全く気づかないうちにじわじわと忍び寄るサイレント・キラー「高血圧」。きちんと病院で処方された降圧剤を飲んでいても、ある日突然、脳出血を起こし倒れてしまう。とても恐ろしい病気です。

高血圧には原因を特定できる二次性高血圧と、原因のはっきりしない本能性高血圧があります。日本の高血圧症の患者の約9割を占めるのは本能性高血圧。頭痛、肩こり、倦怠感などの症状が出ることもありますが、全く症状が出ないことも多いです。原因も分からず、自覚症状もないうちに病気が進んで行く。まさに沈黙の殺し屋です。
koroshiya-f
しかし、高血圧の原因と正体を知れば恐れることはありません。高すぎる血圧を正常にする方法を知り、正しい対策を取りましょう。

高血圧の定義

高血圧とは、収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上の状態が続くことを言います。
収縮期とは心臓が収縮し、血液を送り出す時で血管にかかる圧力が最も大きくなり、拡張期とは全身を巡った血液が再び心臓に戻る時で血圧は下がります。また、ご家庭で計る場合は病院で計る場合より少し値が下がりますので、135/85mmHg以上が目安となります。

コロコロ変わる血圧

血圧は基本的に昼が高く夜に低くなります。その他、身体の状態によって細かく変動しますので、身体を動かしているとき血圧は上がり、じっと動かなければ血圧は下がります。

また、身体だけでなく、興奮したり、ストレスや不安感など精神的なものでも血圧は変化しますし、暑さ寒さなどの環境からも影響を受けます。

ketsuatsu

家と病院で血圧が違う? 白衣高血圧と仮面高血圧

家で計れば正常値であるのに、病院で計ると高い血圧になってしまう場合を白衣高血圧と言います。医師や看護師の白衣を見ただけで緊張し、血圧が上がってしまうのです。

また、看護師さんが美人の場合に血圧が上がってしまうこともあり、これは美人高血圧と呼ばれています。逆に普段は高血圧であるのにもかかわらず、診察室で測定する時は正常値になる場合もあります。

これは正常な仮面を被った高血圧という意味で、仮面高血圧と呼ばれます。

ketsuatsu5-f (2)
病院で計った場合と家庭で計った場合の違いが大きい時は、白衣高血圧や仮面高血圧の可能性があります。

病院で計るだけではわかりにくいことですので、病院だけでなく家庭での測定もとても大切です。時間帯によって血圧は変わりますし、立って計るのか座って計るのか、また左右どちらの腕で計るかによっても変わってきますので、家庭で計る場合は同じ時間、同じ状態で毎日続けることが重要です。

正しい血圧のはかり方

排尿をすませ、1~2分程度安静にしてから行いましょう。

病院では座って行うものですので、家庭でも座って行ってください。腕は左右どちらかを決め、心臓の高さで測ります。尚、食事の後やお薬を飲んだ後は血圧が変動しますので、空腹時に行います。朝は起床後1時間以内、夜は寝る前等、毎日同じ時間で行ってください。

ketsuatsu7-f
高血圧の状態が長く続くと気づかないうちに動脈硬化が進むことになります。動脈硬化が引き起こす病は脳出血や脳梗塞、眼底出血、大動脈瘤、大動脈解離、心不全、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、腎不全など。高血圧は年をとってからなる病気だとたかをくくらず、自覚症状のない時期から血圧を意識した生活習慣を身につけることが大切です。

塩分の多い食事が高血圧を引き起こす

高血圧の原因となるのは塩分の取り過ぎと言われています。塩分と血圧の関係はまだわからない部分もあるのですが、塩分を過剰摂取すると血液の浸透圧を一定に保つために、身体は血液中の水分を増やそうとします。

塩からい食事の後に喉が渇き、水が欲しくなるのはこのためです。すると血液の量が増え、血管の壁を圧迫してしまいます。すなわち血圧が上がってしまうのです。

up10-f

痩せた人でも要注意!

