日本人では10人に1人ほどが経験があると推測される口唇ヘルペスは、唇の周りに水を持った赤みのある出来物が出てかゆみや痛み見た目も気になり、お悩みの方も多い病です。年齢とともに感染する割合も高くなります。

実際に私も子供の頃からヘルペスに感染し、今まで疲れが溜まると発生するヘルペスを何度も繰り返し、そのたび憂鬱な気持ちになります。今でもなんとか根本治療できないものかと悩まされている症状です。

なるべく口唇ヘルペスを再発しない、発症しないように日頃からでることを取り入れてみましょう。

にこやかな医者

口唇ヘルペスとはどんな病気

口唇ヘルペスは、風邪をひいたり体調不良だったり、ストレスや疲れがたまって免疫力が低下し、心身ともに弱っているときに感染し再発しやすい病です。

主な症状は、次のような段階で経過します。初期では、唇や口の周りがチクチク、むずむず違和感があり赤みを帯びる部分がでてきます。しばらくするとウィルスの増殖から、赤く腫れた部分が小さな水ぶくれに変わります。

水ぶくれの中に含まれた液体にはウィルスがたくさんいるので、水ぶくれがやぶれても触らないように注意します。水ぶくれは軽いかゆみや痛みを伴うこともありますが、次第に水ぶくれはかさぶたとなり症状は10日から2週間ほどでおさまります。

感染していても必ず発症するわけではなく、気づかないこともあります。幼少児期に大人から感染することも多くありますが幼少児期での感染は、症状が現れないか発症したとしても軽症で済みます。

しかし大人になってからの初感染では発熱、頭痛、倦怠感、リンパの腫れ、など全身症状が現れ重症化しやすいとも言われています。

口唇ヘルペスは一度かかると一生ウィルスが潜伏することになり、治っては体調によってまたかかってしまうことを繰り返します。

口唇ヘルペスの原因は

悪そうな顔をしたウイルス

口唇ヘルペスを引き起こす原因は、現在8種類あるヘルペスウィルスの中で「単純ヘルペスⅠ型」というウィルスです。単純ヘルペスⅠ型のウィルスは、顔の周りや上半身などを中心に発症することが多く、角膜炎や歯肉口内炎、ヘルペス脳炎、咽頭炎なども引き起こすウィルスです。

ウィルスが原因の口唇ヘルペスは患部や唾液に含まれたウィルスから感染するので、幹部の接触や飛沫感染によって感染することが多くなります。感染を防ぐには、ヘルペスウィルスを寄せ付けねないようにすることが一番で、患部には極力触らない、すぐに手を洗う、同じタオルや食器は使わない、よく洗うなどの配慮が必要です。

単純ヘルペスウィルスは非常に感染力が強いのが特徴で、体内の神経細胞の集まりに潜り込み一生住み着くので、体の免疫力が弱っている時には出てきやすくなり、急に暴出し再発することがわかっています。

口唇ヘルペスかなぁ…と疑わしい時には

口の周りに水疱が現れ、口唇ヘルペスかもしれないと感じた時は、すぐに病院へ行きましょう。基本的には皮膚科の受診となりますが、近所に皮膚科がなかったり都合が合わない場合は内科でも診察は可能です。

診察内容は、問診と視診が中心で、ほとんどの場合その場で確定します。口唇ヘルペスに対する検査は特に必要はありません。少数ではありますがウィルスが脳へ移行してしまうと「ヘルペス脳炎」を起こすことがあります。

ヘルペス脳炎の疑いがある場合は、神経内科などで髄液の中のウィルス検査、CT、MRI、脳波などの検査を行います。また、口唇ヘルペスに感染したことがあるかどうかを調べたい時は、血液検査を行いウィルスの抗体を調べればすぐに判明します。

治療方法と処方される主な薬

色々な薬

口唇ヘルペスだと分かると、放置していても時間とともに治りますが早く治したい場合には治療には「抗ヘルペスウィルス薬=抗ヘルペスウィルス剤」と呼ばれているお薬が処方されるでしょう。

抗ヘルペスウィルス薬には、ウィルスの増殖を抑える働きがあり、発症して早い時期から使用した方が高い効果を得られます。抗ヘルペスウィルス薬には錠剤や顆粒の飲み薬と軟膏やクリームタイプの塗り薬、点滴があり、症状の程度や場所などにより使い分けて使用されます。また患部に痛みがある場合は、痛み止め、鎮痛剤なども使用されます。薬は症状の程度により、量や服用期間は変わります。

