万年ダイエットで悩んでいる方へ。

あなたの血液はさらさらですか?

この記事ではデトックスに関する知識として、そもそもカラダを老化させる有害なものは何なのか、どんな方法でデトックスすれば痩せやすい体質へカラダの改善を図れるのか、デトックス・ダイエットを検討している方へ基本的なデトックス成分の紹介と本当の効果効能について詳しく解説します。

まずは、血液をさらさらにしながら、いい汗を掻き、これまでの肌もカラダの中もガサガサなダイエットから卒業しましょう。

健康とダイエットは隣り合わせです。この記事を読むことで、少しでもあなたの正しいダイエットとその成功の手助けになったら幸いに存じます。

そもそも、デトックス(detox)とは何か

疑問を感じる女性

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることですが、この呼び名は”detoxification“、解毒という意味の短縮形でつまり、体内から毒素や老廃物を取り除くことを意味します。

ダイエット≒デトックスというイメージが一般的ですが、アルコール依存症や薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼びデトックスとも呼びます。
溜まった脂肪や老廃物なども含め「体内の余分なものを排出する」ことです。

身体にとって有害なミネラル(水銀、ヒ素、鉛、カドミウム、ベリリウム、アルミニウムなどの重金属)は新陳代謝、タンパク質や酵素の形成という大事な役割をもつ必須ミネラルの働きを阻害します。水銀のように情緒不安など精神状態に関わっているものもあります。

また、厚生労働省の妊婦は水銀に汚染された魚類の摂取を控えるべきだとは発表しています。その影響は赤ちゃんからお年寄りまで年齢を問わず、環境汚染や生活の変化、歯科金属によって体内に有害重金属が蓄積している人が増えています。

有害ミネラルを排出するにはデトックスなどの解毒作用ではなく、キレーション治療という医療行為で、キレート剤を点滴することにより、身体の中に溜まった有害重金属や活性酸素、動脈壁に溜まったカルシウムなどを体外へと排出する、医療機関で行われる治療です。
排出を必要とする有害ミネラルにより、投与するキレート剤が異なります。

鉛やカドミウムに対してはEDTA(エチレンジアミン4酢酸)、水銀やヒ素に対してはDMPS(2-3ジメルカプトプロパン-1-スルホン酸塩)やDMSAというキレート剤を用います。

有害ミネラルを排出することは大切ではありますが、簡単な毛髪検査で体内にどれだけ有害ミネラル6種類が残っていて、それが危険なのかどうか調査できるので、もし疑いがあると感じるのなら検査をするために専門医にいったうえで医師の診断に従ってキレーションを行うべきでしょう。

市販のキレートサプリメントを飲んだところでは成分が薄すぎてなんの効き目もないので、大切なお金をドブにすてるようなものですね。

羽の生えたお金

また、風邪を引いたとき市販の薬だと全然治らなかったりしたときに、病院へ行ったときに処方される薬を飲んでみたら一発で治ることってよくありませんか?

キレートに関しても成分が強すぎると医薬品となってしまうので成分を薄めてサプリメントとして販売しているというだけで、成分が薄いので効果的ではないのです。

デトックス効果を狙いたい!そのサプリメントとは?

デトックス効果があるといわれているサプリメントはたくさんありますが調べてみると以下の種類のように分かれています。

それぞれ効果効能を見てみましょう。

◯水素水/ 体内の活性酸素を除去し、酸化を防ぐ抗酸化作用がある。
◯レスベラトロール/ ポリフェノールの一種で動脈硬化を防ぎ、抗酸化作用をもつ。
◯プロアントシアニジン/ ポリフェノールの一種で高脂血症や動脈硬化予防し、抗酸化作用をもつ。
◯αリポ酸/インスリン自己免疫症候群(低血糖発作)の誘因となるという報告がある。抗酸化作用をもつ。
◯ヘルスカーボン(食べる活性炭)/ 毒素を体内の老廃物を吸着し、体外に排出させる。
◯含硫アミノ酸/水銀やヒ素を吸着して排出する。

このようにデトックスサプリメントの主成分はポリフェノールなどの抗酸化作用がある成分と、一部の商品でキレート作用がある成分の2種類に分かれます。

この中で要注意しなければならないのがキレート作用のあるヘルスカーボンと含硫アミノ酸です。これは薬ではなくサプリメントなので「臨床試験でキレーション効果がある」と認定された「」をサプリメントに入れることはできません。

つまり、医学的にはキレーション効果は認められていないのがデトックスサプリメントといえます。また、αリポ酸ですがこちらは自己免疫症候群の原因になるとの報告もあることから服用には注意が必要です。

サプリメント

結局、抗酸化作用ってダイエットに効くの?

