国内で販売されている男性をターゲットにした精力サポート系サプリの多くに配合されているのが「アルギニン」という成分です。
それはアルギニンを摂取することで効果を期待されているのは血流改善効果にあります。血流量が不足することで起こることが判明しているペニスの勃起障害の改善とその予防への高い効果あることはすでに広く認知されています。
しかし、効果を期待される一方、アルギニンの効果のうちの一つとして成長ホルモンを活性化させる作用がありますが、これにより、この成分を過剰摂取は異常な臓器の機能亢進を起こすことが確認されています。
また、胃痛や下痢、あるいは体内のウィルスが増えるときの栄養分としてアルギニンは使われるので、感染症の悪化を招く可能性があるため過剰摂取は危険であると言われています。
とは言え、アルギニンは精力系サプリメントやエナジードリンクには必ずと言って良いほど配合されている成分ですので、どうしても過剰摂取になりやすいのです。健康維持や勃起障害改善のためには 1日の適量摂取をしっかり守ることが重要な鍵となります。

アルギニンの役割って何? アルギニンについて基礎知識を学びましょう

勉強するフクロウ

男性向けの精力剤や増大系サプリメントの成分として有名なのが「アルギニン」です。
一般的なイメージでは「男性向けの成分」という印象が強いですね。でも、実は人間の体内で合成されるアミノ酸の一種で男女ともにもともと持ち合わせている成分なのです。
アミノ酸とはタンパク質を合成する原料となる物質で、体内では合成されないアミノ酸を「必須アミノ酸」、合成可能なアミノ酸を「非必須アミノ酸」と呼びます。今回のメインテーマのアルギニンは「非必須アミノ酸」に分類されます。
私たちの体は複数のアミノ酸が複雑かつ絶妙なバランスで組み合わさってできています。言い換えれば、体にとってアミノ酸は非常に基本的でかつ重要な物質であるということです
では、ここからアルギニンが体内でどのように働くのかを説明していきます。
人の体はもともとPHバランスからみると弱酸性です。疲労やストレス、活性酸素の影響を受けると酸性に傾きます。それが行き過ぎてしまうとさまざまな健康被害を起こすことが知られています。
がん」はその行き過ぎてしまった結果だと言えます。アルギニンは他のアミノ酸に比べて、アルカリ性よりの性質を持っているので、摂取することで、酸性に傾いた体のpHバランスを整える作用があります。
さらに、アルギニンのこのアルカリ性よりの性質は活性酸素の働きを抑制するので「抗酸化作用」が高い物質ということもできます。私たちの体は全ての臓器をはじめとして精子や卵子など特殊な働きをする物質も全てタンパク質でできているのでアルギニンはこれらを活性酸素の悪影響から守てくれる正義の味方のような存在です。
ここで精子という言葉が出てきたので、なぜ、アルギニンが精力剤に含まれるのかを少しご説明します。それは、アルギニンに期待される以下の効果によるものです。
  1. 血流改善効果
  2. 精子を保護する力
  3. 免疫力を上げる力
おそらく、多くの方は「精力増強」という言葉から「精子を増やす効果」があると思っていられると思いますが、アルギニンはできた精子を活性酸素やストレスなどの害悪から守る役割の方が大きいのです。
もちろん、血流改善効果によって精子を作る機能も向上することが期待できます。従って攻める側というより守る側というのがアルギニンの本来の役割です。精力剤のイメージからするとなんか逆な感じですね。言い換えるなら、風邪を引いたときのマスクように、口から入ろうする菌から体を守ってくれているのですね。スポーツで例えるならサッカーのゴールキーパーのイメージですね。
サッカーをするニワトリ

アルギニンには高い血流効果があるのか?

