不眠症とは、「眠いのに寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」「寝た感じがしない」「早朝目が覚める」などの睡眠障害の一種です。
十分な睡眠が得らないという主に夜の間の睡眠トラブルであり、意欲低下、集中力がない、だるい、食欲不振など日中の生活に不調を感じ支障が出てしまう状況のことです。
日本の成人5人のうち1人には何かしらの睡眠トラブルを抱えていると言われていて、年齢と共に増加する傾向にもあります。不眠症は特別な病ではなく、誰にでもよく起こりうる身近な病気なのです。

あなたはどのタイプの不眠症?!

寝付けない女性

不眠症には主に4つのパターンがあると言われています。
  1. 入眠障害

    眠たいのに寝付けない、布団に入ったのに眠れないなど、眠りに入れない状態です。朝方まで眠れないこともあり不眠症の中では一番多い症状になります。

  2. 中途覚醒

    頻尿や風邪などが原因でなく、眠りにつくことができても寝ている最中に何度も目が覚めてしまう状態です。

  3. 早期覚醒

    特に用がなくても起きようと考えている時間より早く目が覚めてしまい、また眠ろうとしてもなかなか眠れない状態です。うつ病の方や高齢者に多く見られる傾向があります。

  4. 熟眠障害

    十分な睡眠時間を取れているはずなのに、疲れを感じる、体が休まっていないと感じる状態です。睡眠時間はとれているということから、不眠症が原因とは気づきにくいパターンです。

以上でご紹介したようなことが、自分の身にも起きていませんか。
そこで、次は自分でもできる不眠症チェックについてご紹介します。

不眠症かも…と感じたらまずは自分でチェック

チェックする犬

不眠症であるかどうかの判定は、具体的なガイドラインなどがありません。
なので、「最近寝つきが悪い」「夜中に何度も目が覚める」「寝た気がしない」など、何となく不眠症かもと思いはじめたら自分の睡眠状態を把握して自己チェックしてみましょう。
簡単に不眠の程度がチェックできるサイトを3つほどご紹介します。
不眠症 診断チェック 全8問 所要時間1分ほどです。
スイミンネット 全28問 自分の不眠のタイプを診断できます。
快眠推進倶楽部 眠りの状態チェックシート 
世界保健機関WHOが中心となり設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」の作成した判定法に基づいたチェックシートです。

不眠症を引き起こす自律神経の主な4つの原因

ため息をつく動物

不眠症の原因には、次のような自律神経の働きが大きく関わっているようです。
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 加齢などによりホルモンバランスが乱れ自律神経が乱れる
  • 考え事や心配ごとによる自律神経の乱れ
  • 興奮による自律神経の乱れ
ご紹介したように4つにはいずれも自律神経の乱れが関係しています。
つまり自律神経のバランスが狂い、交感神経が何らかの原因で以上に高ぶり興奮していることによって不眠症が起きていると考えられます。交感神経が緊張している状態では、なかなか不眠症は改善できないでしょう。
そして、もう一つ考えられる原因が悩んでいる方も多い「夜間頻尿」です。夜間頻尿とは、夜眠りについたのに排尿の兆候により「睡眠中に1回以上おしっこで起きてしまうこと」と定義されています。自律神経の乱れとは関係なく起こり、慢性的な睡眠不足の原因になります。
年齢とともに眠りも浅くなり、腎臓の機能の衰えなどから、年をとるにつれ夜間頻尿は増加する傾向にあります。トイレに行きたくなって目を覚ましたのか、目が覚めるからトイレに行くのか、よく分からなくなってしまい、悪循環に陥る方もいるようです。
夜間頻尿の原因は年のせいだけではなく、生活習慣を改めることで改善できるケースもあります。
トイレ

熟睡の意味、分かりますか

不眠とはいったい何なのかを正しく理解するために、“そもそも熟睡とは何かを”理解して不眠のメカニズムを説明しましょう。
眠りは、次にご紹介する2種類の異なる睡眠により構成されています。

