体内の血流が悪く、血の巡りが滞ることで体には様々な不調が起こることがあります。血の巡りが悪く冷え性にお悩みの方の多くは、体質だから仕方ないのでは…どうしたらいいの?とお悩みの方も多いことでしょう。

血流が悪いことを体質だからと放っておくと、命を脅かす病につながることもあり、出来るだけ血行を促進し血流を改善してあげることが大切です。血行、血流を促進するための確かな方法についてお話していきましょう。

血の巡り、血流が悪い時、体の中では何が起きている

顔色の悪い女性

血の巡りが滞り血流が悪い状態の時、私たちの体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。いくつか考えられる可能性をお話しします。

①まず低血圧である場合には、血液の流れが悪いため血管の中を押し出す力が弱まっています。そのため、脳や体の末端にまで血液が十分に行き渡らず血の巡りや血流が悪くなってしまうことが起こりやすくなります。

②次に、血液中に中性脂肪やコレステロールが増えすぎてしまったり、糖分が過剰に含まれてしまうと血液がドロドロの状態になってしまいます。血中に中性脂肪が増加すると血小板が凝固しやすくなり、糖分によって赤血球が固くなり血液の流れるスピードが遅くなります。また水分が不足している状態でも血液がドロドロになりやすくなります。その結果、血の巡りや血流が悪い状態を引き起こします。

③血管は収縮と弛緩を繰り返し行うことで、血液をポンプの様にして血液を送り出しています。何らかの影響で血管そのものの働きが低下してしまうと、十分に血液が隅々まで行き渡らないので血の巡りや血流が悪い状態を引き起こしやすくなります。

低血圧によって血流が悪くなるワケとは

指をさす医者

まず低血圧である場合には、血液の流れが悪いため血管の中を押し出す力が弱まっています。そのため、脳や体の末端にまで血液が十分に行き渡らず血の巡りや血流が悪くなってしまうことが起こりやすくなります。

お悩みの方も多い低血圧にはいくつかの種類がありますが、心臓の病や睡眠薬の過剰摂取、人工透析などの明らかな原因がある低血圧症(二次性低血圧という)を除き、低血圧の症状でお悩みの方のほとんどが該当し最も多いのが「本能性低血圧」と呼ばれている原因がはっきりしないタイプです。
このように大きく二つに分けられる低血圧のタイプですが、この記事では原因不明の本能性低血圧を「低血圧」として説明していきます。

高血圧の方には、血圧を下げる降圧剤などの薬が処方されることが多くあり薬にも様々な種類が存在しています。しかし、低血圧の方に血圧を上昇する薬が使用されることはほとんどありません。なぜかというと、本能性低血圧は原因が不明であることから低血圧の人の血圧を上昇させるような薬は現在の西洋医学の医療現場の世界では存在しないのです。

ただし、血圧の高い低いと因果関係がありそうと考えられるものが一つだけあり、それは筋肉量です。女性より筋肉量の多い男性の中では、低血圧の症状をお持ちの方はあまりいません。また、女性のボディビルダーの中にも低血圧の人が少ないこともデータによって明らかにされています。低血圧を改善し血圧を上げようと運動を取り入れるなら、ウォーキングやランニング、ヨガなど軽い運動ではなく筋トレを取り入れてみることをお勧めします

しかし、実際に筋肉量を明らかに増やすような筋トレを行うとなるとかなりハードであり場合によっては超スーパーハードな運動です。筋肉量を増やし低血圧を改善しようとするのは、ある意味現実的ではないかもしれませんね。
他にも、ビタミンEは血行を促進し血流改善にも効果があると言われていますが、ビタミンEを単独で摂取することは死亡率が高まるとのデータもあるため、サプリメントなどでビタミンEを体内に取り入れることはお勧めできません。

血管が詰まるともちろん血流も悪くなる

血液中に中性脂肪やコレステロールが増えすぎてしまったり、糖分が過剰に含まれてしまうと血液がドロドロの状態になってしまいます。血中に中性脂肪が増加すると血小板が凝固しやすくなり、糖分によって赤血球が固くなり血液の流れるスピードが遅くなります。また水分が不足している状態でも血液がドロドロになりやすくなります。その結果、血の巡りや血流が悪い状態を引き起こします。

ドロドロの血液を招き詰まりの原因となる要因として、悪玉コレステロール(LDL)の増加が挙げられます。血中に溜まってしまったコレステロールは、活性酸素によって酸化され悪玉コレステロールに変化します。体内に溜め込まれた悪玉コレステロールは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など命に関わるような致命的な病の引き金にもなります。血中にコレステロールや中性脂肪を増やさない努力も大切ですが、酸化の原因になる活性酸素を増やさないようにすることも血のめぐりを改善するために必要なことでしょう。

血管の働きによって血流の流れは左右される

体調の悪そうな女性

血管は収縮と弛緩を繰り返し行うことで、血液をポンプの様にして血液を送り出して全身に流しています。何らかの影響で血管そのものの働きが低下してしまうと、十分に血液が隅々まで行き渡らないので血の巡りや血流が悪い状態を引き起こしやすくなります。

