エコノミークラス症候群は、飛行機に乗った時だけだと思われがちな病気です。普段でも同じような姿勢で4時間以上座ったままで足を動かさないでいると血栓ができる危険性は2倍にも跳ね上がります。

震災での避難よって車中でも起こり命を落とした方もいらっしゃったことからも、気づかずに放っておくと命に関わる危険性のある病です。

血栓は目に見えないことからも気づかぬうちに増えていることが多く、心当たりのある方は早めの対策が大切です。

出来るだけサラサラの血液でいることがエコノミー症候群を防ぐ秘訣でもあり、今回はエコノミー症候群の情報とともに、普段の生活にプラスすることで綺麗な血液を保つことができる秘策についてもお話していきましょう。

エコノミークラス症候群とは

飛行機の中でつらそうにする男性

エコノミークラス症候群とは、長時間座ったままだったり足を動かさずに同じ姿でいると下肢が圧迫されて、うっ血した状態になります。すると、足の深部(股関節、ふともも、ふくらはぎ)にある静脈に血のかたまりである深部静脈血栓が発生します。

長時間座った後、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れていくと肺の血管をふさぎ詰まってしまい(肺塞栓)、このことをエコノミークラス症候群といい、正式名称は静脈血栓塞栓症といいます。

深部静脈血栓塞栓症の段階では死につながることはありませんが、深部、足などにできた血栓が、長時間同じ姿勢でいた後に急に歩き出すなどの刺激により動き出し血栓がはがれます。

その血栓が大静脈を通り心臓を経由して肺動脈に入り込みその部分が詰まってしまうと呼吸不全などにつながり、最悪の場合は死に至ることもあります。

空港などに降りて歩いている時に急に発症することが多く急死につながることもあるので、「急性」という単語がプラスされ「急性肺血栓塞栓症」という死因になります。

つまり「深部静脈血栓+急性肺血栓塞栓症=エコノミークラス症候群」ということです。

別名、旅行者血栓症とも言われているコノミークラス症候群は、エコノミークラスの飛行機に乗り長時間同じ姿勢でいた後に、飛行機を降りて空港のロビーなどを歩いている時に足に出来てしまった血栓がはがれて、肺動脈に至るケースが複数見られたため、通称エコノミークラス症候群という名前で広く知られるようになりました。

しかし、飛行機のエコノミークラスでのみ起こる症状ではなく、ビジネスクラスや長距離運転のドライバー、東日本大震災の時に津波から非難するために車内で非難生活を行った方からも発症したという例は報告されているように、飛行機のエコノミークラスだけ注意が必要なわけではなく、長時間のデスクワーク映画鑑賞や演劇鑑賞など身近でも起こると考えられ、同じ姿勢で長時間じっとしている機会が多い方は発症する可能性があるので、十分な注意が必要です。

エコノミークラス症候群では、なぜ足に血栓ができやすいのか

頭に?を浮かべる男性

正式名称が静脈血栓塞栓抜症であるように、エコノミークラス症候群は静脈に血栓が詰まることによる病です。どうして足を中心に血栓が詰まるのかをお話しする前に、動脈を静脈との違いからご説明しましょう。

内膜、中膜、外膜の3層からなっている血管には、動脈と静脈と働きが異なる血管があります。動脈は、心臓のポンプによって送り出された血液を全身や末梢にまで運ぶ役目をもつ血管で全身の組織に酸素も運んでいます。血流と血圧に負けないように厚く弾力があり伸縮性もあります

一方、静脈は全身からの血液を心臓に送りかえる働きをしている血管で、酸素を放出してしまっているので酸素量は少なくなっています。動脈に比べると弾力はなく血管壁も薄く柔らかいという特徴があります。

心臓より低い位置にある血液が、心臓の位置まで戻れるのは静脈が人間の筋肉の圧迫などの動きを利用し、血管を緩めたりしめたりしながら血液を心臓の方まで戻そうと重力の力に逆らって頑張るからです。心臓から上の位置にある静脈は、重力の働きを使えるので静脈が詰まることはありません。

