一般的に40代後半から50代後半の、閉経を挟んだ前後10年間ほどの時期を「更年期」と言います。その感に起こる体の変化やそれに伴い感じる不調を「更年期障害」と呼びますが、閉経時期には個人差があり、40代前半の女性でも何らかの症状が出てくる人もいます。
最近では、早い人で20代後半~30代に、更年期症状と同様の症状が、現れる人がいて、「若年性更年期障害」と診断される人が増えています。更年期症状は、女性ホルモンが関係していますから不調を放置しておくと、「不妊症」になってしまう場合がありますから、将来、妊娠を希望される方は症状が出たら早めに対策が必要です。
ここではそんな若年性更年期障害についての症状やチェック方法、対策について説明していきたいと思います。

若年性更年期障害ってどんな病気?

20~30代の女性に発症する更年期障害に似た症状を若年性更年期障害または、プレ更年期障害と呼びます。
いわゆる更年期の時期に起こる症状には、「イライラ」「のぼせ」「不眠」「発汗」など、他にもいくつかあり、これらは全て加齢により女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が減り、自律神経の働きが乱れることで発症します。
イライラしているネコ
一方で「若年性更年期障害」も、これらと同様の症状が起こりえます。
本来であれば女性ホルモンが、活発に分泌されるべき時に、男性と同じように働くようになり、仕事の責任を負い、それに伴う人間関係の複雑化や、さらに残業の増加などにより精神的にも肉体的にもストレス過多な状態に陥ることが原因で、若年性更年期障害を発症すると言われています。
また、様々な人と接する中で、その外見を気にするあまり、過度のダイエットを行なったり、逆に暴飲暴食したりするなどの不規則な食生活も身体に負担になります。それらが原因で生理不順やPMSが悪化してしまうことがあります。これは女性にとってよいことではありません。20~30代はこれから妊娠、出産をする時期でもあり女性ホルモンのバランスが、整っていることが望ましいです。

セルフチェックで診断!5つ以上当てはまれば要注意!?

若年性更年期障害のセルフチェック項目をリストにしてみました。思い当たる方は是非チェックしてみてください。
<セルフチェック20項目>

  1. 月経不順や月経痛が時々ある
  2. 頭痛やめまいがある
  3. 肩こりや腰痛が治らない
  4. 疲れがなかなか取れない
  5. のぼせやほてり感がある
  6. 耳鳴りがする
  7. 肌が乾燥しやすくなった
  8. 抜け毛や白髪が増えた
  9. 便秘や下痢になりやすい
  10. ドライアイ、ドライマウスになる
  11. 寝付きが悪い
  12. トイレにいく回数が増えた
  13. 著しい体重の変化がある
  14. 食欲がない
  15. イライラする
  16. 仕事や家事をさぼりたくなる
  17. 記憶力や集中力が鈍くなった
  18. 楽しいことや笑うことが減った
  19. 気持ちが落ち込むことが多い
  20. 人と話すことが億劫になる
これらの20項目のうち複数個に○がついたら若年性更年期障害かもしれません。
あくまでもセルフチェックですが、原因不明な体調不良が起こった場合「若年性更年期障害」なのか「他の病気」なのか、自分では判断せず、すぐに医療機関で診察を受け、場合によってはすぐに治療を受けることが望ましいです。

若年性更年期障害 病院で行う診断と検査について知りましょう

若年性更年期障害かもしれないと医療機関を受診した場合、その体の異変が、早期閉経による更年期障害なのか、自律神経の乱れによる若年性更年期障害なのかは血液検査をして女性ホルモンの分泌量を調べるとすぐに判ります。
笑顔の女医さん
以下に検査で判ることについてまとめてみました。

血液検査

脳から分泌されるLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)という2つのホルモンの量と、卵巣から分泌されるエストラジオール(卵胞ホルモン)の分泌量を見ます。
一般的な閉経状態のホルモン値に近い値だと閉経による更年期障害と判断されますが、そうではない場合は、卵巣機能低下による自律神経失調症の状態である可能性が高くなります。つまり若年性更年期障害かもしれないのです。

