最近、SNSや雑誌などで良く話題に上るデトックス。
どこか悪いわけではないけれど、何となく身体が重い、ダルい、化粧が乗らない、具合が悪い、むくんでいる、太ってきたような気もする、体に良くないもの(毒素)が溜まっているような感じがする、そのような時に、「デトックス」にトライしてみようって思う人って多くないですか?
例えばゲルマニウム温浴、岩盤浴、エステ、また、水をたっぷり飲んでみたり、デトックススープなるものを作ってみたり。中にはプチ断食やアーユルヴェーダなどの方法もありますが、どれも時間や手間のかかる面倒なものです。忙しい現代女性はそこまですることができませんよね。
お手軽・便利なのはデトックスサプリメントを摂ることです。これならポンと飲むだけで体がスッキリしそうですね。だけど、そのサプリメントは本当に効果のあるものですか?そもそも化学的な検証に基づいて販売さているものでしょうか?あなたの体はそのサプリで、ホントにすっきりと浄化されていますか?そんなデトックスについて詳しく解説していきます。
体の毒素を全部出してすっきりと楽しい毎日を送るためにデトックスについてしっかり理解していきましょう。

「デトックス」とは一体何ですか?体を浄化するってどういうこと?

頭に?を浮かべる女性

まずは「デトックス」とは一体何をすることなのか、正確なところを理解しましょう。
「デトックス」(detox)は英語の“detoxification”の略です。これは「解毒」という意味です。つまり、体内にたまった毒素や老廃物を取り除き、排出することを指します。
私たちの身の回りには体の毒素となるさまざまな有害物質があります。例えば食品添加物、ダイオキシンなどがその代表例です。
これらは食事や呼吸によって体内に入り込み、蓄積されて体に悪影響を及ぼします。つまり、体に溜まった不要なゴミですね。デトックスをすることでこのゴミを体外に出し、体を浄化することができるというのが基本的な考え方です。
体にとって有害な「ゴミ」となりうるものとして、有害ミネラルがあります。水銀、ヒ素、鉛、カドミウム、ベリリウム、アルミニウムなどの重金属がそれです。
水銀は水俣病の原因として有名ですし、ヒ素はかつて赤ちゃん用ミルクに混入して大問題になりました。カドミウムはイタイイタイ病の原因物質です。これらは日本の歴史に残る公害事件であり、学校の教科書にも紹介されているものばかりですから、一度は耳にしたことがあるのと思います。
こういった有害物質が体内に取り込まれた場合、もちろん排出しなければなりません。しかしこれらを排出する行為はもはやデトックスではなく、「キレーション」という立派な医療行為です。
キレーションをするための薬を「キレート剤」と呼びます。病院で処方されるキレート剤には以下のようなものがあります。
  • ノベルジン錠(金属キレート剤)
  • エクジェイド(鉄キレート剤)
  • デフェラシロクス(鉄キレート剤)
体内の有害ミネラル量は毛髪検査で簡単に調べることができますので、有害ミネラル蓄積の疑いがあるのならば、すぐに専門医を受診して検査しましょう。必要に応じてキレーションを行わないと、重大な疾患を招くことがあります。
びっくりするネコ
キレーション効果があるとして、キレートサプリメントが市販されてもいますが、これらを使っても有害ミネラルを排出させることはできません。サプリメントとして販売しているということは医薬品に比べて格段にキレート成分が少ないということです。
サプリメントというと医薬品と同じと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも食品の範疇にはいるものです。いくら飲んでも必要な効果は得られないでしょう。効果のない高額なサプリメントを買うなんて、お金をドブに捨てるようなものです。
キレーションはあくまで医療行為であり、病院で処方薬を持って行わなければ、効果を期待することはできません。

デトックスサプリの主成分と効果

ここで本題デトックスの話に戻ります。
世の中にはデトックス効果を謳っているサプリメントがたくさん出ています。店頭で選ぶのも目移りしてしまうほどですが、よく見ると含まれている成分はだいたい同じようなものまであることが分かってきます。各成分についてその効能などを解説していきます。
指をさすネコ