筋肉の収縮により血液が押し出され、まるでポンプのような働きをすることからもこのような働きを筋肉ポンプと表現することもあります。

筋肉ポンプの役割をしている足のふくらはぎは心臓に続いて重要なポンプの役割を担っていることから、ふくらはぎを「第二の心臓」などと読んだりします。

いくらスポーツ選手のようにふくらはぎが発達していたとしても、長時間同じ姿勢でふくらはぎを動かすことが出来ないと足の静脈がポンプの機能を果たせなくなり心臓へ血液が戻りにくくなります。

また、メタボ体質で血中の悪玉コレステロール値が高いと血液はドロドロの状態になり、さらに悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化すると血管壁にへばりつき、だんだんと血管の中が狭くなり血液の流れが滞ることから、血液が溜まりやすくなります。

メタボや生活習慣病と関係がなくても先天的な遺伝により血栓が出来やすい方も中にはいらっしゃいますので、痩せていてもエコノミークラス症候群になることもあります。また、手術の後にベッド上で安静にしていることでも、合併症として深部静脈血栓が出来やすくなります。

エコノミークラス症候群のやっかいな所は、足の血栓には自覚症状を感じにくく事前の予兆を感じたり予防をすることが難しいことです。次には、出来るだけ早く病気の足音を感じ取れるような初期症状についてお話しします。

早めに気づきたい初期症状と検査のすすめ

検査をする男性と医師

エコノミークラス症候群での代表的な初期症状は主に2種類あります。

まず、片足だけにむくみが見られたり、腫れたり痺れたり、時には痛みを感じることもあります。また、足の肌の色が変色することもあります。もう一つは、息切れを感じたり、息がいつもより上がったり、心拍数が高めになることもあります。

このような初期の段階ではまだ血栓は出来てないことが多く血流悪くなっている状態です。

このどちらかの初期症状に心当たりがある方で、飛行機や新幹線、電車などでの出張、長距離移動などが多い職業に方や長距離トラックの運転手のお仕事の方は、一度検査に行くことをおすすめします。

では、検査ではどのようなことが行われるのでしょうか。

まず、検査の場合は肺塞栓症を疑うところからはじめます。肺動脈に血栓がたまっていないかを調べますが、レントゲン検査では血栓は確認できないので健康診断を毎年受診していても気づくことはほぼないと思っていてください。

また、医療機関によっては設備が古いと肺動脈に血栓がたまっているかどうか分からないケースがあります。今の技術ではCTの技術が一番発見しやすく、肺エコーも有効な検査手段として診断に用いられています。

もし、肺動脈に何らかの所見が見られた場合には、深部(足)の血管エコー検査を続けて行います。血液検査より何よりこの2つの検査を先に実施することで緊急性があるかの診断が早くなり急死などのリスクを減らすことができるからです。

もしこの2つの項目に何も異常が見られなかったら、すぐにエコノミークラス症候群で死に至るというようなことはまずないので安心して下さい

もし、どちらかに所見が見れた場合には血液検査も行われますが、先に血液検査を行う病院も少なくはありません。

他にも、心電図検査、動脈血の酸素や二酸化炭素を測定する検査などを組み合わせ、診断を明らかにしていきます。また、血液中のDダイマーという物質の割合が高いと血栓ができやすくなることが分かっていてエコノミー症候群の疑いも高まります。

エコノミークラス症候群は、死につながることもある大変危険で怖い病気です。

ご自分のお仕事や生活環境などで長時間にわたりいつもと同じ姿勢を保つことが多い場合には、自分の為にも家族の為にもぜひ病院へ行ってしっかり検査を受けましょう。

治療や対策でできることとは

提案する医者

検査の結果、エコノミー症候群であると診断された場合は適切な治療を受けましょう。治療は、症状の進行度合いににより異なります。

ごく初期の軽度だと診断された場合

足を動かす運動療法を中心に治療が行われます。座ったままの状態でつま先を下につけかかとを上まで引き上げ数秒そのまま待機します。

ふくらはぎの筋肉を使い血流をよくすることにもつながるので、同じ姿勢でいることが多い方は普段から1~2時間に一度、ふくらはぎが疲労した感じまで行うと、エコノミー症候群の予防にも大変効果的です。