一酸化窒素は、窒素と酸素からなっている無機化合物です。一酸化窒素によって血管内の周辺の平滑筋を弛緩させ、動脈を拡張させることで血流を良くし血のめぐりを促す働きがあることが分かりました。血流改善に働きかけてくれる大切な一酸化窒素ですが、こちらも活性酸素によって攻撃され酸化させられてしまいます。

活性酸素によって生み出されてしまう悪玉コレステロールは、血管の内膜に入り込み血管内を細く狭くしてしまいます。コレステロールは活性酸素による酸化により悪者へと変化し動脈硬化をはじめとした生活習慣病を引き起こし、血管の働きを鈍くしてしまうのです。

見えない体の中で、このような不調が起こっていると血流悪化を招き代表的な冷え症を筆頭に様々な障害を引き起こす可能性が高まります。血流を改善し血流を促進するには、

  1. 低血圧を改善し血圧を上げる
  2. 血液中のLDLを減らす
  3. 一酸化炭素の働きを促進する

この3つの柱が大事であることがお分かりいただけたと思います。

血流に良い食べ物と悪い食べ物

血流を改善するには、血のめぐりを悪くする原因に合った効果を発揮する食べ物を摂取することも効果が期待できます。

低血圧を改善し血圧を上げる食べ物

かぼちゃの種、納豆、ココナッツ、イワシなど滋養を高める食品
にんにく、しょうが、唐辛子、温かい飲み物など新陳代謝を上げる食品
肉類、魚介類、乳製品、卵、豆類などのタンパク質類

中性脂肪、コレステロール値を改善する食べ物

EPAを豊富に含むイワシ、サンマ、サバなどの青魚
コレステロールを下げるα-リノレン酸を含むえごま
血中のコレステロール値を下げる効果がるカキ
中性脂肪やコレステロール値をコントロール血液サラサラ効果のあるキノコ類
血液をさらさらにし血栓予防効果のあるナットウキーゼを含む納豆

活性酸素を抑え抗酸化作用に優れた食事

ココア、カカオ、赤ワイン、ブルーベリー、りんごなどポリフェノールを含む食品
ほうれん草、小松菜、ピーマン、かぼちゃなどβカロチンが豊富な緑黄色野菜
トマト、スイカなどリコペンを含む食品
玉ねぎ、シソ、豆類などフラボノイドを含む食品
セサミノールを含むゴマ
ブロッコリー、キャベツなどのビタミンCを含む食品
緑茶、紅茶、ルイボスティーなど活性酸素を抑制する飲み物

お盆に乗った緑茶

これらご紹介した食品を参考にして、まずは血流を良くする食事内容を見直してみましょう。

血流改善を促してくれる漢方を紹介

血流を改善し血行を促進するには、低い血圧を上げることと血液中のLDLを極力減らしサラサラの流れを作ること、一酸化窒素の働きを促進することの3本の柱が大切で、それらを実現するためには食生活を見直すことも大切なことです、とお話しました。

ただし、食生活を改善するということは実行してみると意外と大変なこともあり、ダイエットメニューのような低カロリーでヘルシーなメニュー中心になることもあり、長く続けるには困難でなかなか継続することが出来ない方もいらっしゃると思います。そんな方のために、紹介しておきたいのが漢方の王様であり万能薬とも言われていている高麗人参です。

高麗人参の主に根の部分に多く含まれているジノセノサイドと呼ばれている人参サポニンには、様々なプラスをもたらす働きがあります。体内をさび付かせ血のめぐりをも鈍らせてしまう活性酸素に対して活躍してくれる働きがあり、体のめぐりをスムーズに促してくれる手助けもしてくれます。低い血圧を押し上げてくれるので、全身の流れが滞ることなくイキイキとした毎日をサポートしてくれるでしょう。

国内外のいくつもの論文でこれらのパワーが実証されています。あくまで大切にして欲しいのは食生活の改善であり、可能であれば筋トレによって筋肉量を増やすと更に血流の改善に効果を得られるでしょう。しかし、なかなか実行に移すことが難しいなら、お話した高麗人参を助っ人として頼りにしてみることをおすすめします。

冷え症対策には美健知箋(びけんちせん)がオススメです

冷え性対策で重要なのは、短期的には生姜の摂取、長期的には高麗人参の摂取を当サイトではおすすめしています。

特に滋養強壮で有名な高麗人参は、温もりを感じ「巡り」も改善する効果がある有用成分で、冷え性に悩む欧米の主婦層に圧倒的な支持を受けている漢方成分なのです。

その生姜と高麗人参の両方が含まれている商品でおすすめしたいのが「美健知箋(びけんちせん)」です。

イチローが愛飲しているユンケルを販売している佐藤製薬製なので信頼性も抜群です。

あのポリフェノールまで含まれているので、冷え性対策だけでなく女性の体全般をサポートしてくれることは間違いないでしょう。