  有効成分 タイプ 副作用
ゾビラックス アシクロビル 内服薬 外用薬 腎機能が低下している方は服用には注意が必要
バルトレックス 塩酸バラシクロビル 内服薬 頭痛、眠気、吐き気、下痢など
アラセナA ビダラビン 外用薬 皮膚のかゆみ、赤みが出ることがある

どの薬の副作用も軽度であり、副作用の少ない安全な薬ではありますが、ごく稀に副作用が出る場合もあります

一度ヘルペスウィルスに感染してしまうと、現在の医学ではすべてを退治することができません。抗ウィルス薬を使用し口唇ヘルペスが一度治ってもヘルペスウィルスがいなくなったわけではなく、また再発するチャンスを狙っています。体の抵抗力が落ちたり、免疫力低下などのちょっとしたきっかけでウィルスは暴れ出すのです。

口唇ヘルペスの市販薬

皮膚科や内科にかかり、薬を処方してもらう他に数年前より薬局やドラッグストアなどで販売されている市販薬を購入することもできるようになりました。しかし、抗ウィルス薬の飲み薬は原則として病院で処方してもらうのが原則となっています。

そしてドラッグストアなどで購入できる市販薬は、過去に病院にかかり口唇ヘルペスであると診断されたことがあり同じ症状である場合に限り購入し使用することが許可されています。そのため、市販薬は再発治療のための薬であり初期に現れる口周りのピリピリ、むずむずしてきたサインを感じ始めたらすぐに使用することで早期からウィルスが増えることを抑えることができます。

●皮膚科で処方される薬と同じ成分を含む市販薬

  • ヘルペシアクリーム(大正製薬)
  • アクチビア軟膏(グラクソスムスクライン)
  • アラセナsクリーム(佐藤製薬)

口唇ヘルペスの治療中や再発予防のための食事内容

食事をする女性

口唇ヘルペスにかかってしまったら薬を頼りにするとともに、なるべく早く治るように活躍してくれて近道にもなるような食事を意識することも大切です。また、普段からの食事内容によっても再発を防ぐことにもつながります。

口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウィルスは、風邪や体調不良で免疫力が低下した時に活発になります。そのことからも、普段から健康でウィルスに負けない活力がつく食事内容を意識するといいでしょう。ヘルペスに力を発揮する成分は「リジン」といって、ヘルペスウィルスの大好物である「アルギニン」(ナッツ類、チョコレート、コーヒーなどに含まれるカフェイン)を抑える働きがあります。

リジンは、豆腐、納豆、小豆などの大豆類、鶏肉、牛肉、豚肉など肉類、サバ、サケ、かつおなど魚介類など含まれます。ヨーグルトなどの乳製品も取り入れましょう。偏った食事内容でなくバランスよく栄養の高い食品を取り入れることを意識しましょう。

口唇ヘルペスの助っ人になる存在

口唇ヘルペスに関して、病院で行われる治療や市販薬、食事面で気をつけることなどお話してきましたが、最後にお伝えしたいのが高麗人参という漢方についてです。

高麗人参

高麗人参は、2000年ほど前の中国の医学書に存在が確認されていて古くから万能薬として人々の健康を支えていて愛され続けています。

自然由来のジノセノサイドというサポニンの成分が持つパワーは驚異的で高麗人参には豊富に含まれている成分です。ヘルペスウィルスは、神経の中に一度入り込んでしまうと完全にやっつてることは出来ず、押さえ込みながら上手に付き合っていくことになります。

高麗人参は、口唇ヘルペスの直接的な特効薬にはなりませんが、滋養にすぐれ健康な元気な体と活力のある毎日を支えてくれる助っ人として大変頼りになり、ヘルペスで悩まされる回数を減らすことにもつながるでしょう。

ブロガーさんの記事でも、高麗人参飲んでいるとヘルペスが出にくくなったという記事がいくつかありました。高麗人参はサプリなどで手軽に取り入れることができるので、ヘルペス対策の相棒として普段から取り入れるてみてはいかがでしょうか。

まとめ

幼少期からヘルペスと付き合いのある私は、ヘルペスが出る出ないが自身の健康や抵抗力のバロメーターにもなっています。

やはり体力が低下している時や年齢とともに現れやすくなり、ヘルペスそのものへの対策というより元気で活力に溢れた体作りが大切であると実感しています。高麗人参は、口唇ヘルペスの再発や予防だけでなく全身のめぐりに働きかけ万病に効くとして、数々の優れた特徴を持っています。元気な毎日の為にも、一度試してみる価値はありそうですね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