アルギニンについて考えるとき、忘れてはならないのが「高い血流改善効果」です。この効果が期待されるためアルギニンはサプリメントやエナジードリンクに欠かせない成分です。ここでなぜアルギニンには「高い血流改善効果」があるのか少しご説明しましょう。
なぜ「血流改善」につながるのか?それはアルギニンが多く存在している場所のひとつが「血管」だからです。詳細な説明をしてしまうとそれだけ1ページ作成できてしまうし、専門用語でいっぱいになってしまうので細かい仕組みの説明は省略しますが、アルギニンは血管内で「一酸化窒素(NO)」を合成することが確認されています。
一酸化窒素には 以下のような働きがあります。
  • 血管拡張力(血圧を下げる働き)
  • 血小板凝集抑制力(血管内で血の塊ができることを予防)
  • 血栓予防力(コレステロールや白血球が血管内壁にこびりつくことを防止)
  • 血管平滑筋細胞の増殖を抑制する力(異常細胞ができないようにする働き)
紹介する女医さん
これらをまとめると血管を良い状態で維持し続けることができる力があることが認められているのです。細胞は血液から栄養素と酸素を受けとり、老廃物や二酸化炭素を返すことで生命活動を維持しています(この活動を「代謝」と言います)。
血液は血管を通じて運搬されているので血管の機能劣化は「代謝不全」につながり、あらゆる臓器や器官の機能不全にもつながってしまい生命の危機を招くことになります。
アルギニンの持つ一酸化窒素の合成を促す力によって血管の機能は健全に維持されます。そしてそのことにより全身の血流状態が良好となり「健康」は維持されるのです。

アルギニンだけを取り続けていれば健康を維持できるの?

頭に?を浮かべる女性

前述しましたとおり、「アルギニンには 一酸化窒素の合成を促す力があり、一酸化窒素は健康で丈夫な血管を作り 、健康な血管によって適切な血流量が維持されるので、代謝がきちんと行われることで健康な状態が維持される」ことが認められていますので、ついつい、アルギニンを積極的に摂取すればそれだけで健康になれる筈と考えがちですがそれは違います
というのも、これも最初の方で述べましたが、人の体にはアルギニン以外にも多くのアミノ酸が存在していて、どれも重要な役割を果たしています。それぞれが重要な役割を持っているのにも関わらず、拮抗(きっこう)作用によって互いを牽制しあってしまうことが確認されているからです。
「拮抗作用」はもともと薬理学で用いられている用語で、「拮抗(きっこう)」には「力が等しい者同士が互いに牽制しあうこと」という意味があり、薬理学では「拮抗作用」を『複数の薬効成分を混合したときに互いの働きを阻害して薬効が減弱すること』と定義しています。
薬の開発現場では、色々な有機物(アミノ酸)や無機物(ミネラル)を合わせてひとつの薬を開発するので色々な組み合わせが試されますが、その際、「拮抗作用」によって効果が弱まったり、薬に含まれる幾つかの有効成分の代謝を促してしまい、体内に吸収されることを阻害してしまったりする組み合わせが存在することが確認されています。要するに、お互いの力によって効果が倍になるという意味の「相乗効果」の反対語ということです。
ちなみにアルギニンと拮抗作用のある物質といえば、例えば「リジン」というアミノ酸があります。
リジンには次のような力があります。
  1. タンパク質の合成を促す
  2. ブドウ糖の代謝率を上げて集中力を増したり、糖尿病を予防したりする働きがある
  3. カルシウムの吸収を良くする
  4. 肝臓を強化する
これ自体も重要な役割を持っていますが、このリジンがアルギニンの吸収を抑えて、体内で作用することを妨げてしまうことが確認されています。
びっくりするネコ
中には配合バランスの考えられていない製品も数多く存在していて、コストばかりが高くなり、目立った効果が得られないという結果に陥ってしまうこともありますので、正しい知識の習得は必須です。
また、サプリメントやエナジードリンクは有効成分が手軽に摂れるので日々の生活をささえるアイテムとしては有益ですが、エナジードリンクの大量摂取は国内外で死亡例も確認されているので過信は禁物です。あくまでも1日の摂取目安量を守らなければなりません。このことからもアルギニンだけを積極的に摂ればそれで全てうまくいくという考え方にはあえてNGをだしたいと思います。

