高麗人参は古来より生薬の王様として時の権力者たちに献上されてきました。

今でもその高い健康サポート力が実証されていて漢方薬やサプリメント、化粧品の原料として重用されていることから、一般的に薬として、認知度が高い高麗人参ですが、元々食材なので、体に悪影響を及ぼすような副作用の問題はないとされています。

しかし、ごく稀にある種の薬との飲み合わせや、巡りをよくするパワーの強さからくる好転反応(メンケン反応)と呼ばれる一時的な副作用のような状態を呈する場合があります。
ここでは、そういった高麗人参のデメリットや副作用について検証していきたいと思います。

ワーファリン製剤との併用禁忌!

NGの札を出すイヌ

重篤な血栓症や塞栓症の治療の際に用いられるのが「ワーファリン製剤」です。
重篤な血栓症や塞栓症というのは慢性的で進行性(難治性)の体の中で血の塊ができやすく重度の血流障害を引き起こす疾患で、その代表的なものとしては次のようなものがあります。
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • エコノミークラス症候群
  • DIC(出血を伴う大手術の後に造血機能がバランスを失い血管内凝固と溶血を不定期に繰り返す重篤な状態のこと)
ワーファリンはこうした重症度の高い血栓症や塞栓症の治療の際に用いられるというところからもわかるように、溶血作用のある薬です。

薬の能書にも”食品との相互作用(いわゆる食べ合わせ)”についての記載があるほど投薬の際には十分な注意が必要なのです。

血栓や塞栓とはコレステロールや糖質の過剰摂取によって血液がドロドロ状態になっている(粘り気がある)状態で、赤血球同士あるいは赤血球と血小板とが結合してしまうことや、出血が認められた場合にはその部分に血小板が集中して血の塊を作って止血する作用が通常であれば問題ない作用が暴走してしまい血管を詰まらせるような塊を作ってしまうことや、感染症などによって白血球などの免疫細胞の死骸(膿)が大量に生じ、塊を作ってしまうことなどによって起こり、それが血流を阻害してしまう状態を指しています。
青ざめるネコ
ワーファリンはこうした血の塊を溶かして取り除くための薬で、血液中のタンパク質を分解してしまう作用があるのです。

このため、食品に含まれている「血流を高める機能」のある成分と併用することで溶血作用が進んでしまい、貧血や低血圧発作を引き起こすリスクが高まってしまうのです。

したがって巡りを良くしてやサラサラへと導く力が高いとされる 以下のようなものとの併用は絶対に避ける必要があるのです。
  • サポニン
  • 硫化アリル(玉ねぎやニンニクなどの辛み成分)
  • イソフラボン
ただし、上記のようにワーファリン製剤は重症度の高い血栓症や塞栓症などに対して緊急的に処方される薬ですので、普通に健康な状態や軽度~中等度等の生活習慣病では用いられません。
つまりワーファリン製剤を現在服用中でなければ、高麗人参が持つ巡りを良くする力があなたにとってのデメリットになることはまずありません。
少なくとも現在のところワーファリン製剤以外の薬との飲み合わせで健康被害を生じてしまったという例は報告されていませんのでご安心ください。

これだけ長い歴史を持つ高麗人参について飲み合わせや副作用が報告されていないということはそれだけ安全性についても保証されているということですね。

笑顔の女性

葛根湯との併用も禁忌です!

風邪薬としておなじみの葛根湯ですが、これも高麗人参との併用は禁忌です。
体力が落ちてしまって元気になりたいからどうしても併用したい場合は、高麗人参の服用後、2~3時間の間隔をあけて服用してください。
ちなみに風邪などの発熱時に葛根湯を飲まれる場合は、高麗紅参の飲用はお控えくださいと但し書きなど説明されていることがありますが、 そもそも発熱がある場合には葛根湯では効果はありませんから、この説明は間違いです。

葛根湯は発熱や風邪をひくより前に飲まないと意味がありません。熱が出たと言ったら葛根湯をだしてくるような人は 葛根湯の用法を知らない人と言っても過言ではありません。

カリウムの含有量にはご注意を

病気によっては、一日のカリウム摂取量を厳しく制限されている人もいるかと思いますが、そういう人の場合、服用しようとしている高麗人参に含まれるカリウムの量について注意を払ってください。
場合によっては、カリウムの一日の摂取量を超えてしまう可能性があります。

高血圧への働きについて

高麗人参を飲むと「巡り」が良くなることから、頭部もポカポカと巡ってくると感じることがあります。
このことから「高血圧症の人が高麗人参を飲むと急に血流が良くなりすぎて、反って血圧が上がってしまい、血管に負担をかけるため解離性血管炎(血管が裂けて大出血を起こす状態)などを起こすリスクがある」などと書かれている記事を見かけることがあります。

しかしまずこれは事実無根と見ても良いでしょう。

×の札を出すネコ
この意見は「高血圧症」について全く理解していない人が言っていると言っても過言ではありません。

なぜなら、前述したように問題になっている病気の原因には「血流障害」が関与していて、血流障害に起因して、または他の疾患から二次的な症状として高血圧を発症し、それにより代謝バランスやホルモンバランスが乱れるからです。

人が抱える健康被害は「血流障害」によって大半はもたらされるといっても過言ではないのです。ということはほぼ全ての疾患やケガの陰には「高血圧」が存在しているとも言えます。
例えば風邪をひいて上気道部にウィルス感染からくる強い炎症反応を見せている時も炎症部では腫張を起こしていることからその部分は血流障害が起こり血圧は高くなります。

