日本人の死亡原因1位であるガン。
中でも肝がんは年間3万人以上の方が亡くなっています。
肝がんの大きな要因となっているのがC型肝炎です。
その割合はなんと80%にもなるのです。
現在日本では約110万人以上の方がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染していると言われています。
この記事を読んで頂いている方自身や、お知り合いの方が感染していても不思議ではありません。
また、今はまだ感染してしていなくてもいつ感染してもおかしくないのがこの病気の恐ろしいところです。
今回はそのC型肝炎について知っておくべき情報と注意したい事や治療について、更には副作用の怖い化学薬品ではなくC型肝炎に対しての効果も期待できる自然そのものの力も紹介していきたいと思います。
必ず有益な情報となりますので是非最後までお付き合いください。

「C型肝炎と感染経路について」

肝臓のキャラクター

そもそもC型肝炎とはなにか、名前は聞いたこともあるが詳しくはわからない。
という方が多いのではないでしょうか。
病院で説明されたがいまいちわからなかったという方もいらっしゃるかと思います。
まずはC型肝炎とは何が原因でどのような病気なのかを説明していきたいと思います。

「C型肝炎とは」

C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで発症するウイルス性肝炎(肝臓の病気)の一つです。
肝臓は体に必要なたんぱく質や栄養分の生成、貯蔵の他に不要となった老廃物や薬物の解毒など生きていく上で必要不可欠な機能をもっています。
その肝臓が正常に働けなくなるのが肝炎です。
中でもHCVに感染してしまうと約70%の方が持続感染者となり慢性肝炎肝硬変肝がんへと進行する恐れがあります。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ自覚症状がないまま病気が進む事も多く、知らぬ間に慢性化している等の事例も少なくはありません。
肝臓の病気で一番怖いのはこの気付かない内にどんどん進行していき、臓器が破壊されているという所にあります。

「HCVの感染経路について」

C型肝炎ウイルス(HCV)は感染者の血液を介して感染します。
しかし現在感染している患者数のほぼ半数の感染源は不明なままです。
詳しく感染の可能性のあるものを確認していきましょう。
  • 過去の輸血や血液製剤の投与
  • 臓器移植
  • 適切な消毒を行わない器具を使っての医療行為
  •  (覚せい剤や薬物の注射器など)

  • 刺青
  • ピアスの穴開け
  • 感染者とのカミソリや歯ブラシの共用
  • 感染者との性行為(ごく稀)
  • 母子感染(ごく稀)
等々…
基本的に感染者の血に直接触れる事がなければ家庭や集団生活での感染の恐れはまずありません。
握手や抱擁、食器の共用や入浴での感染はありません。
説明するパンダ

「C型肝炎の症状とキャリアについて」

「C型肝炎の症状」

先程も少し記載しましたが肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれています。
この為C型肝炎も慢性肝炎の段階ではほとんどの場合自覚症状がありません。
仮に自覚症状が認知できたとしてもなんとなく体がだるい等の全身倦怠感疲れやすい疲れがとれない食欲がわかない等の他の病気のそれと区別できない程あいまいなものが多いのです。
健康診断等に機会にきちんと検査を受けたり、少しでもおかしいなと思ったら病院へ行って検査を受けてみてください
取り越し苦労であればよかったと胸をなでおろしてください。
というのも、肝硬変に進行したり、肝ガンが出来たとしても症状が出ない患者さんもたくさんおられますので特に自覚症状がないから大丈夫だろうという自己判断は非常に危険なのです。
仮に慢性肝炎が肝硬変まで進行してしまいますと、
  • 手掌紅斑(しゅしょうこうはん)といって手のひらが赤くなってくる
  • 黄疸が出現したり、むくみが出やすくなったりする
  • 腹水がたまって妊婦さんのようにお腹が膨らんでくる
  • 鼻血などの出血がしやすくなる
  • 出血が止まりにくくなる
等の症状がみられます。
また肝ガンを合併しても書記はほとんど無症状の場合が多く、ガンが進行すると腹痛や発熱、黄疸が出現します。
このように初期症状については非常に見極めづらく、悪化してからでは大変なことになる場合がほとんどですので定期的な検査による早期発見が望ましいでしょう。

「キャリアについて」

キャリアとはC型肝炎の原因となっているC型肝炎ウイルス(HCV)を持っている患者の事ですが、慢性C型肝炎の患者をキャリアと呼びます。
急性C型肝炎の段階では一過性の感染と判断されキャリアとは呼びませんが、放っておけば悪化して慢性化しキャリアとなります。

「C型肝炎の治療について」

C型肝炎の治療についてですがまずはじめに急性C型肝炎は急性B型肝炎と違い自己の自然治癒のみでは回復せず、放っておくと慢性化しキャリアになってしまうという事をご理解ください。
泣いているネコ
つまりは治療を行わない限りは悪化の一途を辿るという事です。
急性C型肝炎は劇症肝炎(肝炎症状が最も重いもの)の発症率は急性B型肝炎に比べると低くなっています。
一昔前まではC肝炎ウイルスに感染して2~3ヶ月以内に治療を開始しないと慢性化し、生涯C型肝炎と付き合っていかなければならないと言われていましたが、2015年に入ってC型肝炎ウイルスそのものを排除し完治させる治療薬が開発され、慢性化した場合でも90%位の確率で完治するようになりました。
それではその治療法についてそれぞれ見ていきましょう。