レム睡眠

身体は深く眠っているはずなのに実際は眠りが浅く、脳は活発に動いている状態です。自律神経を休ませる為の睡眠で、睡眠全体の約20~25%を占めています。目覚めの前などがそうで、レム睡眠の時にはすっきりと起きることができます。
●特徴
  • 目がきょろきょろ動く
  • 夢を見たり金縛りに合いやすい
  • 呼吸、脈拍が不規則で、血圧は変動する
レム睡眠では、自律神経に乱れが起こり血圧、心拍数、呼吸数が乱れます。特に明け方は自律神経の状態が不安になり、血圧や心臓にトラブルが起こりやすくなります。

ノンレム睡眠

深い眠りで身体と脳をしっかり休ませるための睡眠です。睡眠時間全体の約80%を占めています。ノンレム睡眠は眠りの深さで4段階に分けることができます。居眠りはほとんどがノンレム睡眠になり、短い時間の睡眠でも脳の休息になります。
第1段階→入眠期、まどろみ期とも言われ、ごく浅い眠り
第2段階→軽睡眠期 安定した状態ですやすや浅い睡眠、意識はない
第3段階→中程度睡眠期、徐波睡眠とも言われ、中程度の睡眠、完全に意識はなくリラックスしている状態
第4段階→深睡眠期 最も深い睡眠でリラックスしている状態
●特徴
  • 眠りについてすぐあらわれる
  • 夢はほとんど見ない
  • 身体を支える筋肉は動いている
  • 呼吸や脈拍、血圧は安定している
  • 身体は副交感神経が優位に働いている
  • 居眠りはほとんどがノンレム睡眠になり、短い時間でも脳の休息になる

眠りのメカニズム

ぐっすり眠るウサギ

眠りに入るとまずノンレム睡眠になります。だんだん深い眠りに入りますが、約90分ほどで眠りが浅くなるレム睡眠に変わります。レム睡眠が20ほど続くと再びノンレム睡眠に入ります。
この流れをひとつのサイクルとして、朝の目覚めまで8時間睡眠の場合にだいたい4~5サイクルレム睡眠の時は自律神経を休ませ、ノンレム睡眠になると脳を休ませるというように交互に休息を取るメカニズムになっているのです。
「ぐっすり眠れた~」という「熟睡している」状況になるには、寝付いてから最初の3時間がカギになります。質の良い睡眠を得るには、最初の3時間で深いノンレム睡眠時(第3段階、第4段階)に入っている必要があります。
実は深いノンレム睡眠は、最初の3時間に集中して現れ、眠りの後半ではほとんど出てきません。睡眠時間は8時間しっかり取れたとしても、最初の3時間で深いノンレム状態に入っていなければ、大脳がしっかり休むことができず、「寝た気がしない」などの疲労感が残ります。
このように、充分な睡眠時間をとっているはずなのに熟睡した感覚が得られないことを「熟眠障害」といいます。睡眠時間が5時間ほどだったとしても、最初の3時間で深いノンレム睡眠に入っていれば大脳が休まり、「よく眠れた」という満足感を得られ、疲労感も取れるということになります。
このように、不眠症のひとつである熟眠障害は、最初の3時間で深いノンレム睡眠に入れなかった為、大脳の疲労が残っていることが原因だと考えられます。睡眠時間より眠りの質のほうが大切な要素であるといえるでしょう。

うつ病=不眠症になりやすい理由

元気のないハートのキャラクター

不眠はうつ病を患っている患者さんにも多く見られる症状で、うつ病患者の約9割に不眠などの睡眠障害が見られます。うつ病の初期症状としても不眠がひとつのサインになることもあります。なぜ、うつ病でも不眠が起こるのでしょうか。
ネガティブなことを考え続けるようになると、自律神経失調症の一種である「うつ病」という病名がつきます。強いストレスや不安などが原因で考え事が多くなると交感神経優位な状態が長く続くので、眠りたいのになかなか眠れない状態になってしまいます。安眠には副交感神経の働きが必要なのです。
病院で処方される抗うつ剤の役割は、交感神経を薬によって抑え自律神経を安定させることです。その為、抗うつ剤を服用すると副交感神経が優位になり、昼間でも眠気が起こってしまうのです。
うつ病が原因で不眠症にお悩みなら、副作用も強い抗うつ剤を服用するより、睡眠薬や睡眠導入剤を摂るほうがいいかもしれません。ただし自己判断は禁物で必ず担当医師への相談を行い、きちんと診断してもらいましょう。

