仕事や勉強が立て込んで疲れが溜まってくると口の周りに発疹ができる。病気だ~って大げさに休むほどではないけど、痒いし痛いしうっとうしいし恥ずかしい。口唇ヘルペス持ちの方にとっては病気ですね。

感染力の強いウイルスなので、身近な人にヘルペスをうつしてしまわないかも心配です。

罹患してしまうと完治できませんから、できるだけ再発を避け、病気と上手く付き合うにはどうしたらよいのでしょうか?口唇ヘルペスについて、原因や治療法についてとことん考えましょう。

口唇ヘルペスってどんな病気?症状は?

頭に?を浮かべる女性

まず、口唇ヘルペスとは一体どのような病気なのかをご説明しましょう。

口唇ヘルペスの主な症状は、唇にできるできもの(水ぶくれ)です。日本人の10人に1人は感染していると言われており、多くは子どものうちに罹患します。また、感染者10%が、再発性口唇ヘルペスという形で症状が現れます。

症状は、初感染なのか再発なのか、あるいは体調の善し悪し、体力のあるなしなどで程度が変わってきます。

再発よりも初感染の人の方が重症化しやすく、発熱や顎下リンパ節が腫れるなどの症状があります。 これはどんな病気でもそうですが、体調が悪ければ悪いほど症状は悪化し易いです。

いつ初感染をしたかということも、症状の強さに関わってきます。子どものうちに感染して免疫ができれば、発症しても重症化することはありません。

逆に大人になってから初めて感染すると、強い症状が現れることが多いとされています。

特に重症である場合を除き、以下の4段階をへて2週間ほどで軽快してきます。
  1. 患部に刺激やむずがゆさ、ほてり感などを感じる。
  2. ウイルスが活発に増殖を始め、患部が赤く腫れてくる。
  3. 赤く腫れた上に水ぶくれが出てくる。それが破れて、中に含まれる内容物が体の他の場所に触れることで感染が広がる可能性があるので注意が必要
  4. 水ぶくれがかさぶたになり、回復。
何度も再発を繰り返している人なら(1)の症状が出てきた時点で前兆が分かることもあります。また、治療は(2)の段階までに開始することが効果的です。ウイルスの増殖を抑えれば軽症で済ませることができるからです。
感染経路は接触によるものです。ウイルスを持っている人と直接接触するだけでなく、ウイルスの付着したタオルやグラスなどを共有しただけでも感染してしまうので注意が必要です。

また、感染してもすぐには症状が出ず、何年もたってから水ぶくれなどの症状として現れることもあります。