年齢を重ねるにつれて、なりやすい病気のひとつが高血圧。あじいちゃんおばあちゃんで高血圧でない人のほうが少ないくらいです。日本人で高血圧に悩む人は4,000万人以上とされ、高齢化社会が進むとさらにその人口は増えていくでしょう。

そんなたくさんいて身近な病気ですから、「高血圧はたいした病気ではない」と甘く見てしまう人も多いでしょうが、命に関わる病気にも深く関係しているため、必ず治療したほうがよいのです。

病院に行くと降圧剤を処方されますが、一度服用し始めると一生飲み続けなければならないケースも多いですし、耐性ができて薬が効かなくなる危険性もあります。それに副作用も心配ですよね。

袋に入った薬

そこで、体に優しく副作用の心配のない漢方で、万能薬としても知られる高麗人参を高血圧治療に役立ててみようと考えるかたもいるかと思います。
現在日本ではインターネットを通じて数多くの高麗人参サプリメントを購入することができるので、商品選びは難しいですよね。

そんなあなたに、高血圧向けに効能が期待できる高麗人参サプリメントの選択基準をレクチャーしていきます。

高血圧と高麗人参の秘密の関係性

高麗人参というと、あなたはどんな印象がありますか?

ドラックストアなどでも購入できる栄養補給ドリンクの成分にも含まれていることも多いので、きっと「滋養を補うもの」「精力をつけるもの」であって、「高血圧に対する効能はない」というイメージを持っているのではないでしょうか―――もしそうだとしたら、半分は当たっていますが半分は間違いです。

ポイントはこれ!有用成分ジンセノサイド

高麗人参には滋養系、精力系のイメージしかないかたも多いかと思いますが、実は高血圧にも力を発揮してくれるのです。それには高麗人参の主用な成分である「ジンセノサイド」に秘密が隠されていました。

興味深そうに見ている男性

ジンセノサイドには以下の2つの異なる性質・特性を持つ働きがあります。

  1. ジオール系ジンセノサイド
    ●中枢神経を抑制する
    ●高い血圧を下げる
  2. トリオール系ジンセノサイド
    ●中枢神経を興奮させる
    ●低い血圧を上げる
  3. と、血圧に関しては高血圧にも低血圧にも働きかけてくれるのです。

    栄養補給や精力剤に入っている高麗人参の成分はモリッと元気にしてくれるトリオール系ジンセノサイドなのですが、ドリンク剤の成分表記には「高麗人参」としか書かれていないことがほとんどですよね。
    だから、高麗人参は血圧を上げて元気にしてはくれても、高血圧への効能はないという印象があるのかもしれませんね。

    ≪ジンセノサイドの成分の見分け方って?≫

    ジオール系ジンセノサイドとトリオール系ジンセノサイドが含まれる部分や成分量は、高麗人参の部位や栽培工程、収穫時期によって差が出てきます。

    安らぎを与えるジオール系ジンセノサイド ⇒ 根元
    活力を与えるトリオール系ジンセノサイド ⇒ 葉や実

    に多く含まれているため、モリッと元気になれる精力剤などにはトリオール系ジンセノサイドをメインに配合されますが、一般的な高麗人参サプリメントの場合はジオール系ジンセノサイドが多く含まれた根元部分のみが使われています。

    高麗人参

    ≪信じられない!! ジンセノサイドのすごい力って?≫

    一般的な高麗人参サプリメントには安らぎを与えるジオール系ジンセノサイドが配合されているということは、イキイキはつらつになる効果はないのかというと、それは違うのです!ここがジンセノサイドの不思議だけどすごいパワーなのです。

    ジオール系とトリオール系が均等に配合された高麗人参サプリメントを飲むと、ジンセノサイドは体内に入ってからその人が高血圧のか低血圧なのかを見極めるのです。
    そして血圧が高めだと判断したらジオール系が、逆に血圧が低めだと判断したらトリオール系が積極的に作用して血圧を正常な値にまでコントロールしようと働きかけるのです。

    信じられないようなお話ですが、高麗人参は2000年以上も前から使われている漢方なだけあってたくさんの研究データがあり、その働きを裏付けている論文は多数あるのです。

