更年期障害は中高年の人が起こす症状と思われているかもしれませんが、現代社会では25歳から35歳前後に更年期障害のような症状に悩まされる女性が増えており、その症状を若年性更年期障害といわれています。昔と比べると、女性の生活習慣は大きく変化してきています。

例えばパソコンへ向かう時間が過剰なほどに増加し、体調不良を起こしても仕事は無理にでも出社したり、妊婦や産後の女性でさえも働くことを余儀なくされています。このような状況は一段と増してきており、女性の体への負担は計り知れないほど増加しているのです。

このような社会環境になったのは戦後しばらくしてからと思うとまだ半世紀も経っていないのです。かかりやすい病気の種類が変化しているのは当たり前のことかも知れません。

この記事では若くして若年性更年期障害に悩む方へ、まずは若年性更年期障害がどんな症状なのか、そしてそのチェック方法について解説していきたいと思います。

若年性更年期障害とはなんでしょうか?

頭にハテナを浮かべる女性

更年期障害とは平均でいうと50代前後の閉経を迎える女性が起こしやすい症状のことをいいますが、若年性更年期障害とは25歳から35歳前後女性がホルモンバランスや自律神経のバランスが何らかのストレスや負担によって乱れることで更年期障害と同じような症状を発症してしまうことをいいます。

この状態を最近では「プレ更年期障害」とも呼ばれたりしますが、最近ではそこまで珍しい症状ではなくなってきたのです。若年性更年期障害の主な症状は、生理不順や頭痛、めまいなどの症状が起こったり、体がほてったりと症状はさまざまです。

若年性更年期障害は「自律神経失調症」の一種であり、老化によって起こっているわけではないので誰にでも起こる可能性はあります。

これを放っておくと重い病を引き起こしかねませんので、まずはあなたが起こしている体調不良は若年性更年期障害かどうか知っておきましょう。

若年性更年期障害のセルフチェック

チェックボックス

これから提示される項目は若年性更年期障害が起きたときに起こる症状です。この機会に、あなたはいくつ当てはまるのか確認してみましょう。

□顔のほてりが治まらないときがある

□生理不順である

□疲れやすく、疲労が溜まりやすい

□無性にイライラする

□頭痛またはめまいがして、フラつくことがある

□手足などの末端が冷える

□ときによって無性に神経質である

さて、あなたには思い当たる節はありましたか?

厳密にいうと若年性更年期障害の症状は、他にもさまざまな症状が起る可能性があるので、いくつ当てはまったからといって若年性更年期障害とは断言できないのですが、ひとつでもこれらの項目で悩んでいることがあったとしたら若年性更年期障害の可能性があるので、一度婦人科へいって検査することをおすすめします。

若年性更年期障害は病院でどうやって診断されるの?

病院

実は若年性更年期障害でも更年期障害でも病院に行って、血液検査をすればその症状なのかどうかはどちらもすぐに分かります。

血液検査で採血した血液は、血中の女性ホルモンの分泌量を調べホルモンの状態を確認することができます。体内のホルモン量が低下し、閉経時と同じような数値になっていたとしたらあなたは若年性更年期障害です。

また、ホルモンの値が正常で若年性更年期障害の症状が起きていたとしたら、他の病気が潜んでいないかを確認する必要が出てきます。

はっきりいうと採取した血液のホルモンの数値さえ見れば若年性更年期障害かどうかは判別できるのです。

ホルモン量を検査できるのは一般的には内科ではなく婦人科となりますので病院を受診する際は婦人科へ行ってください。

更年期障害と若年性更年期障害の違いとは

笑顔の看護師

更年期障害も若年性更年期障害の医学的にいうと「自律神経失調症」に分類されます。

どちらも、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れて起るという面では同じなので同じような症状が起るのですが、原因も似ているようで実際は異なります。

更年期障害とは加齢と共に卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が低下することによりホルモンバランスが乱れ同時に自律神経のバランスが乱れることで自律神経失調症になります。

一方で若年性更年期障害とは日々のストレスや、過剰なダイエット、不規則な生活などによって自律神経のバランスが乱れ、それに連なりホルモンの分泌がうまくいかずホルモンバランスが乱れてしまうのが若年性更年期障害です。

一見、同じような症状だとしても原因は異なり、逆の原理で不調を引き起こしていたのです。

自律神経失調症と若年性更年期障害の分類はどのようなところかというと、自律神経だけが乱れている状態であれば自律神経失調症と呼び、自律神経の加えて生理不順を引き起こしてしまっていたら若年性更年期障害ということです。

若年性更年期障害は自律神経失調症のひとつの病なのです。

分かりやすい例を出すと、うつ病も自律神経失調症の一種です。自律神経が乱れ、不安や閉鎖的な考えばかりが起ってしまう症状をうつ病と呼んでいます。自律神経失調症とはこのような病の総称であるということです。