超音波検査や細胞診

最初に行なわれるのが血液検査ですが、それで更年期障害ではないと判断された場合は、より詳しい検査として、超音波検査や細胞診を行ないます。
これらの検査により、他に病気が潜んでいないかを検査することができます。卵巣や子宮などを調べることで、臓器の機能低下などを詳しく見ることができます。ただし、これは、血液検査では判別できない病気の可能性がある場合のみに実施されます。

その他の検査

脳や各臓器などの検査でMRIやCTを使うこともあります。
以上のようなさまざまな検査で若年性更年期障害とよく似た症状が出る他の病気が潜んでいるかどうかを調べ、他の病気がないことが確認された場合、若年性更年期障害と診断されます。
更年期障害の場合は、年齢(40代後半~50代であること)が診断基準の大事な指標となりますので、年齢がその範囲外の場合は、若年性更年期障害やその他の病気が疑われる可能性が高くなるのです。

若年性更年期障害と更年期障害の違いとは?

では、この若年性更年期障害と、更年期障害とは一体どういった違いがあるのでしょうか?
疑問を感じているウサギ
更年期障害は、最初にもご説明しましたが、一般的には閉経前後の約10年間に見られるイライラやほてり、のぼせ、発汗、冷え、頭痛、便秘、貧血などの症状を言います。これは通常、閉経に至る過程で徐々に卵巣機能が低下してきて、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減ってくるためです。
これにより、ホルモンバランスの乱れが起こり、その影響で自律神経にも乱れが生じてしまうので、更年期障害は自律神経失調症に分類されるのです。
一般的に閉経の平均年齢は、50歳前後とされています。しかし、現代女性は、昔に比べて人間関係によるストレス睡眠不足疲労などによって女性ホルモンのバランスが乱れ、それが原因で、閉経が早い女性が増えています。平均的な更年期障害発症時期よりも早く更年期障害の症状に悩まされる女性も増えています。
また、実はまだ閉経していない女性にも更年期障害のような症状が見られるケースが増えています。閉経していないので、更年期障害ではありませんが、更年期障害と同じような体の不調が起こるため、これらを若年性更年期障害と呼びます。
更年期の年齢に達しておらず、閉経していないのに、起こる若年性更年期障害の原因は、疲れやストレス、睡眠不足、過度なダイエットなどです。こういった原因で栄養不足やホルモンバランスの乱れが起こり、それが自律神経に影響を及ぼし、自律神経系が不安定になり起こるのです。
つまり、若年性更年期障害もまた、自律神経失調症に分類されるのです。
更年期障害も若年性更年期障害も、原因はホルモンバランスの乱れと自律神経の調節の乱れによるという点で共通していますが加齢によって起こる、ある意味すべての女性が経験するものが更年期障害とするならば、不規則な生活やダイエットなどによって起こる、いわばストレス社会に特有の症状=若年性更年期障害というように分けることも可能です。
説明するお医者さん
念のため、若年性更年期障害の発症のプロセスを簡単にご説明しましょう。
①仕事や人間関係のストレス、過度なダイエット、過剰な美意識などにより感情が乱れる
②感情が乱れることにより交感神経の働きが活発になり、副交感神経が働き辛くなり、自律神経のバランスが乱れる
③自律神経が見だれることにより、女性ホルモンにも影響が出て、分泌されるホルモンが少なくなる
④女性ホルモンの分泌が低下することにより、生理不順になる
②→③のルートには別のルートがあります。
②感情が乱れることにより性腺刺激ホルモンを出させるためのホルモンが出なくなる
③女性ホルモンが出にくくなる
④女性ホルモンの分泌が低下することにより、生理不順になる
ルートが一部違うものがありますが、どちらにしても、年齢によるものではなく、女性ホルモンの分泌のバランスが崩れてしまって起こるのが若年性更年期障害です。
参考までに更年期障害の発症プロセスを以下に記しておきます。
  1. 加齢により卵巣の働きが悪くなり女性ホルモンが出にくくなる
  2. でも、視床下部はそれを知らずに「性腺刺激ホルモンを出させるためのホルモン」を出す
  3. 性腺刺激ホルモンが下垂体から出て卵巣に「女性ホルモン出せ」と指令する
  4. 卵巣が加齢によって昨日が低下しているので女性ホルモンが出ない
  5. いくら命令しても卵巣から女性ホルモンが出ないので視床下部が混乱してくる(乱れてくる)
  6. 視床下部が混乱すると視床下部で仕事をしている自律神経も連動して乱れてくる→ホットフラッシュなどの各種、更年期障害の症状が出始める
  7. 「感情」も「自律神経」と同様に視床下部が職場なので感情も連動して乱れてくる→イライラする(更年期障害の主症状のひとつ)
ちなみに若年性更年期障害は自律神経失調症に分類されるとご説明しましたが、いわゆるうつ病も自律神経失調症に分類されます。
うつ病とは、自律神経の乱れから引き起こされる病ですが、若年性更年期障害との決定的な違いは女性ホルモンのバランスが乱れているかいないかです。

