加齢とともに減少していくといわれている女性ホルモンは、「美人ホルモン」とも言われていて女性らしく輝き、はつらつと生活するためにも維持したい大切なホルモンです。世の中にはホルモンバランスや女性ホルモンに焦点を当てた製品がたくさん出回っていますが、口コミや情報だけでは何が効果があり自分に合っているものなのか判断しづらいのが現状です。ただやみくもに増やせばいいだけではない女性ホルモンことをよく理解して、自分に最適な方法を探してみましょう。

そもそもホルモンバランスとはどういうこと?

今回の記事をご覧になっている方は、何かしらの体調不良を感じ、その不調を引き起こしている原因として「女性ホルモンが不足しているのでは・・・」ということを感じている方々ではないかと推測されます。女性ホルモンによる不調なのかもしれないと気づくと、次には女性ホルモンを増やすにはどうしたらいいのか、ホルモンバランスを整えるには?など不快な症状を軽減させるための正しい情報やヒントを求めることでしょう。
多くの誤解を生みやすい「ホルモンバランス」とは具体的にどういうことなのか、どのような状態なのか、まずはホルモンバランスの正しい解釈からお話しましょう。

エストロゲンとプロゲステンとの関係

ホルモンバランスのお話をするのに欠かせない女性ホルモンについてです。女性のからだを健やかに保ち支配しているともいえる重要な女性ホルモンは、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステンという2種類のホルモンで成り立っています。

 

  エストロゲン プロゲステロン

 

働き 作用

 

・初経以降に分泌されはじめ、女性らしい身体をつくる

・卵胞に作用し成熟を促す

・妊娠しやすいからだに整える

・子宮内膜を強くして受精や妊娠に備える

・自律神経、感情の動き、脳、骨の形成、皮膚などの働きにも関係する

・基礎代謝を下げる働き

・着床しやすい状態に整え妊娠を助ける働きをする

・体内の水分を維持し食欲低下を防ぐ

・基礎代謝を上げる働き

 

分泌される時期 ・生理が終わるころから排卵前にかけて多く分泌される

・基礎体温では低温期になる

・排卵期から次の生理にかけて分泌される

・基礎体温では高温期にあたる

状態 ・生理周期では卵胞期にあたり、身体や心が安定しお肌の状態も良く体調が良い ・黄体期と呼ばれ、腹痛、腰痛、頭痛、むくみ、イライラ、吹き出物など不安定な状態

・月経前症候群(PMS)にもなりやすい

※エストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールなどの卵胞ホルモンの総称です。
生理が終わる頃からエストロゲンの量が徐々に増えていきます。増加のピークになり、その後少し減少しつつ基礎体温が下がり排卵期に入ります。卵子が排卵される前後5日間程度の排卵期が一番妊娠しやすい時期です。
排卵期の後の黄体期に入るとプロゲステロンの分泌量が多くなり基礎体温も上昇します。通常の生理周期では黄体期は約14日間くらいですが、妊娠していると妊娠の継続を守るためにプロゲステロンが分泌を継続することで体温が高温を保ちます。

女性ホルモンの分泌による周期とホルモンバランス

エストロゲンとプロゲステロンとで成立する女性のからだのリズムは生理周期とも呼ばれていて、卵胞期、排卵期、黄体期、月経からなり、28~30日の約4週間を1サイクルとして、繰り返されています。エストロゲンはプロゲステロンより500~10000倍も量が多く、ホルモンが安定して働くための基準値があります。
●非妊娠時のエストロゲンの量
  • 卵胞期 25~195(pg/ml)
  • 排卵期 66~411(pg/ml)
  • 黄体期 40~261(pg/ml)
エストロゲンとプロゲステロンの比率のことをホルモンバランスと呼んでいて、分泌量が少なかったり多かったりして適正量から外れてしまってた状態を「ホルモンバランスが崩れている」とか「乱れている」ということになります。実際のホルモンバランスは実感できることでなく、卵胞期、排卵期、黄体期のそれぞれの時期で病院で採血をして血中のホルモン濃度を調べてみないと分かりません。

saiketsu

生理不順、なかなか妊娠できない、気持ちが不安定などの症状に対しても漠然と「女性ホルモンが足りないからだ!」と思っていたらそれは大きな誤解です。安易な自己判断で女性ホルモンだけを増やそうとすると、乳がんのリスクが高る要因になったり、不調を生む原因にもなってしまいます。エストロゲンの量はしっかり分泌されて足りていてもプロゲステロンがうまく分泌されていないパターンもあるからです。

