてしまうのです。

なかなかこの心の状況を誰かに話したり、相談できる人がいないという場合には、心療内科や精神科でカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

更年期に感情のコントロールができないのは誰しもが経験しうることですので異常な症状ではありません

しかし、問題を抱え込んだまま放って置いてしまってはあなたも、あなたの家族も健やかな生活から遠ざかってしまうでしょう。カウンセリングへ一歩を踏み出し少しでも緩和されるのであればたやすいこと我慢した毎日を送るより容易いことなのではないでしょうか。

50代で起こりやすい更年期障害の「不正出血」という症状

指さす医師

50代に差し掛かる頃には生理不順は日常化してしまい、その不順さに徐々に驚かなくなってしまっている人も多いかと思います。

しかし、ただの生理不順と思っていたらそれは不正出血だったとうケースも多く実際にその出血がどちらなのか自分で判別することはとても難しいです。

だからといって伏せ出血の場合には、違う病にかかってしまっているということも大いにあり得ることですので気になる場合には早期のうちに病院での診察をおすすめします。

ここからは不正出血の種類について説明していきますので、生理不順との原因の違いを確認しておきましょう。

不正出血とは2種類あり「器質性出血」と「機能性出血」に分類されます。その違いについても詳しく見ていきましょう。

「器質性出血」とは

器質性出血とは生理以外での出血のこと、器質出血の原因は子宮がん、ポリープ、びらんなどの病気を原因とし出血してしまう症状のことをいいます。

不正出血の際に検査をして9割の人は次に説明する「機能性出血」と診断されるそうですが、万が一「器質性出血」が確認された場合には更年期障害どころの騒ぎではなくなってしまうので、そうなる前に早めの診察で重病を回避できることが望ましいですね。

「器質性出血」の特徴としては下腹部の痛みや水っぽいおりもの出血が大量になったりと普段の生理不順や不正出血とは違う兆候があります。

ただこれも個人差があるので違いを自分で判断することは難しい場合が多いので、不正出血があった場合には病院で診察をしましょう。

「機能性出血」とは

機能性出血も生理以外での出血のことですが、生理不順と見分けるのには基礎体温をつけていると一目瞭然です。生理は排卵後2週間以外のタイミングで出血が起きます。

機能性出血は婦人科系の病を除く出血を指し、メカニズムとしては月経をコントロールするホルモンの濃度が変化することによって起こる異常出血です。

基礎体温計

排卵前に卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌され子宮の内膜は徐々に作られていきます。

排卵後には妊娠に備え、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えることによって子宮内膜は維持されますがそのまま妊娠しないとプロゲステロンの分泌量は減っていき子宮内膜を維持できなくなることで剥がれ落ち、生理となるのです。

しかし、これらは全てホルモンバランスによってコントロールされているのでそのバランスが崩れると子宮内膜は維持できず剥がれ落ちてしまうことがあります。

これが機能性出血です。特徴としては生理の周期が短くなって回数が増えたり、ダラダラと少量の出血が続いたりします。

何度もお伝えしますが器質性出血との違いはとても判断しにくいのでこのような症状が続いた場合には婦人科を受診しましょう。

50代の更年期障害の時期にダイエットをする上で“気をつけたいポイント”とは

首を傾げる女性

そもそも更年期後半は一番太りやすい

50代後半になり更年期も終盤に差し掛かり閉経を迎えると、エストロゲンの量は激減しています。

エストロゲンが減少すると今までコントロールできていた血中コレステロールが増加してしまい、太りやすくなってしまうのです。これはどうしても避けられない事実です。多少の体重の変化についてはあまり考え込まないようにしましょう。

骨粗しょう症には十分注意が必要

女性ホルモンの低下と共に骨粗しょう症のリスクは誰しもが高まります。どんなに骨太で健康だった人でもエストロゲンの低下は食い止められず、その影響で骨密度は低下していきます。

50代のダイエットではカルシウムの吸収や生成を食い止めるような食事制限や骨に負担がかかるような運動は絶対に行ってはいけません。

50代以上女性で骨粗しょう症となってしまう人は3人に1人とかなり高い確率で発症しています。(日本骨代謝学会の調査より)体重の増加も膝へは大きな負担となるので一概にダイエットだけがいけないとは言えないのですが、骨粗しょう症は最悪のケースでは歩行できなくなったり、寝たきりになったりしてしまうので後年のライフスタイルに大きく影響が出てしまいます。

とても他人事ではない病なので、骨への負担やカルシウムやビタミンDの摂取などに気をつけながらダイエットを行いましょう。

50代は太りやすい状況に特になる上にダイエットも特に慎重に行わなくてはいけないということです。

あまり太ったからといって気にしすぎてはいけませんが、太りすぎも生活習慣病やひざの痛みなどその他の部分に支障がでてくる恐れがあります。

いつものダイエットではなく食生活の見直しと適度な運動についてしっかりと見直していきましょう。(余談ですが運動には水中ウォーキングがおすすめです)

50代の更年期後半で特に気をつけておきたい3つのポイントまとめ

50代の更年期に特にかかりやすく気をつけていただきたいポイントは「イライラ・不正出血・骨粗しょう症」この3つでした。50代という年齢はホルモンバランスの乱れによってイライラしやすい状況であると同時に家庭環境などの変化が負担となって襲ってきます。

そこまでたいした問題でなくても、この時期は感情のコントロールがしにくい状況にあるということを理解しておきましょう。可能であれば相談できる身近な人を作っておき、相談できる人がいない場合はカウンセリングも有効に使ってみましょう。

不正出血をもし感じたらすぐに病院で診察し、病気でないか確認しましょう。

また、50代は骨粗しょう症に3人に1人がなるともいわれています。あるおばあちゃんは孫にハグされただけで骨折してしまったとか。笑い事ではありませんので、そうなる前にカルシウムを意識して摂取し、骨や関節に負担にならない有酸素運動を始めましょう。

こちらを見る中年女性

体重の増加も骨への負担になりますので運動は継続することが重要です。「でも、そんな時間がない」という人はサプリメントを取り入れてみるのもいいでしょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。