最近では色々なメディアで取り上げられることが多いので、美容や健康についてちょっとでも気にしている人なら、きっと活性酸素という言葉を聞いたことがありますよね。老化や生活習慣病などさまざまな不調の原因となっている憎たらしいやつです。なので、できることなら、こいつを体の中から減らしていつまでも元気に若々しくいたいと思いませんか?
前述しましたが、多くのメディアで取り上げられることからもお解かりになる通り、活性酸素に関する情報やそれを取り除くためのアイテムが今の世の中には溢いて、中でも、抗酸化サプリメントやビタミン剤と言った抗酸化をサポートするなど、まさにサプリメント商品の販売においては、抗酸化という言葉がブームになっています。
そして市販されている抗酸化サプリメントを摂取することで抗酸化物質を摂取しようとしている人も多いのではないでしょうか。
でもちょっと待って!あなたの取り入れているサプリメントはホントに抗酸化作用がありますか?摂取するタイミングとか摂取の仕方は正しいですか。その方法でホントに大丈夫ですか?
今回は活性酸素と抗酸化物質について、注目していきます。そして、ハイリターンですが、リスクのとても低い活性酸素への対抗策について突っ込んで説明して参ります。

活性酸素ってどんなもの?

?を浮かべるウサギ

最近ではすっかり身近な言葉になってここ数年でずいぶん身近な言葉になった「活性酸素」。
けれどそれについて、正しく理解している人はそう多くないのが現実です。まずは活性酸素についての理解を深めていきましょう。
私たちは生命維持のため、絶えず呼吸をしています。それにより取り込まれた酸素は、別に摂取された栄養素を燃焼させて、体に必要なエネルギーを生成するために使われますが、取り込まれた酸素が100%使用されるわけではありません。取り込まれた酸素のうちの約2パーセントが活性酸素になってしまいます
非常に強い酸化力を持つことが活性酸素の最大の力特徴です。酸化とは化学反応のひとつで物質が酸素と化合して、酸化物という別の物質変化することです。
いきなり難しいですか?では、言葉を変えましょう。よく、釘など付着している赤茶色や黒の物質を想像してみてください。あれは何ですか?サビです。「サビ」といえばイメージしやすいですよね。黒サビは鉄が酸素と化合され、酸化鉄となったものです。最初はピカピカと光っていた釘が酸素によって酸化されてサビだらけになってしまう。
活性酸素が身体をサビさせる」というよく耳にするフレーズも、この錆びた釘と同じ状態です。
活性酸素は持ち前の強い酸化力で、体内に入り込んだ細菌をやっつける役割を担っています。一方で、身体にとって必要な細胞も攻撃し、サビさせてしまいます。こうして、体に現れるのが肌のシミや皺などです。つまり、老化、生活習慣病などあらゆる病気の原因はこの活性酸素なのです

活性酸素の4種類

活性酸素はその特徴によって次の4つの種類にわけられます。
指をさす医師
  1. スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)
  2. 悪玉活性酸素で、フリーラジカルに分類されます。フリーラジカルとは、ウィキペディアによれば、「不対電子を持つ原子や分子、あるいはイオンのこと」を指します。このスーパーオキシドアニオンラジカルは、他の活性酸素に変化する前の段階、前駆体と呼ばれる状態です。

  3. ヒドロキシルラジカル
  4. スーパーオキシド同様、悪玉活性酸素でフリーラジカルです。4種類の中で一番凶悪な性質を持っています。活性酸素が身体を損傷させる場合、多くはこのヒドロキシルラジカルが原因とされています。