エストロゲンとプロゲステロンの作られ方

お話したホルモンバランスのことを考える前に女性ホルモンがどのように分泌されるのかを解説していきましょう。
●女性ホルモンの流れ
女性ホルモンは脳からの指令を受けて卵巣から分泌されます。まず、脳の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモンの刺激を受けて、卵胞刺激ホルモン(卵胞の成長を促しエストロゲンの分泌に関わる)と黄体化ホルモン(排卵を促しプロゲステロンの分泌に関わる)が分泌されます。それらいくつかのホルモンの刺激を受けて、卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。卵巣は女性ホルモンの量をコントロールする働きもあり、必要量に合わせて視床下部や脳に働きかけます。
視床下部は脳の自律神経をコントロールしている場所でもあり、視床下部と下垂体は相互に影響し合っています。どちらかが乱れるとどちらも乱れるという関係になるのでホルモンの分泌量が乱れると自律神経によってコントロールされている内臓や血管、卵巣にまで悪影響が出ることになり、自律経が崩れるとホルモンの分泌にも悪い影響を与えてしまいます。
また、視床下部は気持ちや感情などの精神面もコントロールしています。自律神経の乱れやホルモンの分泌量が乱れると感情も不安定になりイライラしたりします。
iraira-f

女性にとっても大切なアンドロゲン

アンドロゲンとは男性ホルモンの総称になり、女性の体にも含まれているホルモンです。下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが分泌され副腎にはたらきかけることでアンドロゲンが分泌されます。アンドロゲンが卵巣内から分泌されると、途中で女性ホルモンのエストロゲンに変わります。女性にとってのアンドロゲンの量は男性の10%以下であり、エストロゲンに変わる量は少量かもしれません。しかし、分泌量が減少方向になるエストロゲンにとって必要な補給経路であり副腎皮質の働きが重要であるといえますね。
副腎皮質の正常な働きにストレスがかかることはマイナスの要素を引き起こしてしまいます。体にストレスがかかると副腎皮質は抗ストレスホルモンを出すことに集中してしまうため、アンドロゲンの分泌は後回しにされてしまいます。ストレスの影響によってエストロゲンの分泌量を減らしてしまうのです。
stress1-f

卵巣や卵管、子宮を自律神経との関係性

卵巣や卵管、子宮などは自律神経によって支配され機能している器官です。脳の視床下部から下垂体を経て「エストロゲンを出しなさい、プロゲステンを出しなさい」と命令しても自律神経の働きが悪いと、これらの器官は正常に働かなくなります。
そのため、ホルモンバランスが正常で問題なくてもストレスなどで自律神経が乱れれば生理不順や不妊、体調不良などを引き起こすことになります。ついホルモンバランスを整えることだけに目がいってしまいますが、自律神経の働きをよくするような対策も別にしておくことが必要ですね。

女性ホルモンを増やす方法~その1 ホルモン注射の効果とは

女性ホルモンのエストロゲンの分泌不足を補う方法としてホルモン注射があります。ホルモン注射をすることによって、イライラ、ほてり、不安定な感情など、更年期障害の症状の緩和や生理不順などにも効果があり、肌荒れのないしっとりした肌やふっくらした胸に変化したりします。
しかし、良い効果だけでなく注射をした後はしばらく以下のような副作用に悩まされることもあります。
●代表的な副作用
  • 吐気
  • 食欲不振
  • だるい
  • めまい
  • むくみ
  • 体重増加
  • 発疹
  • 不正出血
  • 肝機能障害
  • 乳がん
  • 子宮がん など
ホルモン注射は、女性ホルモンを体外から直接摂り入れるので視床下部や副腎皮質を経由することなく直接卵巣に作用します。そのため、ホルモン注射をすると視床下部や副腎皮質の機能も低下し、自らの力で女性ホルモンの分泌を促す能力がどんどん下がってしまいます。そういうことからも、よほどの体調不良でない限り安易にホルモン注射をして女性ホルモンを増やすという選択はやめた方がいいでしょう。
また、女性ホルモンのと関係が深い乳がんや子宮がんのリスクも高まる可能性があるとも指摘されています。
それから、プロゲステロンを補充し生理不順やPMSなどの症状軽減を目的にしているプロゲステロンクリームは塗るだけで手軽に使えると効果も期待され病院で処方されることもありますが、先駆けて注目されていた欧米では実際は効果がないことが分かってきてブームも収束気味ではあります。日本の医療では今だ処方されることもありますが、もし使用するなら良く理解した上で使うことをおすすめします。
女性ホルモンがどのくらい減ってどのくらい足りないかを正確に測れるのは、よほどの名医でも困難なことです。女性ホルモンを過剰に摂取することはマイナスの効果にもつながるので、気軽な気持ちでは行わないほうが賢明ですね。
batsu