すこし症状が進行している中程度の場合

軽度ではないと診断された場合は、血栓がこれ以上できないように「抗凝固薬」を使用した治療が行われます。

経口摂取ができるワーファリンや注射、ヘパリンで静脈注射または皮下注射によって投薬が行われます。抗凝固薬には、血液が固まりにくくなったり鼻血が出やすくなるなどの副作用が起こることがあります。

さらに血栓が広い範囲に出来ている場合には、詰まってしまった血栓を溶かすために「血栓溶解療法」が行われます。

さらに進行が進み重度と診断された場合

症状が生命の危機に関係している時など、とても深刻なときには直接血栓を取り除く血管内治療法手術療法が行われます。

長時間同じ姿勢でいる時に日頃から心がけたいこととして、水分をこまめに多めに摂取しておくといいでしょう。一時的に血液の濃度が薄くなるので、エコノミー症候群の予防につながります。

コップに入った水

ナットウキーゼとフコダインとエコノミークラス症候群との関係

サプリメントなどでよく目にするナットウキーゼは、日本食で有名な納豆のネバネバ部分から抽出されたタンパク質分解酵素です。血液をさらさらにし血栓が出来るのを防ぎ血栓を溶かす効果・効能あるとされています。

一方、フコダインとは、昆布、わかめなどの海藻類のネバネバしている部分に含まれる成分で、血液中の中性脂肪を減らしコレステロールを抑える効果があることから血液をさらさらにし綺麗な血液を保つ働きがあると言われています。

どちらも血栓予防に効果があるとして近年注目されるようになった成分です。確かに効果はあるかもしれませんが、効果を実証する臨床データが乏しいので実際の効果は分かりません。
もし、この2つの成分が気になるならサプリからではなく納豆や昆布を普段から食べるように心がけておくといいでしょう。

血栓を防ぎサラサラを実現

お話したように、エコノミー症候群への対策や予防にはサラサラした血流の流れを保つことが大切なことがわかりました。普段の生活にプラスしておきたい漢方として「高麗人参」があります。

高麗人参は古くから愛用され続けている自然由来の生薬であり、体内のめぐりを良くしたり元気なパワーを発揮できるとして多くの精力剤やエナジードリンクに成分として含まれています。

血栓は体重がオーバー気味の方にもよく見れらます。乱れた食生活などで血中の悪玉コレステロールが増えるとストレスなどによって作られる活性酸素によって血管ないでさび付き血栓が出来やすくなります。しかし、高麗人参は活性酸素とも戦い倒してくれる力を持っているので活性酸素も悪さを出来なくなります。

自律神経を安定させることが得意な高麗人参は、ふくらはぎのヒラメ筋だけでなく自律神経によってコントロールされている静脈にも良い影響を与えてくれるのです。

このような内容は臨床データにより明らかになっていて、安心してエコノミークラス症候群のサポート役として取り入れることが出来そうですね。

まとめ

エコノミークラス症候群と診断されたり、初期症状を感じる時は早く医師の指示に従い治療にうつりましょう。

普段から出来ることとして、規則正しい食生活でメタボを防ぎサラサラ血液を目指す他にも、ご紹介したかかとを上げ下げする運動など様々な方法があります。

出来るだけ長時間同じ姿勢でいることを避け、途中で休憩したり軽く体操するなどして、気分転換を行ってみるのもいいですね。

そこにお話した高麗人参をプラスしてみると、血栓予防以外にも健康にプラスになる効果が感じられきっと気持ちも明るく前向きになりそうですね

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