高血圧は生活習慣病の一つであり、肥満の人は高血圧になりやすいのは事実ですが、痩せていても高血圧になる場合も多々あります。その原因となるのが塩分の取り過ぎです。
痩せている人の中には好きな物を好きなだけ食べても全然太らない人がいますが、むしろそれが赤信号。自分がどれだけの塩分や糖分、脂肪分を取っているかの意識もないでしょう。

ポテトチップスや、煎餅、スナック菓子はもちろん塩分が高いですが、クッキーやビスケットなど甘いお菓子にも高い塩分が含まれています。また、フライドチキンは約4本で一日の塩分摂取量1500mgを超えてしまいます。

junkfood-f
まずは間食やジャンクフードを避けることなど手軽なことから塩分摂取を控えていくようにしましょう。

悪玉コレステロールが血液をドロドロに!

コレステロールは細胞膜や筋肉を作るホルモンの材料であり、栄養分の分解吸収を担う胆汁酸の材料でもあります。LDLコレステロールはコレステロールを体内に供給する大切な役割を持っているのですが、増加しすぎる場合があります。
血管に溜まったLDLコレステロールは活性酸素を結びつき、酸化LDLと変化し、粥状となって血管をつまらせます。

これがドロドロ血。動脈硬化を進行させてしまうため、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれているのです。ドロドロ血によって血流が悪くなるため、パワーをかけないと血が回らなくなり、結果的に血圧が上がってしまいます。

dorodorochi
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は必要ではありますが、多すぎてはいけません。以下、悪玉コレステロールを多く含む食品にはどんなものがあるか見ていきます。

悪玉コレステロールを多く含む食品

悪玉コレステロールを増やすのは飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸を多く含むのは、動物性脂肪バター、牛・豚の脂身、パーム油、ベーコン、コンビーフ、ラード、生クリーム、チーズなど。前述したように、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)には重要な役割があるので、全く摂らないわけではなく、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

善玉コレステロールのこと

悪玉コレステロールがあれば、善玉コレステロールもあります。

善玉コレステロールとは、HDLコレステロール。善玉コレステロールは身体の中に蓄積された古いコレステロールを回収し、肝臓に送る働きがあります。動脈硬化を予防する働きがあるので、善玉と呼ばれています。

善玉コレステロールを増やす食品は大豆、アーモンド、赤ワインなど。チョコレートにも効果があるようですが、乳化剤が大量に含まれたチョコレートは逆に悪玉コレステロールを増やしてしまうので注意が必要です。また、適度な運動も善玉コレステロールを増やしてくれます。

活性酸素について

悪玉コレステロールは活性酸素と結びつくことでドロドロ血を作ってしまいますので、活性酸素の発生を抑えることも重要です。活性酸素はストレスによって増えます。

また、ストレスは自律神経のバランスを崩し、昼間の神経と呼ばれる交感神経の興奮状態が続くと、コレステロールや活性酸素の量に関係なく、高血圧になることがわかっています。

意識してリラックスできる時間を持ったり、自分なりの気分転換の方法を工夫して、なるべくストレスをため込まないようにして下さい。
ofuro-f

タバコで血圧が上がる?

タバコで血圧が上がるというと、驚く方もいるでしょう。喫煙者の人はタバコで気持ちが落ち着いたり、すっきりするのですから、なおさらです。

しかし、タバコの煙に含まれるニコチンが交感神経系を刺激して血圧を上げます。たばこ1本で収縮期血圧(上の血圧)が20mmHg、拡張期血圧(下の血圧)が10mmHg上昇し、その状態が15分程度続きます。タバコ20本なら、5時間以上です。

また、タバコの煙には一酸化炭素も含まれており、これが血液中の酸素不足を引き起こしてしまいます。

さらにタバコに含まれる酸化物質が血管の細胞に大きなダメージを与え、動脈硬化の進行も早まります。血管が詰まる、硬くなるということは心筋梗塞などの虚血性心臓病や突然死の危険因子が増えることでもあります。

ニコチンには麻薬と同じく強い依存性があり、一度中毒になってしまうとやめるのはなかなか難しいのですが、今は禁煙外来などで喫煙指導を受けるなど、やめるための手助けをしてくれる機関もあります。なるべくタバコはやめましょう。
tabacco

アルコールも高血圧になる!

