自律神経失調症は、よく聞く病名ですが、明確な診断基準があるわけではなく、診断や症状の改善が難しい疾患と言われています。ストレスや寝不足、不規則な生活などが原因で自律神経のバランスが崩れ、頭痛やめまい、だるさ、ほてり、不眠など身体に何らかの不調を感じます。
症状を改善させるための治療法として様々ある選択肢について説明します。

自律神経の働きと自律神経失調症

指をさして教えようとする女性

まず、自律神経についてご説明します。循環器、呼吸器、消化器などの活動のために常に働き続けているのが自律神経です。内臓を動かしたり、血流を調整したりするなど自分の意志でその働きをコントロールできないものはすべて自律神経によってコントロールされているのです。
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」との2つから成り立っていて、この両方がバランスよく機能している時が健康で良い状態であると言えます。
その症状や特徴によって自律神経失調症は4つのタイプに分けることができます。
・本態性型自律神経失調症
このタイプと診断されるのは、自律神経失調症を患っている人の中でも約10%以下と少ない割合です。アレルギー体質、低血圧、虚弱体質など体質的なことが原因とも考えられていて、幼少期から体調が優れない、だるい、体温調節ができないなど自律神経系の症状が現れることもあります。
・神経症型自律神経失調症
このタイプは、不安定な体調や何かの異常などに過敏に反応する人に起こりやすいです。何かに執着したり、些細なことでも気になったり、物や人への依存が強い人にもよく起こります。
口の渇きやほてり、イライラ、不安感、集中力の低下などが症状として出やすい。一度症状を感じると、その症状が気になりまたさらに色々考えてしまう悪循環に陥ることもあります。不安感が強くなり、症状の悪化を招きやすいのもこのタイプです。ノイローゼなどともよく似ていて診断が難しいのが特徴です。
・心身症型自律神経失調症
自律神経失調症の約半数の方が、このタイプです。日常生活や仕事、身近に感じるストレスや疲労などを我慢して溜め込んでしまうことが原因で様々な身体異常が現れます。症状は、めまい、頭痛、不眠、肩こりなどで心身症の一つと考えられています。何事も溜め込んで我慢してしまいがんばりすぎてしまうタイプの人は、特に注意が必要です。
・抑うつ型自律神経失調症
気力や意欲が低下する上に、思考機能なども低下してしまう状態が抑うつです。身体的な症状も感じるため、うつ症状が表に見えにくくなり発見されにくいパターンでもあるので注意が必要です。
抑うつ症状を放置しておくと、本格的なうつ病につながりやすくなります。やはり、感情やストレスを我慢し押さえ込みやすいタイプの方に多く起こる傾向があり、ライフスタイルの変化や人生の節目を迎える時などに起こることもあります。
溜息をつく女性