高血圧症とは慢性的に血管のどこかに炎症が起こっている状態であり、がん、血栓、ケガやウィルス感染による炎症などは高血圧を誘発する原因にもなるのです。

実際に高血圧の治療薬もその目的は血流を改善することであり、そのために血栓を溶かす薬やカルシウムやマグネシウムなど特定のミネラルの作用を阻害させる薬などを処方します。
こうした薬の投与が目指すのは「体内の流れを改善させて脳が持つホメオスタシス機能を正常化させて、体内のバランスを整える」ことに尽きますので、その点に於いて「巡り」を良くする高麗人参を導入することと目的はずれていません。
いずれにしても高麗人参はホメオスタシスの働きが高く、「巡り」を良好な状態にコントロールしてくれる力が期待できるものです。
喜ぶネコ
そうでなければ高麗人参の持つ健康維持力はほとんどが矛盾していることですし、進行性の動脈硬化症を合併していて血管がボロボロになっている状態で血流障害を起こしている重症度の高い高血圧症の場合は集中的な治療が必要な状態ですので、ここでの話からは状況が全く違います。
私たちが普段認識している高血圧症(恒常的に高い方が130mmHg~160mmHgの範囲に収まっているような状態)であれば問題視する必要性は極めて低いと思われます。
高血圧というのは正常ではない血圧なので正常な血圧の数値に戻そうとするのが高麗人参で、言葉を丁寧に使うなら血圧を下げるのではなく、血圧を正常値に戻そうとするので、結果して高血圧なら血圧は下がるし、実際に高麗人参の本場韓国ではそのような論文が数多く発表されています。

乳がんと高麗人参の関連性について

高麗人参の優れた働きとしてうたわれているホルモンバランスの調整機能についてですが、例えば乳がんの既往や現在乳がんで治療中の患者さんに対して導入することに関しては、いろいろな研究者の間で評価が分かれています。
まず、高麗人参導入に否定的な専門家の意見としては、”乳がんとは女性ホルモンが過剰分泌されることが原因で起こるため、女性ホルモンの分泌を潤滑にする働きがある高麗人参を導入することはリスクがある”というものです。
乳がんは乳線の細胞が過剰に線維化することが原因で発症する疾患であることは事実です。原因のひとつとして女性ホルモンの分泌異常が指摘されています。しかしながら、それが乳がん発症原因の全てであるとは断言できません。あくまでも原因のひとつではないかということです。
説明する医者
また、高麗人参に含まれているサポニン成分であるジンセノサイドには40種類ほどが確認されていて、その絶妙な配合バランスによって「ホルモンバランスの調整機能」がもたらされているとされているのですが、それは女性ホルモンや男性ホルモンを過剰分泌させる働きとは無関係なものです。
もしも高麗人参に乳がんへのリスクを高めるほどのエストロゲンの分泌させるための働きがあるとするなら、男性向けの強壮剤に配合されることに関しては矛盾が生じますね。

また、どれだけたくさん摂取すればそんなに強い反応が出るのかということに関する研究もなされていませんし、論文等も存在していません。

これは高麗人参が女性の更年期に現れる悩みや不調に対するケアに高い有用性があることを逆に取ってしまった結果からくる誤解であると言っても過言ではありません。

要は、更年期障害は女性ホルモンが減ることで発症するのだから、それを緩和するということは、女性ホルモンの分泌を促進させるに違いないというイメージですね

一方で高麗人参導入 に賛成している専門家(もしくは容認している専門家)の意見としては、高麗人参の健康サポート力とはそもそも「*ホメオスタシス」によるもので、何か特殊なホルモンや酵素などの生体物質、アミノ酸などの分泌や代謝を向上させるものではありません。
ですから「巡り」を良くさせることで脳と自律神経のバランスを整え、豊富な栄養素からその時に必要なものを供給したり引き出したりすることで生体内のバランスを良好に維持するためのものですから、デメリットではなくメリットになりうるものと結論付けています。
*ホメオスタシスについては過去記事に記載しておりますのでそちらを参考にしてください。
指をさすネコ
なお、以前は、大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲン様作用があるため、ホルモン依存性乳がんを発症したか罹患した人は、大豆製品も食べない方が良いというように言われていましたが、上海のコホート試験の結果、実は、ホルモン依存性乳がんの場合でもむしろ大豆製食品を多く摂取した方が、再発率が低いことが明らかになり、それ以降はホルモン依存性乳がんの患者さんも大豆製食品を多く摂取しても問題ないと考えられるようになりました。
このように以前はだめであったものが現在はむしろ推奨されるようなケースもあります。現段階では乳がんを罹患した人への高麗人参の摂取については、良いものとも悪いものとも結論は出ていません。
ですから、もしもあなたが、白黒決着がついておらず、摂取して悪い結果が出るのがいやならば、摂取を控えるべきですし、治療結果が思わしくなく、他の治療を試したい、まだ結論が出ていなくても摂取をしてみたいというのであれば、あくまでも自己責任はありますが摂取を試すというのもひとつの選択肢ではあります。

まとめ

このように高麗人参を副作用やデメリットから論じた場合、懸念されることは、ワーファリン製剤や葛根湯との併用だけと考えて良いでしょう。
高麗人参の有用性をある特定の側面から捉えればいろいろなリスクを挙げることは簡単です。しかし、高麗人参は特有のジンセノサイドという高麗人参特有の有益な物質が絶妙のバランスで配合されていて、特定の物質の分泌や働きを亢進させたり抑制させたりするということではなく、全体的なバランスを調整するために働く完全栄養食です。
ですから、重篤な状態で集中的な治療が必要とされるような深刻な病気でなければ、高麗人参の導入はメリットの方が大きいと言えるでしょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