平成19年度国民生活白書によれば、仕事で疲労やストレスを感じている人は7割以上にものぼるそうです。
ストレス社会と言われる現代では、妥当な数字なのかもしれませんね、疲労痛み発熱と並んで身体の3大アラームと言われています。
もし、人が疲労を感じなければ、機械のように、休むことなくずっと働き続けて突然倒れてしまう突然死が起きてしまいます。人の生命と健康を維持するための生体アラームとして疲労は存在するのです。
今回はこの疲労についてのメカニズムと疲労回復に効果的とされている高麗人参との関わりについてご説明します。

なぜ疲れるのか?(疲労のメカニズムとは)

疲れたハートのキャラクター

脳や身体が疲れてくると、私たちは疲労を感じます。
このとき感じる疲労を疲労感と呼びますが、実は疲労=疲労感ではないのです。
疲労」とは、作業効率などのパフォーマンスが低下した状態と定義され、実際に身体が感じる疲労であるのに対し、「疲労感」とは私たちが主観的に感じる疲労の度合いを言います。
つまり、疲労が蓄積されて今にも倒れそうであっても、時と場合によっては、疲れていると感じない、つまり、疲労感がない状態があり得るのです。
例えば、スポーツをしていると、よい結果が出ているときはあまり疲れを感じないのに、悪い結果のときはいつも以上に疲れを感じたりすることがあります。
また、全く同じ仕事をしているのに、非常にうまくいっている時に感じる疲労感と、まったくうまくいっていないときに感じる疲労感は全然違いませんか?
達成感や意欲を持って仕事をしている場合に私たちが感じる疲労感は、実際に身体が感じている疲労よりも少ないことが多いのです。
つまり、意欲や達成感によって、疲労が実際よりも過小評価されてしまうのです。意欲や達成感をもって仕事をしている人に過労死や突然死が多いのはこのためです。
青ざめるネコ
さて、疲労は、筋肉など身体の疲れである末梢性疲労と、脳の疲れである中枢性疲労に分けることができます。
  • 末梢性疲労

スポーツなどで激しい運動をした後や、長時間身体を動かした後などは、全身がだるい感じになったりしますね、これが末梢性疲労と呼ばれるものです。筋肉疲労や眼精疲労などが代表的な抹消性疲労です。これら肉体的な疲労は、身体を動かすことによって溜まっていく乳酸などの疲労物質が原因とされます。

  • 中枢性疲労

脳の疲れとされる疲労です。精神的ストレスや個人の性格などが影響している場合が多いと言われています。身体は疲れていないのに、だるいと感じたり、無気力になったり、頭痛や不眠などの症状が現れたりします。
さらに、疲労は、日常の生活で起こる生理的疲労と、病気が原因となる病的疲労にも分類することが出来ます。

  • 生理的疲労

日常生活の中で、精神や身体に負荷がかかった結果として作業効率が低下している状態です。この疲労は休息を取れば自然に解消していきます。

  • 病的疲労

癌、エイズ等の疾患やうつ病、睡眠障害等の精神疾患、慢性疲労症候群などの疾患による疲労のことで、比較的負荷の少ない状態であっても、慢性的な倦怠感や作業効率の低下が見られ、発熱やリンパ節の腫れ、記憶障害などの症状を伴うことがあります。

このように疲労はどこが疲れるか、何が原因で疲れるかによって分類することができますが、冒頭でも述べたように、実は疲労を感じるということは人間にとってとても大切なことなのです。
それは、疲労を感じるということは、体が発している休めのアラームであるからです。その生体アラームを無視して働き続けてしまうと、いずれ重篤な疾患を招く可能性がありますし、突然死過労死など生命を脅かす結果を招くことにもつながります。
倒れ込むウサギ