女性ホルモンを増やす方法~その2 エストロゲン様作用の効果とは

エストロゲン様作用とは、エストロゲンと同じような働きをすることです。エストロゲン様作用を持つと考えられているイソフラボン類とリグナン類を摂取することで更年期をはじめとする女性特有の症状を穏やかにできると考えられています。
イソフラボン類で知名度が高いのは、大豆を使った製品に多く含まれている大豆イソフラボンでしょう。リグナン類は、植物の種子や茎、根の部分に多く含まれている成分で、ゴマのセサミンや亜麻仁油などの亜麻の実にも多く含まれています。
特に大豆イソフラボンがエストロゲンと同じような作用をすることはよく知られていることで、サプリメントメーカーからも大豆イソフラボンを意識した製品が販売されています。しかし、大豆イソフラボンを抽出したサプリを摂ってもエストロゲンの代わりをする効果はないことがわかっていて、大豆イソフラボンの過剰摂取による乳がんのリスクも指摘されています。そのようなことからも、アメリカでは大豆イソフラボンは製品としては扱われていません。
batsu
同じように女性ホルモンを増やす可能性があるという触れ込みで注目されている南米の食物のマカですが、こちらも摂取することで女性ホルモンが増えたという確かなデータはありません。サプリなどの製品で、女性ホルモンを増やすのには限界があり、症状への直接的な効果は得られないと考えてよさそうですね。

女性ホルモンの増やすためには食べ物も大事

人間の体は口から直接食べる食べ物が大きく影響しています。即効性はあまり感じられないかもしれませんが、女性ホルモンを増やすためにプラスになると言われている食品を積極的に摂ることは、すぐには効果が出なくても改善につながる基本なので、下記の食品をピントにぜひ取り組んでみてください。
●女性ホルモンを増やす作用のある食品
  • 豆腐、納豆、豆乳など大豆製品
  • ゴマ
  • アーモンドやくるみなどのナッツ類
  • かぼちゃ
  • アボカド
  • モロヘイヤ
  • キャベツ
  • サーモン
  • マグロ など
nuts

女性ホルモンは増やすのではなく、コントロールするという意識を持つ

女性ホルモンを増やせば症状が改善する、ということに集中してしまいますが、増やそうして即効性を求めるあまりホルモン注射をしたり大豆イソフラボンを主成分としたサプリやプロゲステロンクリームなどに頼るのは乳がんのリスクもありおすすめできません。女性ホルモンを増やすことに注目した製品は各メーカー独自の研究結果の報告だけで、公的な効能に関する効果は薄いのです。
一番の理想は、ホルモンバランスも乱れず自律神経も安定していることでしょう。しかし、生きている中では様々なストレスがあり、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れないということはあり得ないことなのです。ホルモンバランスが乱れるというのは、生きている生物としては正常なことです。
人間には恒常性(英語ではホメオスタシス)という機能がもともと備わっています。どんなに強いストレスを受けてもストレス耐性が強くいつも元気でいる人がいたり、閉経近くになっても更年期障害にならない人もいます。このような個人差が現れるのはホメオスタシスの働きによるものです。ストレスからは逃れられない現実がある以上、ホルモンバランスも自律神経の乱れも程度の差はあるものの必ず起こることでしょう。大切なのは、ストレスに強い身体を作りあげ、ストレスに適応していくことではないでしょうか。バランスが崩れたとしても、しっかりとコントロールできる体を手に入れたいですね。
makasete-f

ホルモンバランスの調整役としておすすめしたいサプリ

女性特有のお悩みで対策をお考えのあなたに、ぜひおすすめしたいサプリのお話です。
高麗人参に豊富に含まれる有用成分ジノセサイドは特有のお悩みに働きかけ、ホルモンバランスにパワーを発揮します。自律神経のサポート役としてもとても優れていて、体内バランスの調整役として健康パワーを与えてくれるのです。
天然成分の紅参エキスを配合しているので吸収に優れていて副作用もありません。ホルモンバランス、自律神経を穏やかに整えてくれる高麗人参には注目しておいて損はなさそうですね。

まとめ

ストレスは私たちにとって、どちらかというとマイナスの要素の方が多いものですね。でも普段生活して人や物と触れ合う以上、ある程度のストレスは少なからず感じることであり「ストレスをなくそう」と思うより、ストレスに負けない心と体を保つことを意識した方が、スムーズに体内バランスの乱れを少なくする近道になりそうですね。

女性の周期によっても体調には変化があり、なかなかすぐには整わないバランス対策として効果的な食品を摂ることに加えて、高麗人参のサプリなどを取り入れて助っ人としてサポートしてもらうことで、活動的な毎日を送る一歩を踏み出せるでしょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