「インターフェロン(IFN)治療」

慢性C型肝炎に対するもっとも根本的な治療法としては、体内からC型肝炎ウイルス(HCV)を排除する事です。
その中でも現在軸になっているのがIFN治療です。
インターフェロンとはウイルスの増殖を抑えるタンパク質の事です。
これを体内に注射する事によりC型肝炎ウイルスを抑制しようというのが目的です。
近年では週1回の注射で済む薬剤も開発され、患者さん側の負担も多少は軽りました。
しかし、IFN治療には命に関わる副作用も確認されている為患者さんのウイルスの状態や遺伝子列等を事細かに確認し、予め治療効果を予測した上で治療に臨む事が重要になっています。
この事よりIFN治療には多額の費用と重大な副作用がついて回る事をご承知ください。

「経口剤治療」

2014年より飲み薬のみの治療法も使えるようになり、2015年には新薬も認可され近年新薬による経口剤治療にシフトしている患者さんも多数いらっしゃいます。
今後の治療法の軸は副作用も重大で、多額な費用もかかるIFN治療からこちらの経口剤治療に移っていくのではないでしょうか。
しかしながら厚労省に認可されたばかりの新薬の為副作用に関してはまだ十分にデータが揃っていません
また、最新の治療法を受けられるのは慢性肝炎と初期の肝硬変の患者さんに限られている等の条件がある為病院の医師に相談し、自分に合った治療法を選ぶよう心がけてください。

「慢性C型肝炎の食餌療法について」

食事をするクマ

原則朝、昼、晩と規則正しい食事を心がけてください。
その中でもいくつか気を付けておくとよい内容を紹介させて頂きます。
・タンパク質を摂る
肝臓の再生を助けるようにタンパク質を多く摂りましょう。
(大豆製品、鶏肉、牛乳などの乳製品)
・ビタミンを多く摂る
C型肝炎により腸からのビタミン吸収が低下している為多めに摂りましょう。
(緑黄色野菜、豆類、卵、柑橘類、にしん等)
・亜鉛を摂る
こちらも血中の亜鉛が低下しやすく味覚障害の原因にもなっている。
(海苔、きなこ、大豆等)
その他にも鉄分を多く含む食材を避ける。
禁煙禁酒に努めるなど、病院でなくとも出来る事は多々あります。
上記の事に注意して改めて生活を改善してみてはいかがでしょうか。

「運動療法について」

さて、食生活から見直したら次は運動ですね。
よほど重度の肝炎や肝硬変でもない限りは適度な運動を推奨します。
というのも、全く動かないのは脂肪肝の原因となりかねません。
ですので体に無理のない程度の運動をするのが一番かと思います。
しかし、翌日にまで疲れが残るような運動は控えてください。
仮に翌日にまで疲れが残っていますと各細胞が全身を休ませることに栄養素を優先して使っていまい、肝臓が休めず肝炎が悪化してしまう危険性があります。
くれぐれもご自身の体と相談して無理のない程度の適度の運動を心がけてみてください。

「C型肝炎に感染しない為の予防策」

ここまででC型肝炎を患ってしまった際の大変さを多少はお伝えできたかと思います。
ウサギの看護師
病気というのはどんなものであれ「患わない事」が一番です。
その為には患わない為の予防を徹底するのが一番なのですが、実はC型肝炎はB型肝炎と違い予防する為のワクチンが見つかっていません
ですので現状の医学では感染した後に治療を行うという後手の対応になっています。
しかしながらワクチンに頼らずとも予防につながる事は何点かありますのでそちらをご紹介させて頂きます。
冒頭でもお話しさせて頂きましたが、C型肝炎ウイルスの感染経路は血液感染です。
この血液感染に注意する事が最善の予防策となります。
例えば歯周病や口内炎等が原因で血のついた歯ブラシ、カミソリ、ピアスの穴開けの共用、注射器等血の付く可能性のあるものから感染する為これらのものには注意が必要です。
また、性行為での感染はごく稀ですが、相手とよく話し合い念の為ゴムを着用するなどの予防を推奨します。
これらに気を付けていれば普通に生活する上で感染する事はまずありませんのでキャリア持ちの方に偏見を持つのは相手に大変失礼なことですのでご注意ください。

「ここまでを踏まえてのおすすめ」

日生病院院長の山本昌弘教授による臨床実験に、
慢性肝炎の患者に半年間ほど高麗人参を投与(経口摂取)したところ肝機能に改善がみられたという実験があります。こういったお話をご存知でしょうか。
こちらの話はあくまで一つの病院の一教授による実験ですので厚労省に認められた効能ではありませんし、肝硬変まで進行してしまうと高麗人参を摂取しても効果はありません。
肝炎により肝機能が低下してしまうと全身の細胞で必要な栄養素の生成が出来なくなってしまいます。
高麗人参はみなさんご存知かと思いますが自然由来の生薬です。
生きた薬と書いて生薬(しょうやく)と読むわけですが精力剤やエナジードリンクに必ずと言っていいほど成分として含まれていますし、滋養もサポートしてくれます。
更に肝炎により肝臓は必須アミノ不足となってしまいますが高麗人参には必須アミノ酸も多く含まれていますので食生活の偏りや肝炎と向き合っているあなたの良きパートナーとなってくれるのではないでしょうか。
もちろん予防、治療も大切なことですがそこにもう一つ、日常からあなた自身の体を気遣ってあげる要素として私は高麗人参という自然の力をおすすめさせて頂きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
C型肝炎についてご理解を深めて頂ければ嬉しく思います。
特にC型肝炎は自覚症状がなくあっという間に慢性化してしまいますので常日頃から何か体に良い事をしてあげるのが大切かなと考えております。
先程もおすすめさせて頂いた高麗人参もその一つの手段と言えます。
少しの気の緩みでキャリア持ちになってしまえば肝ガンや肝硬変のリスクはグッと上がります。
今回書かせて頂いた記事を参考に、あなた自身や周りの方の為にも自分に合った手段と方法で予防、治療を行って頂きたいと思います。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