タバコだけでなく、アルコールも高血圧症を引き起こします。アルコールは血圧を一時的に下げる効果もあるため、意外に思われる方も多いと思いますが、長期間の飲酒は高血圧の原因になります。

飲酒量が多ければ、それだけ高血圧症になるリスクも高まります。では、どのくらい飲めば、「多い」ということになるのでしょうか。

昔から酒は二合半までは薬になると言われています。二号半とは12合5勺、約0.45リットルです。しかし、厚生労働省の認める「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度。

日本酒だと1合で20gのアルコールを摂取してしまうことになりますから、昔の人の基準は今と比べると多めですね。いずれにせよ、お酒はほどほどにしないと毒になるということが昔からわかっていたということでしょう。

sake-f
アルコールは血管の収縮反応を高め、心臓の拍動を速めて交感神経の活動を活発化させることによって血圧を上げます。

しかし、昔から「百薬の長」と呼ばれてきただけあって、良い面もあるのです。少量のアルコールはHDLコレステロールを増やし、血液が血管の中で詰まりにくくします。

心筋梗塞や狭心症には少量のアルコールが予防的に働きます。タバコと違ってたしなむ程度でしたら、やめる必要はありません。

食事で血圧を下げるには

ニンニク、オリーブオイル、貝類など、血圧を下げる効果のある食材は沢山あります。毎日の食事にこれらを取り入れることで、上手に血圧を下げていきましょう。
  • ニンニク

    ニンニクに含まれる有効成分アリシンが血栓を溶かし、コレステロールを抑えます。動脈硬化予防になります。

  • オリーブオイル

    油脂が身体にいいと言われるとにわかには信じられない人もいるかもしれませんが、良い油を摂ることは非常に大切です。一般に使われているサフラワー油や大豆油などはリノール酸の含有量が多く、とり過ぎると悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

    しかし、オリーブオイルに70%も含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。動脈硬化や心筋梗塞の予防効果が期待できます。

  • 貝類

    貝類に含まれるタウリンは昂ぶった交感神経を鎮める力があります。交感神経が活発化しすぎると高血圧になるため、交感神経が抑制されることで血圧を下げる効果が期待でしますが、タウリンは特に腎臓への効果が有名です。腎臓は体内の余った塩分や水分を取り除いてくれる臓器ですが、交感神経が活発化しすぎるとうまく働くことができません。

    腎臓がうまく働けないことで余った塩分が排泄されず、血圧が高い状態が維持されてしまいます。タウリンによって交感神経が穏やかになり、腎臓がきちんと機能すれば、穏やかに血圧は正常値へ近づいていきます。

  • お酢の主成分である酢酸が細胞に取り込まれると、アデノシンという物質が出てきます。アデノシンは血管の壁を広げて血液を流れやすくし、血圧を下げます。しかも血圧が下がるのは高血圧の人だけで、血圧に異常がない人や低血圧の人の血圧を下げるわけではありません。安心して、家族みんなで召し上がってください。

  • リンゴ、バナナ、ホウレンソウ

    リンゴやバナナ、ホウレンソウなどに含まれるカリウムには腎臓に働きかけ、余分な塩分を排泄させる力があります。穏やかな塩分調整作用で、正常な血圧を取り戻します。

  • 海藻、ナッツ、豆類

    海藻やナッツ、豆類に含まれるマグネシウムはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、マグネシウムとカルシウムは塩分を調整するカリウムの働きを助けます。マグネシウムとカルシウムはバランスが大事で、カルシウム2に対してマグネシウム1が理想的と言われています。カルシウムとマグネシウムを一緒に摂ることで、効率よく栄養を取り込みましょう。 

  • 牛乳、小魚類

    牛乳と小魚類にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムが不足すると血管を収縮させる副甲状腺ホルモンなどの分泌を引き起こし、高血圧のリスクが高まります。積極的に牛乳や小魚を摂るのはもちろん、カルシウムの吸収を高めてくれる、マグネシウムを多く含む食品も一緒に摂るよう、心がけてください。

有酸素運動で血圧をコントロール

運動をすると一時的に血圧は上がりますが、適度な運動を続けることは高血圧の緩和に役立ちます。

筋肉にたくさんの酸素や栄養を運んでいるうちに血管が広がったり、自律神経のバランスも穏やかに整って交感神経の過度な緊張がほぐれ、だんだんと血圧が正常値に近づいていくのです。