自律神経失調症の診断方法

自律神経失調症を引き起こす原因はたくさんあり、4つのタイプにきっちりと分けられるわけでもないため、専門の精神科医でも4つの型を正確に診断することは難しいのです。そのため、自律神経失調症は1回の診察や検査で診断されず、様々な角度からの検査が行われるのが一般的です。
また、自律神経失調症の症状のように感じても、うつ病や心身症など類似した症状の精神疾患もあります。また、自律神経失調症の悪化によりうつ病を引き起こすケースもあります。そのため診断は時間をかけて慎重に行われるのです。そのような疾患であるため、症例を数多く扱っている専門医であっても原因や結果を間違えることがあります。
おそらく、患者は身体的な不調や異常な症状を感じる時は、まず内科を受診することがほとんどです。そこで詳しく検査をしても何も異常がないことが分かったら、次にかかるべきなのは心療内科や精神科です。そこで下記の3つの項目に該当する場合は、自律神経失調症が疑われます。
  • 全身のだるさ、めまいなど不定愁訴が感じられる
  • 精神障害や器質的疾患や病変がない
  • 自律神経機能検査で何らかの異常が認められた
体調の悪そうなウサギ
では実際に、どのような手順を踏んで診断が行われるのか説明します。
自律神経失調症を診断するためには4つのポイントがあります。
①医師との問診
医師との問診担当医師によって、症状や変化、現在の心境、育った環境、ストレス状態、家庭や家族のことなどについて問診が行われます。全然関係ないようなことが自律神経失調症の原因になっていることもあるので、どんなに些細なことでも医師にありのままに自分のことを話すことがポイントです。
②除外診断
自律神経失調症の症状には、他の疾患と似ているものがあります。例にあげてお話しましょう。
  • めまい…メニエール、更年期障害、耳や脳の病気など
  • 動悸…高血圧、低血圧、貧血、心臓の病、糖尿病など
  • 偏頭痛…脳の病気、不眠、寝すぎ、生理、緊張性頭痛など
このように、一つの症状から自律神経失調症と診断するのではなく、他の大きな病を見落とさないようにする検査が必要です。除外診断はそれぞれの症状に合わせて、心電図、レントゲン、脳波、超音波、MRI、CTスキャンなどが行われます。
チェックする医者
③自律神経機能検査
除外検査により他の病が隠れていないことを確認後、自律神経の働きをずばり調べる検査を行います。これが「自律神経機能検査」です。
検査は患者の症状に合わせて、安静にしていた状態から立ち上がり血圧の変化を調べる「シュロング起立試験」や体の表面に起こる細かな振動を調べる「マイクロバイブレーション」、横になった状態で心電図をとり、次に立った状態で心電図をとり、両方の波型の変化を比較し自律神経の状態を検査するもの、他にも鳥肌反応検査、皮膚紋画症、心拍変動検査などの検査が行われます。
ただし、この検査を実施したからといって必ず異常が見つかるわけではないので、その場合は合わせて心理テストを行います。
④心理テスト
心理的、精神的な要因が深く関係していることから、患者自身の心理を探り内面にある心の原因となるものを「心理テスト」によって調べます。心理テストにもいくつかあり、大きな原因となりやすいストレスの状態を中心に調べる検査や、ストレスに対する度合いを調べるテスト、心と体の症状を質問形式で調べるテストなどがあります。
ご紹介したような主な方法で診断されますが、繰り返しになりますが、正確な判断を行うためには患者本人が自分のことをよく理解していることが大切です。そして、それを包み隠さず伝えることが必要です。しかし、自分のことを完璧に分かり正確に答えられる人などまずいません。自分のことがよく分からない状態で医師との問診をしても正しい情報を医師はえることができません。
また、心理テストやアンケートなどを実施しても自分を過大評価しがちで、その時の体調や気分によっても答えにバラつきが生じるものです。医師は他人でもあり、家族のようにいつも一緒にいるわけではありませんから、患者のことを正しく診断したり原因を特定したりすることは、初見では無理です。
それができるのは、ずっと一緒に住み生活できる精神科医であって、それでもずっと一緒にいられるような環境で生活してこないと難しいことです。それだけ自律神経失調症の診断や原因の特定は困難なのです。
ムムムという顔をするネコ

自律神経失調症の治療法とは

自律神経失調症と診断を受けたら、続いて症状に合わせた治療が開始されます。まず、薬物療法でない治療方法をご紹介します。薬物療法以外でも数種類の治療法がありますから、その中からあなたに合った治療が行われます。ここでは代表的なものをご紹介します。
  • 自律訓練法などによるセルフコントロール法…暗示をかけることによって、心身の安定を保つ
  • 一般心理療法…乱れた心の中を言葉や態度によって整理し解決をはかる
  • カウンセリングなどを行う心理療法…心理的な問題が深く関わっている心にアプローチするカウンセリングを中心に行い、心の奥底の根っこをほぐしていく
  • 指圧や整体、マッサージ、鍼灸、ストレッチなどの理学療法
  • 音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法
  • 自己管理を通じてライフスタイルを見直す方法
  • 森田療法…あるがままの自分の状況を受け入れ心の安定を維持する
どの治療法もはっきりと現れる効果がえられていないのが現実です。それは、先ほども述べたように自律神経失調症は因果関係が特定しづらいことと併せて、この治療法なら絶対正しいということが断定できないことが大きな要因と言えるでしょう。逆に言えば、どんな名医であっても断定できないのがこの疾患なので、そこをこの「療法があなたに一番合う」と言って譲らない医師はすこし疑った方が良いかもしれません