うつ状態の女性

更年期障害については自律神経失調症の一種だとしてもストレスなどの心の負担などで起るわけではありません。あくまでもホルモンバランスが先に乱れたことによって自律神経が動かされている部分へ障害が起るのです。

簡単な図にしてみていきましょう。

●若年性更年期障害

①ストレスや過剰なダイエット
②感情の乱れが起きる 
③自律神経の乱れ /または、③ホルモンを出すよう刺激するホルモンの低下
④卵巣機能の不調      ↓↓

結果:女性ホルモンが出にくい状態になり、若年性更年期障害が発生

●更年期障害

①加齢による卵巣機能の低下
②脳の視宋下部は女性ホルモンが足りず、ホルモンを出すためのホルモンを出し続ける
③ホルモンバランスの乱れ
④一向に女性ホルモンは増えず、脳の視宋下部が混乱
⑤脳内での管轄が同じ場所の自律神経も乱れる

結果:更年期障害の症状が出はじめ、イライラといった感情などの症状も発生

このように若年性更年期障害の原因はストレス、更年期障害の原因は女性ホルモンの減少であったのです。これって治療法も変わってきますよね。

それでは若年性更年期障害への予防策や対処法をみていきましょう。

若年性更年期障害の原因、ストレスにおける本当の発散と解消法

ストレスは溜め込むと体に大きな影響を与えます。
効率のよいストレス発散方法とはどんなものがあるかみていきましょう。

実は“あまりよくないストレスの解消法”

大音量で音楽を聞く女性

ストレスが解消できると思っていても実は神経が休まっていなくて体には負担が溜まっていたということも多いです。わたしたちには2つの神経があり、ひとつは激しい運動などのときに活発になる=「交感神経」、そして寝るときや体が休まっている時に活発になる神経=「副交感神経」があります。

下記のようなストレス解消法を選ぶと交感神経が働き、気づいたら疲れが溜まっていたなんてこともあるので注意しましょう。

  • マラソン、サーフィン、テニス、などの激しい運動
  • コンサート、音楽鑑賞などで激しい音楽の選択
  • スポーツ観戦、パチンコ、競馬、テレビゲームなどの興奮させる鑑賞物

実は“体にはよいストレス解消法”

星を見る人達

先ほど挙げたストレス解消法のように無意識に興奮してしまう運動などはスカッと感じたとしても体は休まっていません。逆に楽しいとまでは感じなくても交感神経が高ぶり過ぎずに、体にはよいとされるストレス解消法はこちらです。

  • 森林浴、軽いマッサージ、ぬるま湯に浸かる、天体観測など静かに過ごせるもの

他にも、人によってはゴルフや釣り、旅行など“興奮し過ぎない程度に楽しいと思える趣味”は最もストレス解消にいいといえるでしょう。

若年性更年期障害を支えるヒミツの食材

サムゲタン

若年性更年期障害の原因といえるストレスの解消法についてたくさん述べてきましたが、自律神経の乱れが起こると自分の体調をコントロールすることはなかなか簡単なことではありません。

そんなときに自律神経のバランスへのサポートやのぼせ、ほてり、不順といった悩みに紹介しておきたい食材が高麗人参です。

ストレスが溜まるだけで症状は悪化し、眠りが浅くなったり、疲れやすくなったりと悪循環のループに入ってしまいます。高麗人参は漢方で古来より伝えられてきた歴史の長い食物ですが日本では発売していないため、あまりその効果については知らない人が多いと思います。

高麗人参は一つの球根が育つのに最低でも4年から6年必要といわれています。日本では自然薯や生姜などに似ているかも知れませんが、この年月が必要ということもあり圧倒的に養分が違います。最近では韓国の料理でブームとなったサムゲタンや薬膳鍋などに含まれており、美肌効果や抗酸化作用なども注目されています。

生では調理や購入も難しいのでサプリなどで手軽に取り入れてみるのもいいかと思われます。

若年性更年期障害の症状とその予防策まとめ

若年性更年期障害と更年期障害が実は全然違った原因で起きていたということはお分かりいただけたでしょうか。

若年性更年期障害はストレスや生活習慣の乱れにより起こるので年齢を問わず誰でも起こる可能性があります。

生理不順で疲れやすく、頭痛・めまい・ほてりといった症状がひとつでも酷くなってしまっていたら放って置かず、あなたに合った体に負担をかけないストレス解消法を始めてみましょう。

また、不規則な生活からは脱し、食生活の改善や高麗人参などの栄養サポートも取り入れてみたりしながら、体に優しい生活をスタートさせましょう。

最近では若い女性がさまざまな病で悩むシーンが増えてきました。今から体を大切にして心も体も健やかな生活を目指してみてください。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。