水素水

抗酸化作用があると言われています。
水素水を摂取するとそこに含まれている水素が体内にある悪玉活性酸素と結びつき、化学変化により水になります。H2Oですね。その後尿・汗として体外へ排出されるため、活性酸素を除去できるとされています。

レスベラトロール

抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種です。サンタベリーやブドウなどに多く含有されています。長寿遺伝子にスイッチを入れるメタボに陥るのを防ぐなどさまざまな効果があることが何千もの論文で実証されています。

プロアントシアニジン

抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種です。ブドウの種子に含まれています。ポリフェノールの王様と言われているほど強い抗酸化作用を誇ることが論文でも紹介されています。

αリポ酸

抗酸化作用があります。ビタミンCやEの約400倍もの強い力を持つうえ、これらが活性酸素と戦って抗酸化力を失ってしまった時にその力を回復させる働きも持っています。いっぽうで、インスリン自己免疫症候群(低血糖発作)の誘因となるという副作用の報告もあります。

ヘルスカーボン(食べる活性炭)

活性炭の力で体内の老廃物を吸着し、体外に排出させます。この際、タンパク質や脂肪、でんぷんなどヘルスカーボンの吸着可能領域よりも分子量の大きい栄養素は吸着されず、有害物質などを選択的に吸着するとされています。

含硫アミノ酸

水銀やヒ素を吸着して排出させます。また、肝臓に入いった毒素は胃から少しずつを排除して代謝を高める効果などもあります。「メチオニン」、「システイン」、「シスチン」のことを指し、これらはいずれも必須アミノ酸です。
グッドマークを出すパンダ
このように、デトックスに特化したサプリメントの主成分は「抗酸化作用のあるもの」(水素水、レスベラトロール、プロアントシアニジン、αリポ酸)もしくは「キレート作用のあるもの」(ヘルスカーボン、含硫アミノ酸)です。
もしもサプリメントを購入するならば、以上のどの成分が入いっているのかを確認して下さい。キレート作用のあるヘルスカーボンや含硫アミノ酸には要注意です。
サプリメントとして販売されているものは医薬品よりもずっと有効な成分の含有量が少ないものだからです。臨床試験で効果ありと判断されるだけの量をサプリメントに入れることは法律に触れるためできません。つまり、デトックスサプリメントには医学的なキレーション効果は認められていないということです。
また自己免疫症候群を引き起こすと報告されている、αリポ酸の摂取にも慎重になるべきです。

デトックスサプリの抗酸化力とダイエットの関係

デトックスサプリメントでは、実はキレーション効果を期待できないということはご理解いただけましたでしょうか?それでは「抗酸化作用」についてはどうでしょう?
信頼できるほどの力があるのでしょうか?ここで抗酸化作用について詳しく解説していきましょう。
説明する教授ネコ

悪玉活性酸素は体に大きなダメージを与える凶悪な有害物質

活性酸素は本来、自己免疫の一部。体内に有害な成分が侵入してきたり、発生したりするとそれを除去するために働いてくれるものです。
しかしストレスや加工食品の摂取、ダイオキシンなどの毒素が次々に体に襲い掛かると、活性酸素はそれに対抗しようと次々に生み出されてしまい、次第に体にとって過剰になりすぎます。増えすぎた活性酸素は悪玉活性酸素となり、体の細胞を破壊していくのです。正に「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」ですね。
結果として生活習慣病や老化、ガン、心筋梗塞などあらゆる病気の引き金となるのが活性酸素の厄介なところなのです。
「抗酸化作用」とはこの悪玉活性酸素と戦い、これを除去させる作用のことです。上記にあげた病気の予防・改善や、疲労回復など、悪玉活性酸素を除去することで得られるメリットはたくさんあります。

どうしても痩せたいけど、本当に必要なのはデトックスサプリ?それとも・・・?