薬物療法について考える

薬物による治療では、主に抗不安薬や抗うつ剤などが処方されます。症状に応じて睡眠導入剤薬や漢方を処方される場合もあります。以下にそれぞれの使用される代表的な薬とその副作用についてご説明します。
薬
・抗うつ剤
1.三環系抗うつ剤
・最初に使われはじめた抗うつ薬です。薬の構造式に3つの輪(環)があるのでこう呼ばれています。
・トフラニール、アナフラニール、イミドール、トリプタノール、アミプリン、ノーマルン、ミケエトリン、ラントロン、アモキサン、トリトレン
・副作用…めまい、動悸、便秘、口の渇き、立ちくらみ、目のかすみ、皮膚の乾燥、心臓や肝臓への負担
2.四環系抗うつ剤
・三環系抗うつ薬の副作用を軽減するために開発された抗うつ剤。効果がかなり減弱してしまい、抗うつ剤としては弱いものになっている。
睡眠を深くする効果があるので、これを利用して睡眠薬としてつかわれることが多い。四環系抗うつ薬は一般的な睡眠薬と違って依存性はないとされている。
・ルジオミール、クロンモリン、テトラミド、テシプール、ビソプール
・副作用…立ちくらみ、めまい、動悸、便秘、眠気、口の渇き、目がかすむ、心臓、肝臓の負担
3.SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
・セロトニンのみに作用する薬剤となりその再取り込みを阻害することによってうつ症状を改善する。
・ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、デプロメール、レクサプロなど
・副作用…むかつき、嘔吐、便秘、頭痛、ふらつき、口の渇き
抗うつ薬の効果である不安感の改善と逆の働きである不安増強、激高、抑うつ傾向がみられることがある。
4.SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
・セロトニン及びノルアドレナリンの両方に作用する薬剤であり、その再取り込みを阻害することによってうつ症状を改善する。
・サインバルタ、トレドミン
・副作用…むかつき、嘔吐、便秘、血圧上昇、動悸、眠気、口の渇き
セロトニン症候群高熱、錯乱、発汗等の異常が現れる
5.NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ剤
・セロトニンとノルアドレナリンを増加させる
・リフレックス、レメロン
・副作用…眠気、めまい、肥満、動悸
教えているお医者さん
・抗不安薬
心の不安を和らげ筋肉の緊張をほぐしたり、リラックスさせたりする薬です。
・低い作用の抗不安薬
リーゼ、ハイロング、メレックス、レスミット、セレナール
・中程度の作用の抗不安薬
コレミナール、セディール、ソラナックス、エリスバン、セダプラン、メイラックス、コントール
・強い作用の抗不安薬
デパス、ワイパックス、レスタス、セタラン、エナデール
以上であげた治療薬は依存性が高いため、長く続けるほど止めることが困難になります。また、急に服用を止めると辛い副作用が出るため、服用を止める際にも自己判断は禁物です。必ず、専門医の指示を仰ぎましょう。他にも自殺をしたくなったり、てんかんが出たりなど強い副作用が現れることもあります。
また、怖いのは、医者自身がまだ完全に患者の病状や原因、性格を把握できていないにも関わらず、薬を処方してしまうことです。効果がありそうな薬を試して、副作用が強かったり改善がみられなかったりした場合は他の薬を試すことになります。
このように薬の効能から原因を追究しているのが日本の医療現場の現状であり、医者だけでなく患者自身も自分のことを理解できていないことが、自律神経失調症の本当の原因を明確にできないのです。このような現状を理解した上で治療を受けることが必要です
怖がるウサギ

自律神経失調症の症状を和らげるためのサポーターに

原因がどのようなことであっても治療をするならば、やっぱり副作用が少ない方法で症状を穏やかにしたいものです。
ここで、そんな方法になりえるものをご紹介します。それが「高麗人参」です。これは自然由来の食物なので副作用がなく、リズムを整える力に優れています。高麗人参の場中でも紅参には最上位に位置していますが、交感神経を抑えるジオール系ジノセノサイドと逆に交感神経を活発にするトリオール系ジノセノサイドの2つが共存しています。
抗うつ剤や抗不安薬のように、日中でも眠気が強くなるのに対して、ジオール系で交感神経の働きを抑えても副交感神経が優位になりすぎた時にはトリオール系ジノセサイドが働き交感神経を適度に調節してくれます。一方的に交感神経の働きを抑え込んでしまう治療薬とはここで一線を画しています。
つまり、個々の身体のバランスを考慮できるのが高麗人参の魅力であり、このようなパワーを持つ漢方や医薬品は他にはありません。高麗人参が病院で処方されないのは、漢方薬は東洋医学であり、つまり西洋医学の日本の医療現場では限界があるのです。
また自律神経失調症を患うとほとんどの方が眠れないなどの悩みにより体の疲れが蓄積し、仕事や私生活に影響を及ぼしていることが解っています。別の病気を招きやすくもなります。
その場合でも、高麗人参は和漢の王様としても知られていて、あなたをサポートしてくれるとともに、毎日の元気の素も与えてくれるでしょう。
喜ぶウサギ

まとめ

自律神経失調症は、確実な診断や原因の究明が難しいとお伝えしましたが、症状の改善方法がないわけではありません。患者の現状や症状の変化をみながら医師により様々なアプローチが行われます。
その中には、なかなか効果を感じられないこともあるかもしれません。そして、薬物治療には合う、合わないもあり、どうしても副作用がつきものなので慎重にならなくてはならないのです。その点高麗人参は副作用もなく元気に過ごすために多くの力を発揮してくれるので、ベストな選択に近いと考えられます。
とはいえ、一番大切なことは、何よりも自分のことを一番理解してくれている家族のサポートです。自分ひとりではなく、家族と共にこの病気と向き合っていくことがもっとも大切なことです。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