  5. 過酸化水素
  6. 悪玉活性酸素ですが、フリーラジカルには該当しません。

  7. 一重項酸素
  8. 4種類の中では唯一の善玉活性酸素です。フリーラジカルにも該当しません。

一般的に、活性酸素=フリーラジカル=身体の敵と思われていますが、それは決して正しい認識ではありません。確かに4種類のうち、3つは悪玉ですが、そのうち過酸化水素のようにフリーラジカルに該当しないけれども悪玉の活性酸素もあれば、一重項酸素のように身体に有益な活性酸素もあるのです。
サプリメントを選ぶときには、活性酸素が全て悪者ではないということは頭に入れておいて選んでください。
フリーラジカルを除去します」とか「活性酸素を除去します」という謳い文句だけでは、そのサプリメントの効能を見落としてしまうことになりかねませんし、必要な活性酸素まで取り除いてしまい健康状態を悪化させる原因となる可能性すらありますのでご注意下さい。

その対策は本当に大丈夫!? – 抗酸化サプリメントの落とし穴

考えるネコ

活性酸素の話題では、かならずセットにされる言葉が「抗酸化作用」です。活性酸素に対抗するから抗酸化作用。いかにも良い言葉のようです。
体内で機能しているあらゆるもの、酸化する=錆びつくと、正しく働くことができなくなります。その状態を放置すると、さまざまな病気の原因となります。「抗酸化作用」とは、身体の中を錆びつかせないようにすることです。つまり活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防したり老化を抑えたりすることを指します。
活性酸素を除去する酵素としてはカタラーゼ、スーパーオキシドディスムターゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、グルタチオン還元酵素などがもともと体内に存在しています。また、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ビタミンA、グルタチオンなどは体内にはない抗酸化物質で、スカベンジャーとも呼ばれています。
体内が活性酸素によって酸化されることによって引き起こされる生活習慣病や老化を放っておくのではなく、積極的に防ぐため、ドラッグストアなどで手軽に摂取できる抗酸化サプリメントは、近年とても人気を博していますね。この投稿をお読みになっている方の中にも常用している人も多いと思います。もちろん、酸化を防ぐために、抗酸化物質は積極的に摂るべきものです。
けれど安全性について、とても気になる論文が近年発表されているのです。
青ざめるパンダ
それが、「サプリでまさかの死亡リスク上昇!~恐怖の「プレオキシダント効果」とは~」という論文です。論文の概要は「抗酸化サプリメントが寿命を縮める」というものです。コペンハーゲン大学病院の研究者が、2007年2月にアメリカの医学雑誌(American Medical Association Study)に発表したものです。
対象者は23万2606人におよび、68件の無作為研究、385の論文を調査した結果、βカロテンで7パーセント、ビタミンAで16パーセント、ビタミンEは4パーセント死亡リスクを高めることが分かりました。
また、ビタミンを主にしたサプリメントの摂取で脂肪率が上昇することは他にもさまざまな論文で示唆されています。サプリメントを健康維持のために摂取しているはず事が、却って健康を害しているのです。「なぜ?」って思いませんか?
それは「プロオキシダント効果」によるものとされています。
これは、生体内で抗酸化物質として作用しているものが、逆にラジカルとなり酸化作用を持ってしまうというもの。特にビタミンCはラジカルになりやすい性質を持っています。また、単一の抗酸化剤ほど参加を促進することも2011年4月にFrontiers in Gastroenterology誌で報告されています。
簡単に必要な成分を摂取できるサプリメントは確かに便利ですが、取れる栄養が単一になりがちです。また効果を期待するあまり適正量を超えて過剰摂取してしまいがちです。このことからも医師など専門家の指導によるものでないかぎり、活性酸素を除去するために抗酸化物質を摂る場合、抗酸化サプリメントはリスクの高い方法といえるでしょう。
それよりも、むしろ自然食品として摂取する、あるいは体内にもともとある抗酸化酵素を増やす方がリスクも少なく良い方法といえるのではないでしょうか。