疲労回復に高麗人参が良いと言われる理由

さて、みなさんは、疲労回復に高麗人参が良いという話を聞いたことがありませんか?
高麗人参は、中国北東部から朝鮮半島を原産地とするウコギ科トチバニンジン属の主に根を乾燥させたもので、2千年以上前から世界各地で多くの人に重用されてきた漢方薬です。この高麗人参がなぜ疲労回復に良いとされるのかについて、ここではみていきたいと思います。
古くから滋養強壮・精力増進の食材として広く用いられていきましたが、男性向けに留まらず広く性別を越えた疲労回復にも役立つと言われてきました。またそれは、高麗人参に含まれるジンセノイドという成分によるものとされています。サポニン配偶体に分類されるもので、単独の成分ではなく複数の成分が集まって成り立っているのが特徴です。
また、それ以外にもアミノ酸ビタミンミネラルなどを豊富に含んでいることから疲労回復効果が期待されているのです。
まず、これら成分のサポートによって、自律神経が整います(疲労を溜め込んでいる多くの人はそれと感じないと思いますが、ストレスフルな現代社会において、自律神経が乱れていない人の方が少ないです)それにより自律神経の失調が原因で起こるとされる各種の病的な疾患や病的疲労を軽減されると言われています。
※自律神経失調症による体の不調についてはこちらの記事をご参照ください。そちらに自律神経失調症に対する高麗人参の働きについて考察しています。
自律神経のバランスが整うことで、血行が改善され、疲労物質を含めた老廃物を体内に溜め込まず、体外に排出されますので疲労の蓄積の原因を取り除くことにつながります。
さらに免疫力を高める助けも期待できますから、虚弱体質の改善を期待できます。このようにさまざまなサポート力が総合して疲労回復を助けるのです。

激しい運動に高麗人参が有効と言われる理由

以上のように自律神経に働きかけることによって疲労感が回復していくメカニズムがお解かりいただけたかと思います。
ちなみに有名な「ユンケル」には高麗人参の成分が含まれています。そのユンケルのCMはあのメジャーリーグで活躍しているイチローがイメージキャラクターですね。
そこからくるイメージでユンケルは激しい運動による疲労に効果があるとされていますが、なぜ高麗人参入りのドリンクが激しい運動による疲労に効果があると言われるのでしょうか。
それはこの高麗人参の成分の疲労回復の助けによるものなのです。
元気なネコ
激しい運動をするとまず肉体的疲労よりも先に精神的疲労を感じます。
精神的疲労とは最初に述べた中枢性疲労のことです。
その後、実際に肉体的疲労(末梢性疲労)が起こるのですが、激しい運動中や運動前に高麗人参を摂取すると 運動によって乱れる自律神経の乱れのバランスを整えてくれるので、精神的疲労が緩和されて、「いつもよりがんばれる」という気持ちになれるのです。
アスリートがなぜユンケルなどの高麗人参入りのドリンクを摂取するかという問いに対する答えがここにあるのです。
つまり、肉体をもっと追い込みたいのに中枢性疲労が先にきてしまって 精神的にブレーキがかかってしまい、それ以上体を動かせなくなることからで、高麗人参の成分を摂取することで自律神経の乱れを整えてある意味ウソの疲労である中枢性疲労を軽減させる必要性があるのですね。
この疲労を感じる仕組みについては、京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻栄養化学分野井上先生らの論文でも明らかにされています。

疲れた体を回復させる滋養強壮剤として期待される高麗人参

以上、高麗人参が、脳が感じる疲労に対するサポートをすることを述べてきましたが、もちろん、肉体が感じる疲労、末梢性疲労の回復を助けることも期待されています。
肉体的疲労を回復すること、言い換えれば滋養強壮のことですね。高麗人参の滋養強壮に関する詳細は、別途記事をアップしておりますのでそちらをご参照ください。ここでは簡単にご説明させていただきます。
高麗人参は虚弱体質な方の体質改善サポート、病後の体力回復サポートとして、体の弱った部分に必要な栄養を補給する力があるのです。これを滋養強壮といいます。

まとめ

ストレスフルな現代社会において疲労は誰しもが感じるものですが、それは日常生活の質を著しく低下させる原因だとしたら、少しでも緩和させることが急務だといえます。
そんな疲労回復に自然由来の副作用のない高麗人参は最適なものです。高麗人参を摂取して、疲れにくい体を手に入れましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