あなたのその症状はアレルギー疾患ではないですか?アレルギー疾患とひと言にいっても様々な症状があると思います。この記事ではアレルギーの種類と原因について、その改善方法をご紹介していきます。

体質改善の方法として抗酸化作用をもつ高麗人参をご紹介しますが、この記事を読んだ後に、「なんだ、そうゆうことか!」と気づいていただけることが体質改善の第一歩です。

まずは自分の症状を理解し、古来より“万能薬”と呼ばれてきた高麗人参のチカラについてご紹介します。

お医者さんではあまり話してもらえない、相対的なアレルギー疾患におけるメカズムをご理解いただきあなたのアレルギー症状が少しでも改善されれば幸いに存じます。

あなたのアレルギーの根源は何か

痒い目をこする男性

「アレルギー疾患」とは、生体が特定の抗原からの刺激を受け、さらに同じ抗原に再び刺激された場合、その生体に役立つ免疫反応ではなく、その生体に害となる免疫反応が起こることがあります。これを過敏症(アレルギー)といいます。

自己免疫疾患とは、何か特定の原因によって、その個体自身の成分が「非自己」とみなされ、抗原としての作用を起こすことがあります。すると、非自己とみなされた成分に対応する抗体である自己抗体や、感作リンパ球が産生されます。

この結果、自己免疫反応が起こり、過敏症反応(アレルギー反応)が引き起こされて、その個体自身が傷害を受けます。

このように、生体自身の成分が抗原とみなされ、自己免疫反応が起こることで引き起こされる疾患のことを、「自己免疫疾患」といいます。

アレルギー疾患と自己免疫疾患は、原因に対して“免疫機能”(白血球)が過剰に反応するという仕組みは同じですが、アレルギー疾患は外部から与えられた抗原により反応し、自己免疫疾患の内部の生体自身の成分が抗原とみなされた場合に反応します。

それぞれの疾患では治療や改善のアプローチが全く異なるので、自分がどっちなのかはよく理解しておく必要があります。

アレルギー疾患の症状は、日本人の3人一人がかかるという花粉症アトピー皮膚炎などが代表的な症状です。

自己免疫疾患の場合は膠原病(こうげんびょう)という病が一般的で全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られ、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。

女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明熱(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。SLE(全身性エリテマトーデス)やリウマチなど数種類の病気が含まれています。

これらの病気はすべて悪いものをやっつける白血球の“免疫機能”の異常によって起こる病気なのです。

自分の身体(自己)に対する免疫応答を自己免疫疾患、外部からの異物(非自己)に対する免疫応答をアレルギー疾患といいます。

この記事ではアレルギー疾患の話をしていきますが、もし自己免疫疾患かも知れないと思った場合はこちらの記事を参照していただくのがいいでしょう。

アレルギーの種類ってこんなに沢山あったんです!!

ショックを受ける女性

アレルギー疾患にはⅠ型からⅤ型まであり、一般的にはアレルギー疾患とかアレルギー体質と言われているのはⅠ型のことを指すのでここではあなたのアレルギー疾患がⅠ型に該当しているであろうことを前提に話を進めていきます。

念のため解説しておくとアレルギーの種類は以下のとおりです。

  • Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー、アナフィラキシー型アレルギー)

関係する因子:好塩基球、マスト細胞(肥満細胞)、IgE抗体
主な疾患:アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、ペニシリンショック

  • Ⅱ型アレルギー(細胞傷害型アレルギー)

関係する因子:抗体、補体
主な疾患:重症筋無力症、特発性血小板減少性紫斑病、新生児溶血性疾患

  • Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型アレルギー)

関係する因子:免疫複合体
主な疾患:膠原病、急性糸球体腎炎

  • Ⅳ型アレルギー(遅延型アレルギー)

関係する因子:Tリンパ球
主な疾患:ツベルクリン反応、接触性皮膚炎

  • Ⅴ型アレルギー(刺激型アレルギー)

関係する因子:抗体
主な疾患:バセドウ病(グレーブス病)

これを見ると一般的にはアレルギーというのはⅠ型を指し、あなたもⅠ型だと仮定して解説していきたいと思います。

Ⅰ型アレルギーは、気管支喘息や花粉症、食べ物アレルギーなど最もよく出会うアレルギーで、このアレルギー反応は数分から数時間と短い時間で発生する「即時型」です。

この反応は抗原が体内に入るとすぐに生じ、即時型過敏と呼ばれ、アレルギー性鼻炎気管支喘息蕁麻疹等の症状を伴います。

Ⅰ型アレルギーを起こす人は、体内に侵入した抗原に対応する「IgE抗体」をもつ人に限られ、例えば、スズメバチなどに2回刺されると”アナフィラキシー・ショック”( アレルギー物質が体内に侵入した際に起こるアレルギー症状)が起こることがあります。