悪玉活性酸素とは、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。悪玉活性酸素万病の原因となる過酸化脂質を作ります

私たちの体を作っている細胞は細胞膜によって守られているのですが、この膜には不飽和脂肪酸という物質が多く含まれています。この脂質が活性酸素の影響を大変受けやすいです。

不飽和脂肪酸は活性酸素によって酸化し、過酸化脂質となります。この過酸化脂質が増えると、細胞が老化し肌にはシミやシワができ、血液などのたんぱく質とくっついて血管が硬くなり、動脈硬化を起こします。血管が詰まりやすくなることで脳や心臓へ大変恐ろしい病気をもたらします

逆に悪玉活性酸素を除去すると、体内細胞の代謝機能を高め、疲労回復効果や皮膚の炎症や老化防止など身体の病気や老化を予防する効果が期待できます。

しかしキッパリといえば、ダイエットという観点だけでみると悪玉活性酸素を除去することは健康にとっては有益であるが、活性酸素をやっつけても脂肪も減らないしカロリーも消費しないので、デトックス系サプリメントで体を浄化したとしても“ダイエットにはならない”のです。

ウエストを測る女性

しかしここで諦めてはいけません。悪玉活性酸素をやっつけ、キレート効果のようなものがあり、ダイエットにも良いものも世の中には存在します。

それは“高麗人参”です。先ほど説明した、デトックスサプリに使われている水素水、レスベラトロール、プロアントシアニジン、αリポ酸ですがこれらの抗酸化作用は認められていますが、実はこのレスベラトロールに比べ抗酸化作用は高麗人参のほうが断然強いのです。

高麗人参には体にとって様々な効果をもたらすということがうたわれていますが、実はキレート剤似にたような効果として、肝機能へ次のような効果をもたらします。

まず、肝臓では約500種類にもおよぶ酵素反応を行っており、「体内の化学工場」と呼ばれています。つまり、肝臓は胆汁を分泌する(胆汁は一旦胆嚢に蓄えられてから十二指腸へ分泌される)ので消化器として扱われますが、栄養物質の貯蔵、各種の代謝、解毒・排出作用、血液成分の生成など数多くの機能があります。

外来性の毒物や体内で生じた有毒物質や不要物質を無害な形にして排出し、発熱作用として多数の酵素反応を行うので、筋肉に次ぐ多量の体熱(全体の約20%)を発生し、体温の維持を図ります。

また、肝臓内の血管にあるクッパー細胞が細菌やウイルス、毒物等を貪食して一般循環に入るのを防ぎ、古くなった赤血球を貪食して破壊(壊血作用)します。高麗人参はこのような肝機能の働きを助け、新陳代謝を促します。肝機能改善に高麗人参の効能があったという臨床結果も出ています。

慢性肝炎患者における高麗紅参末投与の影響

(投与前数値を総て100とした)

項目 投与前 2ヶ月後 3ヶ月後 6ヶ月後
GOT 100 85.1±3.0* 79.3±4.9* 75.8±3.8*
GPT 100 83.9±5.5* 78.1±2.5* 77.8±2.6*
y−GTP 100 92.6±6.2* 78.0±4.9* 74.4±7.3*
平均±SE  *P<0.001

引用元:日生病院院長山本昌弘氏臨床試験結果より(高麗人参㈱研究開発室)

ダイエットに成功した女性

もうだまされない!デトックスしながら本当に痩せる方法

まず、根本的なことではありますが、飲むだけで痩せることができるサプリメントや医薬品は存在しません。そんなものがあればノーベル賞を即受賞できるでしょう。

高麗人参に関しても、体質をカラダの中から改善してくれるので“他のダイエットサプリよりは効果がある”ということで、決して飲んだからすぐ痩せるというわけではありません。

ただし、デトックスということに関していえば抗酸化作用はデトックスサプリの他の商品よりは確実に強いし、肝機能を改善するので解毒作用は間違いなく向上するので、デトックスサプリを考えているのであれば高麗人参を選択するほうがはるかに賢明だと思います。

まずは、高麗人参のような漢方のチカラを使ってあなたのカラダの循環力や解毒力を高め、デットクスしながら運動してみることをおすすめします。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