睡眠薬と睡眠導入剤の違い~どれを飲めばいいのか

病院の薬

先ほどの説明でも登場した「睡眠薬」と「睡眠導入剤」。とても似ている用語ですが、二つに違いはあるのでしょうか。
結論からお話してしまうと、睡眠薬と睡眠導入剤はどちらも睡眠作用のある薬に分類され、ほぼ同じ意味ということになります。しかし、効き方や作用に違いがあります。
睡眠薬は即効性はありませんが長く効き、眠らせる力を与える薬です。夜中に何度も起きてしまう中途覚醒タイプや早く目が覚めてしまう早期覚醒タイプの方に優れた効果を発揮します。
睡眠導入剤は、特に入眠させることに優れた力を発揮する薬で、睡眠導入(寝つき)という文字通り、寝つきを良くする為の薬と言えるでしょう。即効性もあります。その為、不眠症の4つのタイプの中でも、入眠障害タイプの方に効果を発揮します。

快眠、安眠できる?!睡眠系サプリをご紹介

サプリメント

睡眠薬や睡眠導入剤の副作用などが気になる方は、睡眠・快眠が目的のサプリを取り入れて質の高い睡眠を実現してみてはいかがでしょうか。
・グッドナイト27000(ECスタジオ)
睡眠の質を高め、朝のスッキリした目覚めを実現してくれるサプリです。
特徴としては、7種類の主な成分にプラスして他の商品には含まれていない「みるくリラックスぺプチド」であるラクティウムが配合されています。
ぐっすり感の効果を感じているという口コミも多く、試してみる価値はありそうですね。お得な定期購入では「3回以上の継続」がお約束になっているので、1回で解約というわけにはいかない点には注意が必要ですね。
・これがナイト(健康家族)
植物成分を配合し、快眠へと導いてくれるサプリです。植物成分ということで、薬のような強さがなく優しく効いてくれることに安心感を持つ方が多いようです。
1袋30粒入りで1回2粒を目安にした使用量なので、1袋で半月分ということになります。1回あたり2粒で202円と少々コストが高めかもしれませんね。
・ネムリス
睡眠の質を高めて、快適な睡眠でスッキリした目覚めを与えてくれるサプリです。8種類の天然成分を使用しているので、副作用もなく気軽に取り入れることができます。また検証実験を行い安心と安全にこだわっています。
粒は小さめで飲みやすいのですが、香りが強めなので臭いに敏感は方はお試しからはじめてみた方が良いでしょう。

夜はグッスリ、朝は元気ハツラツのパートナーに高麗人参

グッドと言っているシロクマ

眠りの事でお悩みの皆さんの中には、上記でご紹介した薬以外の方法で何を摂取すればいいのか分からないとお悩みの方もいらっしゃると思います。そこで、私達の眠りを助けてくれるサポーターをご紹介しましょう。
健康を支えてくれる和漢の王様としても有名な高麗人参は、乱れたバランスを整える力に優れていて気持ちを穏やかにしてくれます。
ストレスに負けない身体と心を作り、優しく心地よい眠りへと導いてくれるのです。天然成分由来の高麗人参は副作用もなく、質の高い睡眠を感じられる存在になるでしょう。

まとめ

眠りたいのに眠れない、翌朝も体がだるい…私にも同じような経験があります。産後うつ病に症状が進み、睡眠薬を処方され服用しました。
しかし、私の服用した睡眠薬の眠りはすごく深く、子育て中でしたが子供の泣き声や異変にも気がつけないほどで、逆に不安になり服用を中止した経験があります。薬の服用に関しては必ず医師相談することですが、深すぎる眠りでは支障がある方は慎重になったほうがいいかもしれませね。
その点、高麗人参など天然成分由来のものは、急激な変化ではなく穏やかにリズムを整えてくれるので安心して長く続けることができそうですね。高麗人参で、睡眠リズムを整えて爽やかな朝を迎えましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