    血圧をはかる男性と看護師

    ≪血圧を下げても免疫力を下げちゃダメ!≫

    論文で証明されているジンセノサイドの働きから見て、高血圧の人向けの高麗人参サプリは安らぎを与えるジオール系ジンセノサイドが多く配合されている商品ですが、実際は「根元に多く含まれている」「葉に多く含まれている」だけであって、2種類のジンセノサイド同士はくっついていて、どちらかのジンセノサイドだけを配合してサプリメントを作るということができないのが現状です。

    それなら、ジオール系ジンセノサイドが多く含まれる根元の部分から作られた高麗人参サプリならいいんじゃない?

    という考えも一理ありますが、高血圧に効能があるジオール系ジンセノサイドには身体の免疫力をセーブする力も持っているのが問題です。
    もし高血圧の人が他の病気を患っているとしたら、本来持っているバリア機能を低下させて体調を悪化させてしまう危険性もあるため、それは賢い選択ではありません。

    高血圧の人が選ぶ高麗人参サプリはこれしかない!

    トリオール系ジンセノサイドが多く配合されたサプリは血圧を上げようとする働きがあるからダメだし、トリオール系ジンセノサイドが多く配合されたサプリは血圧は下げようとしてくれるけれど免疫力まで下がってしまったらダメ・・・結局高血圧の人は高麗人参を飲むべきではないの?

    いいえ、ズバリ高血圧の人は必ず「プレミアムジンセノサイド」が配合された高麗人参サプリを選べばバッチリです!

    オッケーサインを出す女性

    プレミアムジンセノサイドとはジオール系ジンセノサイドとトリオール系ジンセノサイの配合がちょうど半分ずつという「奇跡のジンセノサイド」で、高麗人参の根元部分にごくわずかだけ含まれているために「プレミアムジンセノサイド」と呼ばれています。

    このプレミアムジンセノサイドは高麗人参の中でも最も優れたパワーがあるものとして太古の昔から最高級品とされている「紅参」に特に多く含まれています。紅参とはいちばん薬効が高いと言われている栽培から6年目に収穫された6年根の高麗人参の根をゆっくりじっくり乾燥させたものです。

    高血圧の人にベストな高麗人参サプリはどれ?

    高血圧の人は最も効果が期待できる紅参からプレミアムジンセノサイドを丁寧に抽出した高麗人参サプリメントを必ず選ぶようにしましょう。日本で購入できる紅参を使った高麗人参3大ブランドは

    • 紅麗珠
    • 金氏高麗人参
    • 正官庄

    ですが、高血圧にベストな商品はどれなのか各商品の特徴から探っていきましょう。

    紅麗珠」は主に冷え性や低血圧に悩む女性向けの商品で、めぐりをよくするためにトリオール系ジンセノサイドを含む実の部分が多く配合されています(もちろんプレミアムジンセノサイドも配合されています)。このため、高血圧の人向けの商品ではないと言えます。

    正官庄」と「金氏高麗人参」に関しては、プレミアムジンセノサイドの配合量や品質など差がありません。
    何が違うのかというと、金額です。正官庄は韓国政府が管理しているブランドなので、「政府が品質保証しますよ」というブランド料が商品本体に上乗せされています。効能に対しては大差がないので、価格が気にならないブランド重視派なら正官庄、同レベルの品質なら安いほうがいいなという節約派は金氏高麗人参を選んでみるのがいいでしょう。

    ガマ口財布

    高麗人参が血圧に働きかける仕組み

    高血圧には原因不明の高血圧である「本能性高血圧」と原因が明らかな「二次性高血圧」とがありますが、日本人のおよそ90%の高血圧患者さんが本能性高血圧です。

    本能性高血圧の場合、

    1. 血管収縮機能が上昇
    2. 血管拡張物質が下降
    3. 交感神経の働きが激化
    4. 末梢血管の抵抗力上昇
    5. 血管の反応性が加速
    6. 体内循環する血漿量の増加
    7. ホルモンバランスの乱れ