健康を手に入れるためには絶対に抑えておきたい抗酸化アイテム。しかし歯が立たない部分もあります。
それはダイエット分野です。なぜなら、悪玉活性酸素を除去しても体脂肪は減りません。また、消費カロリー量を増やすこともできません。
ですから残念ながら、どんなにたくさんデトックス系サプリメントを摂取して体から毒素は排出して浄化させたところで、ダイエットには直接つながらないのです。
ダイエットのためにデトックスサプリを摂取するのはNGということです。これは美を意識する女性なら、きちんと把握しなければならないことです。
でもやっぱり、体を浄化してきれいになると同時にスリムなボディもほしい。女性はとにかく欲張りなものです。
活性酸素をやっつけてくれて、キレート効果のようなものもあって、ダイエットにも最適なサプリメント」があったらいいなんて思ってはいませんか?
デトックス系サプリではダイエット効果は望めないことを今ご説明したばかりですが、実は、そんなに都合の良いものが・・・実はあるのです。
それは、4000年の昔から世界中で愛されてきた漢方成分、「高麗人参」です。
高麗人参

高麗人参 驚異の抗酸化力に脱帽!

以上説明してきたとおり、デトックス系サプリメントではダイエット効果は望めませんが、これらの抗酸化作用は既に実験などで科学的に証明されています
ですから、体を健康に保つため摂取するのであれば、その効果を期待できます。中でもαリポ酸には、抗酸化力で有名なビタミン群のさらに400倍もの抗酸化力がありますから、積極的に摂取してもよいかもしれません。
しかし、実は高麗人参の持つ抗酸化力はこれらより圧倒的なのです。活性酸素とガチで戦い、あっという間に大勝利といった感じで、抗酸化力を発揮することが高麗人参の最も得意な分野なのです。

体の解毒工場である肝臓 その働きを徹底サポートします!

体の中にたまっている毒素を分解するのが肝臓の役目。体の中に毒素がある限り24時間365日休むことなく働き続けます。ですから、肝臓が元気でなければ、正常な毒素排出はできません。
高麗人参はこの解毒工場にアプローチし、機能を維持・向上させる助けをすることができます。慢性肝炎の患者を対象に行われた臨床試験でも、高麗人参には肝細胞を増殖する作用があり、昨日修復に役立つことが期待できるというデータが得られています。
根拠のしっかりした信頼できる成分ということです。
肝臓の力を底上げし、解毒力アップを図る。これは単純にキレート作用のありそうなデトックスサプリメントを摂取するよりもずっと効率よく効果の高い方法といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?「デトックス」について本当のところを理解することができましたか。
今のところ、運動や食事制限をすることなしに、サプリメントあるいは医薬品だけで、確実に痩せることはできません。そんな人間にとって都合のよいものは世の中に存在しませんが、もしそんなものがあったら、即ノーベル賞を受賞することができるでしょう。
「食膳に飲むだけで○キロ痩せた!」というような魔法のようなサプリメントの広告も世の中には溢れていますが、それらを鵜呑みすることは厳禁だということを肝に銘じて下さい。
ここで紹介した高麗人参サプリメントも同じです。飲み始めたからと言ってすぐに何キロも簡単に痩せていくというものではありません。
こちらの記事でも高麗人参とダイエットについて説明をしましたが、一言で言えばあくまでも「他のダイエットサプリメントよりはずっとダイエット向き」という比較の問題です。その点を間違えないで!ということです。
しかし、デトックスに関して言えば話は別です。解説してきたとおり、高麗人参には他のデトックスサプリメントを凌駕するほどの実力です。
抗酸化力も高いうえ、肝機能を改善するため解毒力のサポートならNo.1です。
数あるサプリメントの中で一体どれにしようかなやんでいるあなた、デトックス系のサプリを選ぶくらいなら、高麗人参サプリメントをチョイスする方がずっと賢明なお買い物です。限られたお金と手間をつうなら、それを全部有効に使って、体の中からすっきりした美人を目指しましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