食生活改善の第一歩に – 抗酸化物質の多い食材

どのような食品に抗酸化物質が多く含まれているのでしょう。お勧めの食材を紹介していきましょう。
黒板の前で教えているネコ
  • ピーマン
  • バナナ
手軽に手に入りデザートとしても簡単に摂れるバナナは、抗酸化食品の代表格です。さまざまな食品の中で最も高い抗酸化作用を持っています。βカロテンをはじめ、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ケルセチン、ミリセチン、ポリフェノール類など多くの抗酸化物質を含んでいます
  • 緑黄色野菜
緑黄色野菜の緑やオレンジなどの鮮やかな色は、カロテンの色です。カボチャやニンジン、ピーマンには特に豊富に含まれています。
  • トマト
トマトに多く含まれているリコピンは強い抗酸化作用を持つ成分として知られています。
  • ニンニク、ショウガなどの香味野菜
ニンニクの香りの成分で有名なアリシンには抗酸化力があります。体内の活性酸素対抗するためのとても強い力を持っています。また、抗菌力に優れているため、体を様々な敵から守ってくれるのです。
  • 大豆
大豆の成分として、近年注目を浴びているのが大豆イソフラボンです。女性ホルモンと似た形をしており、それらと似たような働きをすると言われているため女性の老化を防ぐといったイメージがありますね。実は、このイソフラボンも高い抗酸化作用を持っているのです。女性の老化防ぐ頼もしい味方といっても過言ではありません。
食事をするクマ
上記で上げた食品を摂取することで悪玉である活性酸素を減らせます。手に入れるのも調理するのも簡単なものばかりですね。ぜひとも、毎日の食生活に意識して取り入れていってみてください。

え、無敵の栄養素ではないの?ポリフェノールの知られざる弱点

さて、次に考えたいのが、抗酸化作用のある食品や成分として有名なポリフェノールです。近年ではその高い抗酸化作用から、美肌や老化防止に大変効果的な成分として引っ張りだこです。ここではそんなポリフェノールについて解説していきましょう。
ポリフェノールとは、植物の苦みや渋み、色素の成分となっている化合物の総称です。自然界には5,000種類以上存在しています。
例えばコーヒーに含まれているクロロゲン酸、みかんに含まれているヘスペリシン、緑茶のカテキン、玉ねぎのクエルセチン、ブルーベリーに代表されるベリー類に豊富に含まれているアントシアニンなどは全てポリフェノールです。赤ワインの赤色はポリフェノールの色です。
コーヒー
その最大の特徴は強力な殺菌作用抗酸化作用です。がん、高血圧、糖尿病の予防・改善や、中性脂肪の低下、疲労回復に効果が期待できるとされています。
ただし過信は禁物です。ポリフェノールにも弱点はあります。実は、すでに発生してしまった悪玉活性酸をやっつける力はないのです。
つまり、ポリフェノールの抗酸化力と言われている力は、あくまでも「悪玉活性酸素の合成を防ぐ」というもの。これから体内に入ってこようとする悪者の侵入は防げるけど、すでに体内に存在している悪者をやっつける力はないのです。
ですから、活性酸素に対抗するためにポリフェノールだけに頼るのは危険です。ウルトラマンなしに地球防衛軍だけで怪獣に戦いを挑んでいるようなものです。