初めて刺された時には「IgE抗体」がまだ存在しないため、アレルギーは起こりません。しかし、生命に危険がおよぶほど重篤なアレルギー症状でもあるのです。

アナフィラキシー・ショック

アレルギーの原因になる物質を突き止める方法は?

アレルギーの原因となる抗原を突き止める方法として、よくあるのが血液検査です。
血液検査や皮膚テストを行うことにより、アレルギーの原因となる抗原、すなわちアレルゲンを突き止めることができます。

しかし、これらの検査だけではわからない場合もあります。まずはじめの段階で血液検査をやってみる価値はありますが、実は血液検査は仮説がないと抗原を特定できません

例えば花粉症のような有名なアレルギー疾患ならば「花粉症ならハウスダストとイエダニとブタクサと杉あたりが怪しい」という統計上のデータがそろっているのであなたの体内から抜いた血が杉に実際に反応しているのかブタクサに反応しているのかと一つ一つ確認していけばいいだけなので検査は簡単です。

そのあたりはルーティン化されているので病院で血を抜いて病院が血を検査専門機関に持っていけば1週間もあれば抗原は特定できます。血液検査とは、具体的に何の抗原が原因で反応しているのかを一つ一つ解明するのです。

採血

次にマイナーなアレルギー疾患として、ほこりやダニ、食品などあなたの体が何らかの物質に反応して体の調子が悪いケースも考えられます。

原因は不明だけど例えば大人になって顔や体に発疹がでるようになったというようなケースの場合、検査機関などにデータが蓄積されておらず、「どの物質があやしい」という情報がないので、実質血液検査しても原因の特定はほぼ不可能ということです。

血液検査以外でアレルギーの原因を特定する方法とは

食物アレルギーは、原因がとても分かりにくいアレルギー疾患です。

食物アレルギーの原因を特定する際には、まず皮膚テストや血液検査で疑わしい抗原(食べ物)を絞り込みます。そして、毎日の食事から疑わしい食物を除きながら、その結果を観察します。

アレルギー反応が消えたとか、軽くなったなど変化が起きた際に、その食品に対する個人のキャパシティーを調べるため、逆にその食品を再度食事に取り入れ徐々に食事に摂り入れることによりどの段階で症状が出てくるのかを記録します。それだけでも気のとおくなる期間と手間ですよね。

それでも見つからないなら大気汚染物質だったり道路のアスファルトのカスだったり飛来物を一つ一つつぶしていくしか抗原を見つける方法はないのです。

びっくりする女性

つまり、血液検査でも見つからないし食べ物一つ一つをつぶしていくのは現実的に無理ですので、アレルギーの抗原を探すというのは諦めて、まったく別の方法を模索する必要があり、その一つとして注目されているのが高麗人参なのです。

ここでなぜ急に高麗人参なのか、と思う方が多いかもしれないので詳しく説明していきましょう。

アレルギー疾患が起きている状態と免疫機能が働いていない状態

まずは免疫機能について解説します。

体の外から体にとって本来なら無害な物質(たとえば花粉とか)が体内に入ってきたら軽い敵と見なして白血球がその物質を軽く攻撃して殲滅させるのが免疫機能ですが、たとえばその物質の戦闘力が仮にレベル10だとしたら白血球もレベル10の軽い力で攻撃すればいいのに、
レベル100の有害な敵が侵入してきたわ!大変よ、応援を呼んでっ!!
判断ミスをし、白血球がレベル100の力で侵入者を攻撃している状態アレルギー反応(アトピーとか喘息とか)と呼んでいます。

例えば化粧品売場で肌質チェックをした際に
ずっとオイリー肌だと思っていた方が、実は乾燥肌だった!
なんてケースがよくあるということを耳にしたことはありませんか?