    など、遺伝子素因と環境素因のいくつかの理由が合わさって血圧を上げていると考えられているため、この理由を解決できれば高い血圧は正常値へ傾くはずです。

    ではこれらの要因に対して高麗人参がどのように働きかけるのかを見ていきましょう。

    • 【自律神経を整える】
      自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。交感神経が激化すると血圧が上がるとされていますが、ジンセノサイドは交感神経と副交感神経のバランスを整えるパワーの持ち主ですから高血圧にはうってつけです。
    • 【血管を広げる】
      ホースで水を流す時、ホースの出口をギュッと握ると水圧がかかって普通にしているよりも勢いよく水が流れますよね。それと同じで血圧は血管が太いと血圧は下がり、細くなると上がります。高麗人参には血管を広げる働きもあるので、血圧が下がりやすくなるのです。
    • 【赤血球を元気にする】
      赤血球には細い毛細血管を移動するために自由に形を変えられる能力があるのですが、この能力が低下すると血管を通り抜けられられずにドロドロ血へまっしぐら。高麗人参は赤血球が形を変える力を高めてサラサラ血をキープすることで血圧が上がるのを防ぎます。
    • 【血小板を統括して血栓の融解に加担する】
      血小板は出血部分に集まってきて血を固める役割がりますが、血液中に過剰にあると血がどろりと粘着してめぐりが悪くなります。高麗人参は過剰な血小板の凝集を抑えることで血液の粘着性を低下させる力があります。また、この働きにより、間接的に血栓の融解に役立っていることも解明しました。

    このように、高麗人参は本能性高血圧の要因とされる多くの点に対してあらゆる角度からアプローチして、本来あるべき状態をキープしようと全力でサポートしてくれるのです。

    任せなさい!といったような表情の女性

    ワーファリンと高麗人参の飲み合わせはNG?

    高麗人参は高血圧にもそのパワーを存分に発揮してくれる力強い味方ですが、取り入れる前に処方薬との飲み合わせの問題だけは注意したいところです。

    高血圧で通院されているかたの多くは降圧剤を服用しているでしょうが、中には脳血管や大動脈等の疾患予後で血栓予防が必要な場合に血液の抗凝固剤であるワーファリンを処方されているかたもいると思います。

    ワーファリンはとてもデリケートな薬で、ワーファリンの作用に影響する恐れのある薬はたくさんあります。他の薬を併用することでワーファリンの作用が強め過ぎたり、逆に効き目をなくしてしまったりするのです。
    さらに薬以外にも、ブロッコリーや納豆など体によい食べ物ですら食べ合わせNGなほどのデリケートさなのです。

    このため血液に働きかける高麗人参に対しても注意が必要と考えられます。NGではないようですが、安全のためにもワーファリンを服用しているかたは必ず事前にかかりつけ医に相談してくださいね。

    まとめ

    一般的に高血圧には効果がないと思われがちな高麗人参ですが、実は良好な関係性を持っていたことをお話ししてきました。

    高麗人参の有用成分「ジンセノサイド」には安らぎを与えるジオール系ジンセノサイドと活力を与えるトリオール系ジンセノサイドの2種類があり、高血圧のかたが選ぶべきものはこの2種類のジンセノサイドがちょうど同じ量で配合されたサプリメントなのですが、それを満たすものは「プレミアムジンセノサイド」を使用した高麗人参サプリメントだけです。

    それ以外は血圧が下がることが期待されると同時に免疫力も下がってしまう危険性なども秘めているので選ぶべきではありません。

    高血圧は心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐ろしい病気で治療が絶対不可欠ですが、病院に行くと副作用や耐性も気になる降圧剤を飲み続けさせられて、強制的に血圧を下げるという抜本的とは言えない治療をされることがほとんどです。

    その点高麗人参は身体に優しく働きかけてくれて副作用の心配もなく、長い歴史の中で高血圧に対する有用なデータも多数存在するので、高血圧のかたでも正しい商品を選びさえすれば血圧を正常値にキープすることも夢ではないのです。

    世界売上No.1の高麗人参とは?

    滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

    しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

    今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

    正官庄 正官庄