あなたのストレス解消法は間違ってない?正しくストレスを解消して、若年性更年期障害とサヨナラしましょう

誇らしげな顔をしているネコ

若年性更年期障害を発症する一番の原因は、日々のストレスであることは解っていますので、ここでは、そのストレスを解消する方法について考えていきましょう。そもそも、あなたはどのような方法でストレスを解消していますか?その解消法は正しいですか?
もちろん、ストレスをなくしてリラックスするための方法は、人によって違います。千差万別、100人の人がいれば、100通りの方法があります。ですから、これからご紹介することをあくまでも参考にしていただいてご自分に合った方法を見つけていただければ幸いです。

①スポーツで思い切り体を動かしたり、スポーツ観戦を楽しんだりする お勧め度:低

一般にストレスを解消する方法としてあげられることの多いのがこれですね。楽しんでやっているのでストレス発散や解消になっているとされていますが、実は交感神経が優位になってしまっていて、神経は常に興奮している状態なのです。
スポーツ以外にも賭け事やショッピングもこれに分類されます。

②散歩/登山、読書、映画鑑賞などをゆっくり楽しむ お勧め度:中

交感神経が常に優位にあるわけではないので、①よりも体に良いストレス解消法ですが、副交感神経が活発に活動してお休みモードにあるわけではないので、お勧め度は中です。

③森林浴/温泉、アロマテラピー、ヨガなど お勧め度:高

ここで挙げた中では、もっとも副交感神経が働くので、楽しい上に交感神経も高ぶらないストレス解消法です。ゆっくり気持ちを落ち着けるには最適といえるでしょう。
リュックを背負って歩いているウサギ
もちろん、自分がストレスを感じないと思うことが一番良いので、①、②でストレスを解消することは良いことです。ただし、自律神経を整える意味から言えば、楽しい上に交感神経は高ぶらないことが一番です。自分が気持ちいいなと感じ、自然と笑顔になるようなことから試してみてください。

日々のストレスが大きすぎて趣味だけではストレスを解消できない人にお勧めしたい高麗人参

若年性更年期障害は日々のストレスが原因であること、そしてその解消法についてご紹介してきましたが、ストレスになりうることはいろいろあるので、色々やっているけど、それでもストレスが溜まってしまうという方のために、ご紹介したいのが高麗人参です。

高麗人参は毎日の生活を快適にするための強力なサポーターになってくれます。ストレスがかかると眠りも浅くなりがちで良い睡眠が取れないことがあります。また、疲れやすくなり、毎日のパフォーマンスが落ち、それが、さらにストレスを溜めることになりますし、女性であれば、生理不順につながります。
高麗人参はめぐりをよくする助けになり、さらに気分も安らぎます。健康リズムが整うことで気持ちも安定するので、キリキリすることもなくなります。毎日様々なストレスにさらされる女性にとって、高麗人参は最高のサポーターなのです。

まとめ

ストレスを少しでも減らして、毎日穏やかに過ごせることが、若年性更年期障害を予防するためには一番です。そのために、自分にとって何がストレスなのかを理解して、解消する方法を見つけましょう。
ストレス解消のために何か趣味を持つこともひとつですね。そして、楽しめるものとともにあなたをストレスから守るサポート役として高麗人参を生活の中に取り入れてみることをお勧めします。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参