そのメカニズムと似ています。そして、その反対でレベル100の敵が進入してきているのに白血球がレベル10でしか応戦しない状況を「免疫不全」といい、糖尿病や癌など白血球がほぼ機能しなくなると様々な重病を発症します。

アレルギー疾患が起きている状態(免疫が過剰に働いている)と免疫機能が働いていない状態では根本の理由は違うので対処方も考えていかなければなりません。

説明する医師

そこで、アレルギーの予防や緩和に万能的な働きをしてくれるのが高麗人蔘というわけです。

なぜ高麗人参がアレルギー改善をできるのか、それは高麗人参に含まれる有効成分ジンセノサイド(Ginsenoside)は、「アダプトゲン」と呼ばれる“ストレスへの抵抗力を高める”天然ハーブ成分の仲間です。
内分泌のホルモン、免疫システムに作用し、機能が弱まったときにはその働きを強め、逆に亢進しすぎている時には働きを抑える、調整効果を持っていることが知られています。

また、同様にして白血球が過剰に働くのを抑え、低いときはあげてくれるのです。

このアダプトゲンは「アユルヴェーダ(インド)」、「漢方」といった東洋医学で伝統的に用いられていた薬草類に多く含まれており、近年進んでいる伝統医学の見直しに大きく関わってきているといえます。

科学的な見地から、アダプトゲンとしての有用性が確認されているものには、冬虫夏草、甘草、マカ、ロディオラなど様々なものがあり、その1つが高麗人参です。

これは言い換えると、高麗人参の主成分であるジンセノサイドはトレーニングジムの先生のようなもので、

例えばあなたがアスファルトの削りカスのアレルギーを持っていたとしたら、トレーナーのジンセノサイド先生が「これはアスファルトの削りカスでレベル15の敵だよ。だから白血球君は15の力で戦えばいいよ」と白血球をコントロールしてくれるのが高麗人参の効能であり、

特に高麗人参は、優秀なトレーナー(アプトゲン)として認定されていて、冬虫夏草、甘草、マカ、ロディオラなどのアマチュアトレーナー達よりもはるかに経験豊富で多くの知識を持っているので、体内へマイナーな侵入者がきたとしても、その侵入者のレベルがいくつくらいなのかおよそ検討をつけられます。

グッドと言っている女性

だからあなたがアレルギーの抗原を特定できていなくても高麗人参がかわりに抗原を特定し的確に侵入者がだれでレベルがいくつくらいなのかおおよそのあたりをつけてくれるので高麗人参はアレルギー疾患の方には一度は試して欲しい総合漢方薬なのです。

もちろん、高麗人参は進入者の正体をすべて見抜けるわけではありませんのでありとあらゆるアレルギー物質を見分けることは不可能なこともあると思いますが。

だだ、さらに詳しく解説すると神経系を活性化させて弱った免疫を強化しているのがジンセノサイドRg1 (Ginsenoside Rg1)で、逆に沈静化して強すぎる免疫を抑えるのがジンセノサイドRb1なのです。

ジンセノサイドRb1自体は中枢神経抑制作用、催眠作用、鎮痛作用、精神安静作用、解熱作用、などたくさんの薬理作用を持っています。

また、アダプトゲンは内分泌性ホルモンや免疫システムのバランスを保ち、抗酸化作用など含め、特定の対象だけではないストレスへの防衛反応を作りだし、そして身体を正常化する作用を持っています。アダプトゲンは活性酸素を抑えることもできるのです。

アダプトゲンに関してWikipediaにはこのような記載があります。

1968年、Israel I. Brekhman哲学博士とI. V. Dardymov博士は正式に次のような実用的な定義を発表した:
1.服用者に無害であること
2.非特異的な反応を示すこと-つまり、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して抵抗力を高めること
3.生理機能を正常化すること;標準値からどの方向にずれても正常値に戻すこと
“アダプトゲンは天然の、恒常性、代謝調節機構の新しいパーツとなってくれる”

引用元:アダプトゲン – Wikipedia

と書かれています。

安心してください、アレルギーの原因は見つけられなくても大丈夫ということ

あなたのアレルギーの元となっている原因(抗原)の特定方法は説明したとおりです。

現実として特定まで至るのは重労働なので、抗原の戦闘力に対抗できる高麗人参を摂取しておくことで、アレルギー物質が特定できてなくてもアレルギー反応が起きにくくなる効果が期待できます。

アレルギーの症状悩んでいる方は、まず原因を突き止めようなんて遠回りですから、その時間を体質改善にあてて健やかな生活に戻りましょう。

とりあえず気軽に高麗人参を摂ってみてください。今どき簡単に通販でサプリなんかで手に入れることができるんですから。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