アルギニンは食べ物からも摂取可能

アルギニンはサプリメントから摂取する以外でも普段食べる食材の中にも含まれています。

ここで、アルギニンを多く含む食材を紹介しておきます。
食事をする女性
  • 高野豆腐 (4,200mg/100g)
  • 大豆 (2,800mg/100g)
  • 油揚げ (1,600mg/100g)
  • 納豆 (940mg/100g)
  • 味噌 (910mg/100g)
  • 鶏肉 (1,800mg/100g)
  • 豚肉( 1,204mg/100g)
  • 豚ゼラチン (7,900mg/100g)
  • 干し湯葉 (4,400mg/100g)
  • かつお節 (4,300mg/100g
  • ピーナツ(3,200mg/100g)
  • ごま (2,700mg/100g)
  • アーモンド (2,100mg/100g)
  • えび (2,000mg前後/100g)
  • マグロ (1,400mg/100g)
大豆加工食品や肉類に多く含まれていることが上記の一覧からも明らかですね。
これはアルギニンがタンパク質の構成要素であるアミノ酸の一種であることと、化学調味料に含まれることからもお分かりになるとおり、熟成発酵の過程で生成される旨み成分であることが関係しています。そして、高たんぱくな食材にはもともとの含有量が多いということを証明しています。
アルギニンは食品由来で安全性の高い成分であることがお解かりいただけましたでしょうか?日々身近な食材中にも相当量が含まれているので、しっかりと食事から摂取することを心がけることが一番です。

それでも不足しがちなアルギニンを高麗人参から摂取する

指をさすネコ

成人1人が1日に必要なアルギニン摂取量は2,000~4,000mgとされています。
前述のアルギニンを含んだ食物の一覧からアルギニンが日常の食事から摂取可能な成分のように思われますが、実は、星湯葉やかつお節などの乾物はその食材が乾燥している状態の100g中の含有量ですし、他のアミノ酸との拮抗作用で排泄される分などを考慮すると、食事だけで十分なアルギニン量を摂取するのは難しいのです。
そこでお勧めしたいのが、4000年以上前から古来より完全食品として珍重されてきた食材である「高麗人参」です。代表的な成分はサポニンですが、他にも体中の流れをスムーズにするアミノ酸が豊富、かつバランス良く配合されていて、当然、その中のひとつにアルギニンも含まれています。良く知られている高麗人参の力として「めぐりが良くなる」ことがあげられます。その働きをもたらすのがアルギニンをはじめとする数多くのアミノ酸なのです。
高麗人参は、そもそも天然の食材ですから、副作用の心配も少ないです。
その含有成分も非常に多く、しかもバランスのとれた内容です。もちろん、拮抗作用を考慮する必要性もありませんから、普段の食生活の中で摂取することで、日頃から不足しがちと言われている栄養素きちんと補いつつ、体のパランスを整えるために必要な食材と言えます。
バランスのとれた食事+高麗人参の相互力でアルギニンの適正量は確保されるから、他のサプリメントは必要ないと言っても過言ではありません

まとめ

もちろんアルギニンは生命活動を維持していくためには絶対に必要なアミノ酸のひとつです。体内でも合成可能ですが年齢とともに合成量は減少していってしまいます。
加齢に伴う体力や勃起不全を含む性欲の衰えなどが気になる人にとっては、必要な栄養素を日々の食事やサプリメントで補うことが必須なのですが、体が必要としている成分を必要な量摂取するのは、前述のとおり、様々な条件があり無理なのです。
ましてや単一成分でそれを行なおうとするのは十分量を摂取するのはほぼ不可能なのです。このデメリットを克服するのに最適なのが高麗人参です。各種アミノ酸がバランス良く配合されている天然の食材だから、さまざまな副作用を気にせず安心して日常生活に取り入れることができます。
また、アルギニンはアルギニンのサポート力は一般にしられている「男性機能の維持」だけでなく、「めぐりを改善する」助けになることで、成長ホルモンがきちんと分泌するサポートもしてくれるので、女性のダイエットやエイジングケアにも有用的な成分と言えます。男女を問わず、人間に必須の栄養素なのです。高麗人参をうまく活用して日々の充実した生活をおくりましょう。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