慈愛(じあい)という言葉がありますが、これは愛をしみ込ませるという意味です。同様に「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことを意味します。「強壮」は「体を強く、元気にする」という意味です。
その2つの言葉からできた滋養強壮とは、体質の弱い部分に栄養分で補い、体質を改善して強い体を作ることを意味します。具体的に体のどの部分を強くするという意味はありません。
なんとなく調子が悪くて元気がない、疲れがたまって中々取れないなどの症状があるけれど、これといった原因がない。どこがどう悪いのか解らないが、なんとかしたい。元気になりたいという状態を改善することが滋養強壮剤の役割になります。
教えるネコ
具合が悪いけど原因がはっきりしないといきに用いるのですから、総合的な効能があるもの、別の言葉言えば、万能薬のようなものが滋養強壮剤にはふさわしいと言えます
一般に滋養強壮剤として広く知られているのはすっぽん・にんにく・マカ・高麗人参・ローヤルゼリーの5つですね。これらの成分は有名なユンケルやレッドブル、モンスターなどのいわゆるエナジードリンクには、その成分が最低3つから、多いと全部含まれています。
この記事では5つの滋養強壮剤をランキング形式でそれらの特徴についてご説明していきたいと思います。

2位 お肌ぷるぷるコラーゲンもたっぷりすっぽん

一般に日本で滋養強壮と言えばスッポンを連想する人も多いでしょう。鍋料理の具材としても有名ですね。
すっぽんは亀によく似ていますが亀ではなく、スッポン科に属しています。ただし、広い意味では亀の仲間です。柔らかい甲羅やウロコがない点などが特徴です。中国では三千年以上前から健康によい食材として食されていました
すっぽん
そんなスッポンにはアミノ酸、なかでも必須アミノ酸が豊富に含まれています。体内で合成することができず、食べることで外から補わなければならない必須アミノ酸を効率よく体内に取り込むことが可能です。
さらにビタミンB群が豊富に含まれている点もその特徴としてあげられます。疲労回復に役立つビタミンB1はもちろん、免疫力の強化や皮膚の生成、貧血の予防などに役立つビタミンB2、B6、B12なども含まれています。さらに鉄分やカルシウムといったミネラルも豊富です。
さらに、女性のお肌をぷるぷるにしてくれるコラーゲンもたっぷり含んでいるので滋養強壮剤として最適のように思われるすっぽんですが、過剰摂取をした場合、腹痛などを起こすことがあります。また、養殖に手間がかかるため、価格が高めです。日常的に摂取を考えている場合はお財布を常に気なしなければいけないのが欠点です。

3位 匂いにもパワーが隠れている庶民の味方にんにく

にんにく

ニンニクと言えば、「精力」「スタミナ増強」「滋養強壮効果」を思い浮かべる人は多いですが、滋養強壮効果が高いと言われている根菜の中でも、ニンニクはトップランクに位置します。
ニンニクには多くの亜鉛とアリシンという成分が含まれています。特にアリシンは体内でビタミンB1と結合してアリチアミンという物質に変化します。このアリチアミンは神経系を刺激し、精子の量や運動量を助ける働きを持っています。
また、ニンニクには硫化リアルという成分が多く含まれており、この硫化リアルは血液の流れをサラサラにします
ニンニクをマイナスポイントは以下の通りです。
NGを出すウサギ
・成分が強くて胃腸に刺激を与えます。 そのため、胃潰瘍や高血圧の方は症状が悪化する場合があります。 胃腸に負担をかけすぎないためにも、 胃の手術をする予定がある場合はにんにくの摂取はやめましょう。

・ インスリンと一緒に摂取することで低血糖を引き起こす可能性があります。
・ワーファリンという抗凝固剤と共に利用してしまうと、 同じく薬の効き目が強くなってしまうので、過剰出血の可能性があります。
薬の飲み合わせが体に悪影響を及ぼすことのないよう、 処方された薬をのんでいるという方は、にんにく摂取の際には薬剤師等に相談しましょう