目安としては、カロリー消費量が1000~1500カロリー程度の運動を週3回ほどで充分でしょう。

一気に血圧が改善されるものではありませんから、気長に続けてください。おすすめはウオーキングや簡単な体操を1時間ほど行うことです。

水泳や走ることが好きな人なら、30分程度ゆっくりと行ってください。ポイントは息を止める無酸素ではなく、有酸素運動。できれば、誰かと一緒にお喋りをしたり、笑ったりしながら行うことです。

aruku-f
それから、これも大事なことですが、少しでも喉の渇きを覚えたら我慢せずに水分補給してください。

もっと手軽に生活習慣を見直したい!食事や運動以外の対策法とは

高血圧は生活習慣病。長い間に蓄積されていくものなので、食事にしても、運動にしても効果が出るまで時間がかかります。

また、他の病気や体質、時間の関係などで運動したくてもできない人もいるでしょうし、仕事の関係で外食がちになる場合もあるでしょう。

一生のおつきあいになる降圧剤の選び方

高血圧症を薬で治すとなると、一般的には降圧剤ということです。武田薬品工業の「ブロプレス」や、ノバルティスファーマの「ディオバン」、第一三共の「オルメテック」などは人気ですし、これらは特許期間が終了しているので他にも同じ有効成分を持ち、値段の安いジェネリック薬品も続々と発売されています。
降圧剤は一生飲み続けることになるので「少しでも安い薬を」、というのは無理からぬことでしょう。

降圧剤を飲んでいれば絶対大丈夫?いいえ、そんなことはないのです。

なぜ降圧剤を飲むかというと、脳出血や脳梗塞が恐いからです。脳の血管が詰まったり塞がったりすることで脳への血流量が減り、細胞が障害を受けることを「脳梗塞」、脳の血管が破れて脳内で出血することを「脳出血」と呼びます。

でも、降圧剤を飲んでいても脳出血や脳梗塞を起こしてしまうことが多々あります。せっかく薬を飲んでいるのにどうしてなのでしょう。

それは脳の中にできる血の塊、血栓です。人間の身体は血栓ができると血圧を上げ、強い力で血栓を押し流そうとします。しかし降圧剤で血圧を下げてしまうと、血栓を流すのに充分な血圧まで上げることができないのです。それで血栓が血管をつまらせ、脳出血や脳梗塞を起こしてしまいます。
bikkuri-f

降圧剤以外に血圧を下げる薬とは

脳出血や脳梗塞のリスクを考えると、安易に降圧剤に頼ることはできないでしょう。降圧剤といった薬以外に高いめぐりを好転してくれるものといえば、自然生薬由来の高麗人参などでしょう。
降圧剤はたとえ低血圧の人が飲んでも血圧を下げてしまいますが、高麗人参はめぐりを良好な状態にコントロールしてくれるのです。

身体の状態によって正常な状態に導いてくれますので、どんな症状の人にも適しているといえます。降圧剤のようにやみくもに血圧を下げることによる副作用の心配も気にすることはありません。

isha2-f
また、高血圧の原因として考えられている、ストレスによる活性酸素の増加と自律神経の乱れについても、高麗人参は一役買ってくれるはずです。

まず、高麗人参の酸化と戦うパワーで活性酸素を追い出そうとしてくれます。そして、交感神経が緊張状態にある場合には交感神経と自律神経を穏やかに正常な状態に導き、本来のバランスを取り戻す手助けをします。

それから、体内の脂肪を分解する力にもアプローチし、栄養の消化を促して酵素を活性化させることでめぐりを良くさせるので、体重コントロールにも有望です。
ただし、血栓予防のためにワーファリンを服用している方は高麗人参との飲み合わせには注意が必要です。必ず医師と相談してください。

まとめ

高血圧はとても恐ろしい病気です。対策には症状が出る前から食事に気をつけ、適度な運動を心がけることが肝心です。

しかし、忙しい現代人には仕事やおつきあいの関係で、帰宅時間が遅くなったり、外食が続いてしまうこともあるでしょう。そんな時には、副作用の恐れのある降圧剤に飛びつく前に、副作用のない自然由来の高麗人参等を試してみるなど一工夫して頂きたいと思います。

健康は一朝一夕にはかないません。日々の積み重ねが肝心ということです。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