食事療法以外で悪玉活性酸素に対抗するには

前述しましたように抗酸化サプリメントには死亡率が高まるリスクが認められていますし。活性酸素を体内から除去するために大切なのは食事療法です。
しかし、食事によって活性酸素を除去することが基本中の基本となります。ですが、楽しみや団らんの一面が食事にはあることも忘れてはいけません。活性酸素を取り除くために過度に食事を制限してしまうのでは、却って、食事そのものがストレスになってしまっては、本末転倒、それが一番良くないことです。
また、制限食を用意するのはどうしても若干の手間暇がかかります。仕事をしながら、あるいは育児をしながら、食事制限を続けていくは正直難しいでしょう。
でももしも、食事制限以外で手軽に、かつ死亡率などのリスクもなく安心して行える活性酸素対策があれば、生活に取り入れたいと思うはずです。
そんなものがあるはずがないと思われていませんか?いえいえ、実はあるのです。
自信たっぷりに手をあげるネコ
それが、高麗人参です。
ここからは、その高麗人参について説明をしましょう。
高麗人参はウコギ科の多年草です。朝鮮・中国が原産で、古くから薬用に栽培されてきました。その歴史は大変古く、4000年以上前から重用されてきたという記録が残っています。
ジンセノサイド、アルカロイドといった含有成分が非常に豊富で栄養価が高く、多岐に渡る効果を持っているのが特徴。身体のあらゆるバランスを整えるためのサポートをしてくれます。
では、高麗人参と活性酸素にどのような関係があるのでしょうか。
前述しましたが、活性酸素に対抗するには、食事療法ともうひとつ体内にもともとある抗酸化酵素を増やしていくという方法です。実はこの高麗人参には、体内の「抗酸化酵素」を増やす力があることが実験によって科学的に証明されているのです。
富山医科薬科大学の横澤隆子博士らは腎不全のラットを使って高麗人参の効果を研究しました。抗酸化酵素は主に腎臓で作られるため、腎不全になるとその産生が低下してしまいます。横澤博士らは3種類のラットを用意しました。健康なラット、腎不全のラット、腎不全でなおかつ高麗人参を投与されたラットの3種です。そしてそれぞれの抗酸化酵素の産生能力を調べて比較しました。
その結果、腎不全でなおかつ高麗人参を投与されたラットは、腎不全だが何も投与されなかったラットに比べて抗酸化酵素の産生能力を回復させていることが分かったのです。
嬉しそうなお医者さん
また、韓国ソウル大学の金博士らは、高麗人参が遺伝子レベルで抗酸化酵素の産生能力を高めることを確認しました。
体内に既に存在している抗酸化酵素を増やすことで、活性酸素に対抗する力をアップするのが、高麗人参が持っている力です。抗酸化酵素を増やすことで、これから入ってくる活性酸素もいまここにある活性酸素も両方に対抗することが可能です。
つまり、入ってくる活性酸素にしか効果を発揮できないポリフェノールの弱点をしっかり補って、さらに強めてくれるのです。高麗人参はそんな頼れる相棒的な存在なのです。
さらに高麗人参にはビタミンCをはじめとした多くのビタミンを含有しているため、わざわざ、それぞれを含んだサプリメントを摂取しなくても、高麗人参を摂取するだけで、抗酸化物質を摂取できるという、大変優れた食品なのです。
漢方サプリメントとしてみた場合でも、ビタミンだけでなく、ポリフェノール類など他の抗酸化物質もほとんど全て成分として入っているスーパーサプリメントなのです。ひとつのサプリメントにおまけがついているようでちょっと得した気分になりますね。
複数のサプリメントを購入しないですむので、お財布にも優しいサプリメントといえますね。

まとめ

さて、ここまで活性酸素とその対策法、そして、抗酸化作用を実現する食品として高麗人参を紹介してきました。
しかし、活性酸素対策で最も大切なのは食事療法です。現在の食生活をしっかりと検証し、悪いところがあれば見直し、抗酸化物質を多く摂取するよう心がけましょう。その際、添加物などのない自然食を摂取するようにしていきましょう。
けれど続けるのが難しいのが、食事療法のデメリットでもあります。食事制限はともするとストレスを生みがちですし、仕事上の付き合いや家事育児の煩雑さなどからどうしても続けられずに挫折してしまいがち。
そんな忙しいストレスフルな現代のみなさんの「困った」をひとつでも解消するために役立つアイテムのひとつとして、高麗人参を紹介させていただきました。
サプリメントなら、手に入れるのも摂取のも簡単ですし、多くの抗酸化物質を同時に摂ることもできるため、忙しいあなたには最適なアイテムではないでしょうか。
身体のサビは百害あって一利なしです、活性酸素をやっつけて、いつまでも健康で若々しくいられるようにサプリメントを上手に活用していきましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