4位 女王蜂の強さの秘密を取り込めるローヤルゼリー

働き蜂が女王蜂のために作るローヤルゼリー。それのみを食べて生きる女王蜂は働き蜂の40倍もの寿命を持っているのです。
ここには40種類以上の成分が含まれています。 代表的なところとしてはまずアミノ酸。22種類ものアミノ酸が含まれているほか、体内で生成できない必須アミノ酸9種類もしっかりと含まれています。疲労回復から免疫力・自然治癒力の強化など滋養強壮に関わる効果も多数備わっています。
ビタミンは主にビタミンB群。特に疲労回復に役立つビタミンB1は重要となるでしょう。また不足が貧血の原因となる葉酸が含まれているのもポイントです。ミネラルも豊富です。虚弱体質気味の人への滋養強壮対策に役立ってくれることでしょう。
ハチ
使用上の注意として一般的には特に問題視されるような健康被害、副作用は認められていませんが以下の点には注意が必要です。
  • タンパク質を多く含んでいるのでアレルギー症状
  • 湿疹などの皮膚症状やぜんそく様症状、胃腸障害などのアレルギー症状
  • ごくまれではありますがアナフィラキシーショックを起こす場合がある(蜂の毒とは異なるものではありますが蜂の体内で作られるという点は同じなので、注意が必要です。 医薬品との相互作用 についても注意が必要)
  • ワーファリンとの併用によってワーファリンの作用を強化してしまう

5位 古いのに新しいマカ驚異力

マカとは南米ペルー原産の多年草植物です。2000年も前から栽培されていて、インカの人々から大切な栄養源として重宝されていました。
マカはビタミン、ミネラルだけでなく、「必須アミノ酸」と呼ばれる、体内では十分に生成されない成分を豊富に含んでいます
よく知られるマカの効果には、滋養強壮、精力増強、不妊改善などが挙げられます。成分を豊富に含んでいるので、毎日マカを摂取することで身体にうれしい様々な効果が期待できます。
ただし、過剰摂取による副作用の可能性があります。

驚くネコ

また、女性の場合、ホルモンバランスが変化して生理周期がずれたり、基礎体温が不安定になったり、下痢や下腹部の痛み、頭痛などの副作用が起ることが報告されています1日の摂取目安量は、成人男性で2,000mg~5,000mgと言われています。ただ、個人の体質にもよるので、あくまで目安として参考にして下さい。
その栄養の豊富さからNASAが宇宙食として採用しているほどで、今でも有用性について各国で研究が続けられていますが、研究を始められたのはごく最近のことなので臨床データや論文の数がとても少なく、効果があるらしいことは宣伝されているもののエビデンスが不明な点が大きな不安材料です

1位 万能選手、高麗人参のサポート力をあなたに

高麗人参は、次のような悩みをサポートします。
おすすめするネコ
  • 疲労回復サポート
  • スタミナ補給
  • 病中病後の体力回復サポート
  • 滋養補給
  • 虚弱体質サポート
  • 記憶力の改善サポート
  • 生活習慣病の予防・改善
  • 血行促進
  • 抗ストレス
  • 冷え性改善サポート
その多く力の万能ぶりを表しています。 中国北東部から朝鮮半島を原産地とするウコギ科トチバニンジン属の主に根を乾燥させたものです。乾燥方法の違いにより「白参」と「紅参」があり、白参は4年物、紅参は6年物の高麗人参から作られます。品質的には紅参の方が優れています。
オタネニンジンとも呼ばれ中国では古くから不老長寿の漢方薬として利用されてきました。日本でも「日本薬局方」に高麗人参の効果・効能が記載されています。またドイツのコミッションEでは、疲労回復,衰弱,病後の回復に高麗人参の使用を承認しています。

まとめ

滋養強壮剤として一番知られているランキング上位の5つをご紹介しました。
すっぽん、ロイヤルゼリー、にんにく、マカ、高麗人参どれもそれぞれに素晴らしい力を持っています。皆さんの生活に合わせて選ぶことをオススメします
ただし、その万能ぶりから、滋養補給として、古来より様々な研究がなされ、今も日々様々な研究がなされているのは高麗人参だけです。それだけ多くの方々に使用されているということを付け加えておきたいと思います。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